急な腰痛!すぐに実行できる対処方法

腰痛の男

ぎっくり腰で激しい腰痛がある場合には、応急の対処方法としては安静にすることと患部を冷やすことが重要です。ぎっくり腰は幹部が炎症を起こしてしまっている状態ですので、安静にすることと冷やすことで応急的な対処をすることができます。本稿では、ぎっくり腰によって腰痛がある場合の対処方法についてまとめています。

スポンサーリンク

ぎっくり腰の緊急の対処について

腰痛の男

腰痛には、急激に痛むタイプのものと慢性的に痛むタイプのものがあります。
急激に痛むタイプの腰痛は、いわゆるぎっくり腰と呼ばれるものです。重い荷物を持ったり、腰を急激にひねった場合などに生じたいへん痛みます。

ぎっくり腰になってしまった場合には病院へ向かうことが一番ですが、まずはご自身やご家族の力を借りて、その場で腰の急激な痛みに対し応急の対処をすることも効果的です。ぎっくり腰に対する緊急の対処法としては具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

まずは安静な姿勢をとること

ぎっくり腰によって急な腰痛が生じた場合、まずすべき対処法としては、姿勢を安静にするということが大切です。ぎっくり腰の腰痛は、腰が炎症を起こしてしまっています。そのため、腰部を動かすことで、腰痛の痛みは激しくなるとともに症状も悪化してしまいます。

ぎっくり腰の激しい腰痛を感じた時には、まずは、10分から20分程度安静にすることがとても大切です。

ぎっくり腰の応急対処方法の中心・アイシング

ぎっくり腰による急性の腰痛に対して、応急対処の中心となるのがアイシングです。つまり、患部をしっかりと冷やすということです。

ぎっくり腰で腰痛となってしまった場合には、腰が激しい炎症を起こしてしまっていますので、炎症が広がらないように冷やすということがとても大切です。冷やすという対処を怠ってしまうと、周囲の正常な細胞まで痛めてしまいます。腰痛の患部を冷やすことで、炎症の部位が広がってしまう事を防ぐことが可能です。

時折、腰痛の箇所をもんだり、お風呂に入って温めるという対処法を考えられる方もおられますが、これはぎっくり腰による腰痛の場合には逆効果となります。炎症の部位が広まってしまい、ぎっくり腰に対する対処法としては、間違った方法ということができます。(揉んだり温めたりという対処方法は、慢性腰痛の場合には効果的です。しかし、急性腰痛の場合には逆効果となってしまいますので注意が必要です)

アイシングの方法としては、ビニール袋に氷を詰めて、タオルで包み、患部に押し当てます。腰痛の部位に当てる際には、必ずタオルで包むことを忘れないようにされてください。冷たい氷をそのまま患部に当ててしまうと凍傷を起こしてしまいかねません。

タオルでくるんだ氷は、腰に20分程度当てるようにします。20分程度で一度腰痛の患部から氷をとって、皮膚の感覚が回復してきたら再度冷やします。

このように、アイシングをすることがぎっくり腰による腰痛に対しては基本的な対処方法となります。

ぎっくり腰に対する対処方法は、

安静にすることと冷やすことが大切

ということを基本として把握されてください。

応急対処の後は専門家による治療を受ける

このようにして、ぎっくり腰による腰痛に対しては、応急的な対処を取りその後、病院等で治療を受けることとなります。

ぎっくり腰による腰痛に対して対処をしてくれる専門家としては、病院であれば整形外科、病院以外でも腕の良い接骨院(いわゆる骨接ぎ)などが挙げられます。

病院や接骨院などでどちらが良い・悪いということはありませんので、ご自身が信頼することができる医師・施術者を探して腰痛に対処をしてもらうことが大切です。

なお、ぎっくり腰による腰痛の場合に、救急車を呼ぶ必要はあるのでしょうか。基本的には、ぎっくり腰による腰痛で救急車まで呼ぶという必要性はないということができます。これまで述べましたように、ぎっくり腰による腰痛は、応急対処が可能ですので、応急の対処をして落ち着いてから病院・接骨院などへ行かれれば十分ということができます。

ぎっくり腰による急性の腰痛はあまりの痛みから、救急車を呼んだほうが良いかもしれないと考えてしまうこともありますが、命に関わったり、足腰が立たなくなってしまうようなことはありません。

応急の対処をして後日、ゆっくりと病院等へ向かえば十分ということができます。

ザムスト(ZAMST) アイスバッグ Sサイズ 378101
ZAMST(ザムスト)
売り上げランキング: 1,937

まとめ:急性腰痛(ぎっくり腰)に対する対処のまとめ

以上、本文で述べました腰痛に対する対処法をまとめますと以下のようになります。

  • ぎっくり腰による腰痛の場合、患部が炎症を起こしている状態となっています。そのため、対処法としては安静にすることに加えて、患部を冷やすということが大切となります
  • ぎっくり腰による腰痛に対しては、整形外科や接骨院などで治療をしてもらうことができます。ぎっくり腰がある場合、応急対処をして落ち着いてから整形外科や接骨院へと行くことが大切です

ぎっくり腰は年齢を問わず誰もが患ってしまう可能性がある腰痛です。ぎっくり腰の場合、対処法として、とにかく冷やすことと安静にすることを中心に対処をするようにしてください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment