神経痛の原因は筋肉の衰え?筋力アップで腰痛を克服しましょう!

広告ロゴ
歩く人

直立二足歩行をする人間の宿命とも言える腰痛。ありふれた痛みとはいえ、腰痛は何をするにも億劫になってしまいます。多くの人が、なんとか腰痛の痛みを軽減しようと、何かしらの対策を講じているのではないでしょうか。

本記事では、腰痛の原因としても上位に入る、神経痛との関係を解説し、神経痛による腰痛の対策を提案します。しかし、ありふれた腰の痛みだからと自己判断せずに、腰痛の症状が長く続くようなら、一度しっかりと検査を受けることも大切です。

スポンサーリンク

腰痛の症状として表れる坐骨神経痛

腰痛

腰痛持ちの方には耳慣れた症状に、坐骨神経痛と言うものがあります。お尻から足の後ろ側にかけておこる痛みや痺れを総称した症状のことを表しています。特に大きな怪我などの原因が無い場合などで、慢性的な腰痛がある場合、医療機関を診察するとこのように言われることがよくあります。

神経痛として表れる腰痛の原因

医療が発達した現在であっても、腰痛の原因は15%ほどしか特定することができません。逆に言えば8割以上の腰痛が、その痛みを引き起こす原因が特定できないのです。しかし、MRIなどで腰椎を撮影すると、椎間板という軟骨が飛び出しているヘルニア状態であることがたびたび確認されており、この飛び出た軟骨が神経を圧迫して痛みや痺れが感じられているのではないか、と言われています。そこで腰痛治療の1つの方法として、この飛び出た軟骨を切除する外科手術が行われているのです。

ところが、この飛び出た軟骨を切除しても、痺れや痛みが残ってしまうケースがあったり、あるいは手術しなくても自然に飛び出た部分が無くなっている、なんていうこともあるようです。
こうしたことから、椎間板ヘルニアなどと診断された場合でも、排尿困難や足の感覚が無くなったなどと言う重篤な症状が無い限り、最近では手術もあまり勧められることはありません。

腰痛の解消には筋力をつけることが重要

腰痛を訴えて病院を受診すると、腰痛体操なるものを指導されることがあります。もちろんぎっくり腰などの急性な痛みがある場合は、安静にしていることが最重要です。しかしある程度痛みが引いてきたときや、慢性的な痛みに変わってきたときには筋力のアップや柔軟性を高めることを勧められます。

腰痛の予防に対しても腰回りの腹筋や背筋を鍛えることは、腰への負担を筋肉で支えることになりますから、とても有効だと言えます。こうした腰痛体操は十分に効果がありますが、続けるのが非常に難しいという難点があります。設備の充実した病院などでは、「牽引」という腰を引っ張る治療法も実施されています。こうした治療も一定の効果はあるようですが、やはりそれは補助的なものと捉え、筋力を高めることが最善の道と言うことができます。

筋力トレーニングも無理は禁物

腰痛の症状をやわらげるには、結局筋トレが最も近道です。腰痛持ちの方を見ていると、多くの人が運動不足の状態にあることがわかるでしょう。また、普段から忙しく動き回っている職業の人でも、同じ姿勢を長時間維持することが多いのではないでしょうか。筋肉は同じ姿勢を続けていると、どうしても硬くなってしまい、大きな負荷がかかった時に対応できなくなってしまいます。ですから、普段から長時間同じ姿勢を取り続けなければならない時には、意識的に身体を動かすようにしてみましょう。また、ちょっとした用事でも立ち上がってあるくことを意識するだけでも、腰痛の痛みが軽くなることもあります。

腰が痛むときに動き回れと言われると、矛盾しているように聞こえるかもしれません。しかし、その「動かな過ぎ」の状態が腰痛を引き起こしているんだと理解して、普段からストレッチ等を取り入れて、筋肉が硬くならないように心がけていきましょう。

神経痛による腰痛、その対処法は筋トレ

神経痛によって起こる腰痛は、ハッキリと「これが原因です」と言えない性質のものがほとんどです。原因がわからない以上、確実に治る治療法が無いのが問題でした。しかし、腰痛が悪化していくメカニズムを追っていくと、運動不足によって筋肉が硬直し、ちょっとの負荷で傷めてしまうようになると考えることができます。そこで、意識的に筋力トレーニングやストレッチを行う事によって、普段あまり使わない筋肉を柔軟に維持すれば、腰痛の症状がやわらげることもできます。

坐骨神経痛の症状が出ているとなかなか運動しようという気にはならないかもしれません。しかし、その運動をしないことこそが神経痛を引き起こし、腰痛に悩む原因となっている可能性が高いのです。ぜひ本記事を読まれた後には、意識的に全身の筋肉を動かすように心がけてみてください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。