腰痛の原因はストレスだった!?こんな症状が出たら要注意!

広告ロゴ
うつむく

腰痛と心の健康が関係があるってご存知でしたか?体だけの問題ではなく、ストレスや生活環境などいくつもの原因が折り重なって腰痛となって現れることが多いのです。もちろん純粋に腰の不調で腰痛を引き起こすこともありますが、もしかすると日頃のストレスが影響しているかもしれません。

本記事では腰痛とストレスの因果関係についてご紹介します。ストレスが原因で腰痛の症状が出ている方は参考にしてください。ストレスも腰痛もなくなるだけで非常に暮らしやすい日々を過ごせると思います。

スポンサーリンク

心因性の腰痛の特徴

腰痛

ストレスからくる腰痛を心因性腰痛と呼びます。心因性腰痛の特徴として挙げられるのは痛む箇所が日によって異なることです。そして、ストレスの度合いが大きいほど痛みも強く感じることが多いようです。ストレスは生きていく上で誰もが感じることですよね。

仕事でのストレス、家庭内でのストレス、人間関係のストレス、社会生活でのストレスなどどんな場所にいても感じるストレスは少なからずありますよね。そのストレスの感じ方は人によって様々ですので、ストレスを強く感じやすい方は心因性腰痛になる傾向が強いかもしれません。

そしてもう一点、ストレスが原因の腰痛は病院に行っても骨の異常が見つからないため原因がわからないことも多いのです。
ストレスが原因で起こる腰痛を改善するための方法をご紹介します。

  1. 薬物療法
  2. ストレス発散
  3. 生活習慣の見直し

薬物療法

ストレスが原因で腰痛になる場合、原因がわからないことが多いため、薬物療法で治療することが多いです。その場合、抗炎症薬や鎮痛剤などの処方が主な治療方法となります。原因不明の腰痛は全体の85%を占めるとも言われており、レントゲンでの検査よりも薬物療法が一般的な治療法になっていくかもしれませんね。

ストレス発散

ストレスが原因で腰痛になっている場合は、腰痛がさらにストレスを増幅させる可能性もあります。自分の気分転換の方法、発散法、興味があることは何なのか、自分を見つめなおして、自分自身に優しくしてあげることも症状を改善する一つの手段です。

腰痛や日々の仕事の疲れを理由に週末は寝て過ごしてしまう方もいるかもしれませんが、近所に散歩に行くなど少しでもいつもの日常と異なることに目を向けることも良い方法ではないでしょうか。

生活習慣の見直し

日頃何気なく歩いたり座ったりとしていますが、そこで気を付けるべきは「姿勢」です。猫背にならない、あごを突き出さないなど、基本的なことの見直しから改善に向かうかもしれません。

また、入浴も非常に大切だと言われています。ぬるめのお風呂に長い時間つかり、体を芯から温めてあげたり、お風呂でストレッチをして筋肉をほぐしてあげることも、体と心のリラックス効果があります。

腰に不調を感じたらストレスを疑う

日々痛むところが違う、痛みがひどくなってきた、そう感じている方はストレスを溜めこんでいないか振り返ってみましょう。病院で診察するのはもちろんですが、日常生活でも見直せるところは多々あるかもしれません。痛みを伴い、辛い思いをするのは自分自身です。上手に向き合い、体も心もリフレッシュさせてあげることが大切です。

いざというときに頼れるのは自分しかいませんので、日ごろから自分自身を大切にしてあげる習慣を身に付けましょう。そうすれば心身ともに健康に暮らせるため、症状も緩和されていくことと思います。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。