忙しいあなたに。腰痛改善「ながらストレッチ」

広告ロゴ
ストレッチ

腰痛、肩こり、花粉症。現代人の三大苦悩とも呼べる、実にやっかいな、これら3つの症状。医療技術の発展がめざましい今日においても、いまだ完治に至る治療法は開発されていません。

とりわけ、日本における有訴率が一番高い腰痛は、人類が、狩猟生活をやめ、一所にとどまる農耕を始めた頃に起源があるとされている根深い症状。患者の8割が原因不明とも言われていますが、最近では、ストレスと腰痛が深く関わっているという見方もあるのです。

スポンサーリンク

Try!ストレッチ

ヨガ

しかし、仕事にプライベートに多忙な日々を送る現代人にとって、腰痛を理由に休むというのは、なかなか認めてもらえないのが実状です。栄養剤やサプリメントで一時しのぎをしながら、いつの間にか症状を悪化させてしまっている方も多いのではないでしょうか。

外部からの働きかけよりも、内面から腰痛を改善していくことが大切です。そこで有効なのが、毎日行うストレッチ。辛い痛みに親身になって応えてくれている腰痛専門の書籍やサイトの中から、気軽にできる、『ながらストレッチ』を3つご紹介しましょう。

1.パソコンしながらストレッチ

今やビジネスに欠かせないツールとなったパソコン。便利な反面、メールや情報検索など、デスクの上だけで済ませられる業務も増え、オフィスの空気が滞ってしまうのが難点です。そこで、静かなオフィスでも、こっそりできるのが、『パソコンしながらストレッチ』です。

やり方はとっても簡単。デスクに向かってパソコンと対面している状態から、両手はキーボードの上に置いたまま、腰から下を90度ひねるだけ。回転するオフィスチェアであれば、その機能を使ってゆっくり腰を横向きに捻っていきましょう。姿勢を正してやれば、肩甲骨にもぐっと効きます。

左に捻って、お得意先にメールを送信したら、今度は右に捻って請求書作成。という具合に短時間で済ませられる業務をやっつけながら、ストレッチができます。但し、同じ姿勢を長く保つと、かえって腰や肩に負担がかかりますので、頃合いを見ながら、右左を代えてみてください。

2.立ち仕事しながらストレッチ

こちらもいたってシンプル。立った姿勢で両足を肩幅程度に開きます。次に五センチほどかかとを上げ、足の五本指でしっかりと体を支えてください。太ももの裏側をしっかり伸ばしてみると、お尻の筋肉が引き締まります。尾てい骨を頂点にAラインを作るイメージです。

重心を後ろに持っていくと、ふらつきますので、おへその下あたりに力を入れましょう。上半身は頭のてっぺんから引っ張られているようにピンと背筋を伸ばします。

お尻と太ももの筋肉を鍛えることで、腰への負荷を軽くすることができます。ヒップアップ効果も期待できる一石二鳥のストレッチ。私はドライヤーで髪を乾かす時にやっていますが、台所仕事の最中や、電車の待ち時間などにもできそうです。

3.寝ながらストレッチ

最後はベッドの上でのストレッチです。まずは仰向けの姿勢で楽にし、両足を肩幅ほどに開きます。つぎに右足の裏と左足の裏がくっつくまで、ゆっくりと膝を曲げていきます。両足でひし形を作るようなイメージです。手で太ももに軽く負荷をかけ、股関節とお尻から腰にかけての筋肉を広げてみましょう。ゆっくりと息を吐きながら、15秒。

次に両足を元に戻し、片方の膝をゆっくりとお腹に向かって曲げていきます。両手で膝を抱え、お尻の筋肉が伸びるのを感じながら、呼吸を整えてください。15秒経ったら、上半身は仰向けのまま、伸ばしている反対側の足を下にして、腰から横向きに倒していきます。無理のない程度に、曲げた膝を押さえながら、背筋から腰にかけてのラインを意識してください。反対の足も同様です。

深い呼吸を心がけながら 行ってみると効果的です。仕事で疲れて早く眠りにつきたい!と思う気持ちは山々ですが、就寝前の軽いストレッチは質の良い睡眠につながります。

以上、腰痛改善を目的としたストレッチを3つご紹介しました。生活に取り入れてみたいものはあったでしょうか。最後に注意点を挙げておきます。

ストレッチの注意点

無理をしない

無理な姿勢を続けたり、急な動きや反動で、腱や筋を痛めないよう、自分の体の許容範囲を大切にしましょう。その時には気付かないことがありますが、後から痛みとして残ることもあります。楽な姿勢でトライしてください。

毎日少しずつ

ストレッチは毎日の積み重ねが、痛みやコリの改善をもたらす長期的な健康法です。忙しい時間にも、ふと思い出して、生活に取り入れることで、過度のストレスを感じずに続けることができます。いつの間にか体にたまってしまった疲労物質を、徐々に取り払っていきましょう。

自分で治せる! 腰痛改善マニュアル
ロビン・マッケンジー
実業之日本社
売り上げランキング: 1,446

最後に

体の不調は、心の不調をもたらします。つまずいたり、迷ったり、気忙しく過ぎる日々。ちょっとした気分転換や安らぎのきっかけとして、ご紹介したストレッチが皆様のお役に立てればと願います。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。