腰痛の鍼灸治療に興味がある人が知っておくべきメリットとデメリット

寝そうな猫

鍼灸は腰痛改善に効果的あると言われています。

実際に鍼灸院の多くは腰痛を施術科目に上げており、多くの患者さんが通院しています。

しかし一方で、鍼灸を施したことによって、かえって腰痛を悪化させてしまうケースもあります。腰痛改善のために鍼灸を利用するためには、鍼灸のメリット・デメリットについて十分に理解することが大切です。

そこで、本記事では、腰痛の鍼灸治療に興味がある人が知っておくべき3つの点についてご紹介していきます。腰痛の鍼灸治療について興味がある方は、是非本記事と一緒に、鍼灸院にかかる時の注意点について学んでいきましょう。

スポンサーリンク

腰痛と鍼灸の関係

ツボ

鍼灸は、東洋医学に基づくツボを刺激することで、体の気の流れを改善し、「自然治癒能力を高めることで腰痛などの症状を改善する」ことが目的の医業類似行為です。

多くの鍼灸院が腰痛改善を施術科目として上げており、また腰痛症や座骨神経痛などの神経痛には保険が適用されます。鍼灸いずれにせよ、痛みや熱さといった点が和らぐように改良してきたため、鍼灸の有資格者によって安心して施術を受けることができます。

しかし一方で、鍼灸院においては、検査等をすることはなく、あなたの腰痛の根本的な原因を明らかにし、原因に対して施術するということはありません。医療行為ではなく、医業類似行為であるため、場合によっては、腰痛の症状がひどくなるケースもあるそうです。

また、鍼灸治療は、鍼灸院によって手法や種類が異なるため、一つの院の鍼灸が効果的であっても、別の院の鍼灸が効果的であるとは限らないのです。

鍼灸で腰痛が悪化することもある

青空三兄弟

鍼灸によって腰痛改善を図る場合には、「鍼灸によって腰痛が悪化する場合もあることを考慮し、頻度や影響力を最低限にして始める」ことが大切です。

病院による治療とは異なり、鍼灸ではあなたの腰痛の原因を明らかにし、原因に基づいた治療を行うわけではありません。そのため、施術の結果、常に良い結果を得られるとは限りません。

そのため、鍼灸によって腰痛改善を図る場合には、最初から全ての施術を受け、何度も通院することを前提に利用するよりも、「手始めに軽い鍼灸で、一度だけ試して様子を見てみること」が必要になります。

一度、軽い鍼灸で試し、腰痛の症状が少しでも和らぐのであれば、鍼灸による腰痛改善に乗り出してみても良いかもしれません。反対に、鍼灸を受け、数日後に腰痛がひどく感じるのであれば、あなたの腰痛に鍼灸治療は合わないと判断した方が良いでしょう。

鍼灸を利用する前に

鍼灸を利用するか否かは別にして、「かかりつけの病院にかかり、腰痛の原因を医師に特定してもらうこと」が大切です。

鍼灸によって腰痛を一時的に改善できたとしても、腰痛の根本的な原因を改善しなければ、再度腰痛を引き起こすことになります。そのため、いちど病院にて検査を受け、あなたの腰痛の状態、原因について理解しておくことが重要になります。

腰痛の原因は、デスクワークかもしれませんし、重いものの持ち運びかもしれません。原因を理解したら、生活の中で再度腰痛を引き起こさないように、ストレッチや運動などの工夫を取り入れていきましょう。

XYSTUS(ジスタス) ストレッチマット180 H-7240
TOEI LIGHT(トーエイライト)
売り上げランキング: 4,576

まとめ:デメリットを考慮して体を大切に扱う

ここまでで、腰痛の鍼灸治療に興味がある人が知っておくべきメリットとデメリットについてご紹介してきました。

鍼灸は東洋医学の気の流れに基づいた治療により、腰痛改善を施術してくれます。しかし一方で、鍼灸によって腰痛が悪化するケースがあることも、忘れてはいけないことです。

デメリットがあることを理解し、利用する際には、まずあなたの腰痛が鍼灸によって改善されるのか、悪化するのかを見極めることが大切です。また、専門の病院にて腰痛の根本的な原因を特定しておくことも必要でしょう。

腰痛の改善に鍼灸の利用を考えている方は、是非本記事を参考にして頂き、あなたの体を大切に扱いながら腰痛の改善を行っていって下さい。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment