正しく治療しましょう!スクワットによる腰痛治療の注意点

筋トレ器具

腰痛になった時にスクワットをして改善する言う人がいますが、皆さんはいかがですか?

腰痛の治療にスクワットをするというのは良い点と悪い点があります。ですから、ポイントを間違えてしまうと、腰痛が悪化するだけになってしまいますので注意が必要です。

腰痛には2種類あります。ひとつは急性の腰痛です。この腰痛の代表的なものはぎっくり腰です。ぎっくり腰は、腰の筋肉が炎症を起こしてしまい、それが原因で起きると言われています。もう一つの腰痛は慢性の腰痛です。筋肉が弱ってしまっているために起きる腰痛のことで、突然ではなく常に腰に痛みが伴うという症状です。

ですから、腰痛を治療するためには、その腰の状態に合った方法を取る必要があります。この記事では、どのような腰痛の時にスクワット運動を取り入れることができるのか、またどのように行なうことができるのか、そしてスクワットをするにあたって注意しなければならない点についてご紹介いたします。是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

スクワットによる治療が行なえる腰痛

筋トレ器具

スクワットによる治療が行なえる腰痛は慢性の腰痛です。急性の腰痛の場合はまず安静にする必要があります。この時に無理をしてスクワットなどをしてしまうと症状を悪化させることになりとても危険です。ですから急性の腰痛の時にはまず腰を休ませるように心がけましょう。

慢性の腰痛の場合は、腰の筋肉が弱っていることが原因となっている場合があります。そのため、急性の腰痛のように休ませてしまうと、筋肉がさらに弱くなってしまい、余計に腰痛になるでしょう。この場合はスクワットなどによって動かした方が良いと言われています。

腰は人間にとって大切な器官です。腰を痛めてしまうと、自分の体を支えることができなくなってしまいます。ですから腰痛にならないように注意しなければならないのはもちろんのことですが、腰痛になった時の治療にも注意を払うことが必要です。自分が慢性の腰痛でスクワットなどを治療にスクワットを取り入れたいと思うのであれば、自分で決定するのではなくまずは病院で相談しましょう。

スクワットの行ない方

スクワットと聞くと、運動選手が行なっているような激しいものを連想されるかもしれません。しかし、腰痛の治療にスクワットを用いる場合、激しいスクワットをする必要はありません。ゆっくりと安全にスクワットを行なって腰の筋肉を鍛えて腰痛を改善していきましょう。

スクワットの行ない方としては、椅子を使ったものがあります。椅子の前に立ち、ひざを曲げて椅子に座るようにしながらお尻を下げていきます。座面にお尻が下がりきって座ってしまう前に立ち上がるようにしていきます。このような浅めのスクワットが腰痛解消に効果的でしょう。このようなスクワットを始めるのであれば数回から始めるようにしましょう。徐々に腰に筋肉が付いてくるのを感じるようになったなら、回数を増やしていきましょう。無理は禁物です。

スクワットを行なう際の注意点

スクワット運動によって腰痛を改善しようと思っている場合、注意しなければならないこともあります。注意点をしっかり守らなければ、さらに腰痛を悪化させてしまうことになるでしょう。それでは腰痛改善のためにスクワットを行なう際に気を付けるべき点についてご紹介してみたいと思います。

注意点その1:慢性の腰痛だという診断が出てから行なう

慢性の腰痛の時にのみ、運動による治療が行なえます。急性の腰痛の場合はまず安静にすることが必要です。長期に渡って腰が痛いという場合、それは慢性の腰痛ではなく急性の腰痛になる前触れかもしれません。そのようなときにスクワットを行なって腰に負担をかけるなら、腰痛を治すどころか、悪化の原因を作ることになるでしょう。

ですから、しっかりとお医者さんの診断を聞いて、運動療法を取り入れると決まった場合にのみ、スクワットによる腰痛治療を行ないましょう。

注意点その2:無理をしない

慢性の腰痛治療のためにスクワットを行なう際にも無理をしないように注意しましょう。腰の筋肉を鍛えることに夢中になる過ぎて、ひざを痛めてしまうこともあるかもしれません。無理をせず少しずつ行なうことが、腰痛治療にスクワットを取り入れる時のポイントだと思います。

コワいほどやせる!骨盤スクワット (マキノ出版ムック)
小倉 誠
マキノ出版
売り上げランキング: 44,695

まとめ:腰痛の正しい治療を行ないましょう

この記事では、腰痛治療にスクワットを取り入れる際に、どのように行なえるか、またどのような点に注意できるかという点についてご紹介いたしました。参考にしていただけたでしょうか?腰痛治療にスクワットを取り入れる場合、スクワットで治る腰痛と治らない腰痛があるということを覚えておき、正しい腰痛治療を行なうことが大切です。

もしそうしなければ、腰痛をさらに悪化させることになるでしょう。腰痛治療にスクワットを取り入れる時には、是非この記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment