腰が痛くてたまらない!薬局で買える腰痛の鎮痛剤の選び方

注射

 

腰が痛くてたまらない。でも病院はもう開いてない。なんてことありませんか。痛み止めということで頭痛薬でも飲もうかと手持ちのものを飲まれたりするかもしれません。また、薬局で鎮痛剤のタイプをどれにするか、飲み薬か、貼り薬か、はたまた塗り薬か悩むこともあるでしょう。さて、何を選ぶか。どれにもメリット、デメリットがあるでしょう。

こちらでは腰痛の鎮痛剤の選び方のポイントをご紹介します。

スポンサーリンク


腰痛の治療薬

消炎鎮痛剤とは

腰痛の男

腰痛治療として、まずは痛みをやわらげるために、消炎鎮痛剤をつかうことがあります。 消炎鎮痛剤とは、プロスタグランジンと呼ばれる物質をからだの中で作らないようにする薬です。それを服用することで血管が閉じるような働きをし、痛み物質が止められるのです。

もちろん、消炎鎮痛剤を使ったからといって、椎間板のはみ出しや骨のすべり、骨の圧迫骨折が直るわけではありません。消炎鎮痛剤で炎症はある程度治まっても、腰痛を起こす原因が改善されないからです。その原因とは、腰椎そのものの異常の場合もあるし、過労や
精神的ストレスなどの場合もあります。ですから、「消炎鎮痛剤を利用して速く症状を改善しながら、腰痛の原因を取り除く」ことが薬の正しい利用法です。痛みを抑える対症療法なのです。

原因→痛み→緊張→筋肉の収縮→血行障害→更なる痛み
という悪循環を断ち切るために使われます。

鎮痛剤の種類

貼る消炎鎮痛剤もあれば、塗り薬のタイプ、飲み薬のタイプがあります。貼り薬の場合は皮膚の炎症、飲み薬の場合は胃腸の不調といった副作用に注意しながらの使用になります。外国では飲み薬の方が主流だそうです。

その他の薬

特に、腰痛の薬というわけではありませんが、疲労や血行を改善する作用のあるビタミンB群やビタミンEなどを使うこともあります。また、非常に酷いコリや首の筋を痛めるなど痛みが強い場合は、痛み止めや筋肉の緊張をとる薬を使うことがあります。

注意したいこと

まず、お薬の治療の前に、なぜ腰が痛くなったのか、原因を探ることも重要です。痛みが酷かったり、数日たっても良くならない場合は、受診するようにしてください。

消炎鎮痛剤の選び方

市販の腰痛の飲み薬

いくつかの有効な成分があります。市販名も参考にしてください。

ジクロフェナク ナトリウム
腰痛には最も良く効くようです。ただ、オリジナルは胃腸障害がやや多いのと、効果持続期間が短いので、ゆっくり溶けたりするような、さまざまな工夫がされています。ボルタレン、ボルタレンSR、ナボールSR (SRは徐放剤)など。

ロキソプロフェン ナトリウム
胃腸障害の副作用を減らすために、胃から吸収されたあとに 消炎鎮痛剤に変化します(プロドラッグ)。ロキソニン。

イブプロフェン
メジャーですが、腎臓の調子が良くない人は、避けることが望ましいです。

イソプロピルアンチピリン(IPA)
ピリン系の薬ですので、ピリン系の薬で発疹など副作用が出た方は、避けてください。

アスピリン
1897年に世界で最初に合成された消炎鎮痛剤です。化合物名は アセチルサリチル酸。抗血小板作用があるので少量使用で心筋梗塞や脳梗塞の予防にも使用されます。15歳未満は禁。胃腸障害にも注意。副作用として出血傾向がありますので、歯の治療や手術の予定がある方、血液をサラサラさせる薬を飲んでいる方には、特にお勧めできません。アスピリン、バファリン(制酸剤との合剤)など。

アセトアミノフェン
これはいわゆる消炎鎮痛剤ではなくて、「解熱鎮痛剤」です。抗炎症作用はあまりありません。胃腸障害をはじめとする副作用が少なく 最近、見直されています。お酒を良く飲む人、肝臓の調子が良くない人などは、避けることが望ましいです。

塗り薬

色々ありますが、比較的新しい、医療用の成分であるジクロフェナクナトリウムが配合されている薬がおすすめのようです。ボルタレンACゲル(ノバルティス)、フェイタスZゲル(久光製薬)など。第1類医薬品で、薬剤師からの説明が必要になります。ゲルタイプで、すっと伸びてべたつきません。

貼り薬

ジクロフェナクナトリウムが含まれる貼り薬が効果的です。いわゆるシップとは違います。ボルタレンACテープL(ノバルティス)、ジクロテクトテープL(大正製薬)など。

また、フェルビナク配合の製品もあります。1日2回使用するタイプです。フェイタス3.5αL(久光製薬)など。

KONAMI 腰椎保護ベルト パワフルギア ワイドタイプL
コナミスポーツ&ライフ
売り上げランキング: 1,237

まとめ:薬局で腰痛の鎮痛剤を買おう

鎮痛剤には、以下の3種のタイプがあります。それぞれ特徴があります。おさらいしておきましょう。

鎮痛剤の種類

  • 飲み薬:皮膚の弱い方にオススメ
  • 塗り薬:胃腸の弱い方にオススメ
  • 貼り薬:胃腸の弱い方にオススメ

外国では飲み薬が主流のようです。ただ薬は対症療法に過ぎないので根本から治すのはまた別の話になりますが、この記事を参考に、ツラい腰痛を何とか乗り切ってくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment