腰痛はストレスから来るって知ってますか??

広告ロゴ
疲れ男

突然、腰痛に襲われた時にまず何が原因かな?と考えますが実のところ自分が抱えているストレスが一番の原因になっている場合があることをご存知でしょうか。特に精神的なストレスを溜めこんでいるとどうしても腰痛という形で表に現れる場合が多々あるのです。

腰痛を発症するとまずは病院でいろんな検査を受けると思います。結局これといった原因が特定できずに悶々としているうちに慢性化してしまうのです。そんな腰痛の対処方法を自分なりに会得して休養を取ったり気分転換になるようなことを実践することが一つの治療方法でもあるのです。腰痛だからと言って行動を制限したり気分が落ち込んだりするのはつまらないことです。

ストレスによる腰痛とうまく向き合う方法を紐解いてみたいと思います。腰痛に悩む人にとって本記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

ストレスが腰痛を連れて来る!?どこから来るの!?

疲れ女

はっきりとした理由がある場合には腰痛治療も色々考えられます。その痛みをコントロールするための薬を服用しながら病院にての治療で一週間もあれば治っていくのが普通です。しかしながらストレスが原因になっている場合には少し様子が違っているのです。そこを知ってほしいのです。

ストレスと一言で言っても対人的なストレスでけではなく人によっては体が直接感じる気温や気圧などもストレスに代わる場合があるのです。よく雨が降る低気圧の日には腰痛が出てしまう・・という人がいます。まさにそれが外的ストレスが原因で腰痛が起きているタイプの人だと言えます。次に心がストレスを受けた時に起こる腰痛についても触れてみようと思います。

心が疲れた時に腰痛になる

仕事や対人関係のストレスが原因でまずは自律神経が狂いはじめやがて腰痛を感じるようになるのがよくあるケースです。ストレスがない状態でも腰部というのはそもそも体の中心部分にあって少しの動作でも負担を受けやすい場所なのです。なおさらストレスが敏感に腰痛に反映されてしまうわけです。

実際には腰痛で痛みが出ている人の痛みの信号はどのように脳から送られているのでしょうか。その場合には慢性的なストレスのために本来であれば多く分泌されている
ドーパミンという物質が極端に減ってしまうという現象が脳内で起きているのです。このドーパミンという物質が少なくなることで痛みが通常よりも耐えきれなくなって慢性的な痛みを腰部にも感じるようになってしまうのです。これがストレスから来る腰痛の痛みなのです。

ストレスと共に加速する腰痛の痛み

ストレスを抱えている以上なかなか腰痛が軽減するということはありません。逆に負のスパイラルのように腰痛の痛みが増して行くことの方が多いようです。腰痛自体の治療と同時に必要なのは自律神経のバランスを自分なりに整えることがいかに大切なのかということを考えて頂きたいと思います。

つまり腰痛があっても適度に運動をし常に体の血の巡りをよくすることを考えたり生活リズムを整えて体内時計を狂わせないように努力することが必要なのです。そして腰痛に捉われてついつい後回しになっている趣味や習い事などをあえて続けてストレスを発散できるようにすることも重要なことになります。

ストレスが原因の腰痛対策について

基本的なことをまずは実行してみる

そもそもストレスが原因で自律神経がバランスを崩している状態で腰痛が起きている場合には腰痛そのものにダイレクトに作用する運動療法などを取り入れる前に身近な運動(例えばストレッチなど)で体をほぐすことからやってみてください。

そして夜更かしをやめて朝は早めに起きるという習慣を自分の中で作ってみることで気分もかなり変わります。そして腰痛という状況から逃げずにしっかりと見据えることも大事だと思います。メンタル面の整備というテコ入れも腰痛には大事な対策です。

ストレスと付き合うことで腰痛を軽減させる

体の緊張が長く続いて腰痛が出ている場合はとにかく緊張をほぐすような行動をとりましょう。つまりストレスによる腰痛の場合には特効薬というも存在しません。自分の中でリラックスできることを探して実行してみることが一番なのです。

もしも数か月の間何を実行しても腰痛やストレスが軽減しないという場合には心療内科を尋ねてみるというのも一つの方法です。一人で悩まずに誰かに聴いてもらうということ、愚痴をこぼすということも時には必要なことなのです。その上でしかるべき診断のもと漢方薬による痛みのコントロールなども選択できるのです。

腰痛は<怒り>である 普及版” style=”border: none;” /></a></div>
<div class=
長谷川 淳史
春秋社
売り上げランキング: 11,362

ストレスによる腰痛へのアプローチ・まとめ

ストレスによる腰痛の場合には第三者の助言により物事の考え方を少し変えることで劇的に軽減することもあり得るのです。これまで重く辛いと感じていた痛みも感じづらくなる場合もあるのです。身近なことから一つずつ自分でも対策を講じてみることをお勧めします。

  • 腰痛はストレスと同時進行であることを認識する
  • あえて体を動かす機会や趣味や楽しみを増やす
  • 一定期間を過ぎても軽減しない場合には専門家に相談をする
  • スポンサーリンク

    iGotitに「いいね!」をください

    iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
    いいね!を押して、iGotitを応援してください!

    Twitterでフォローしてください

    iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。