腰痛の治療に使われる神経ブロック療法の方法

注射

腰痛に対する治療には、安静、コルセットなどを使った装具療法、薬物療法などがあります。薬物療法でも効かない場合や痛みが激しい時には、神経ブロック療法を用いることがあります。

神経ブロック療法とは一体どのような治療方法なのでしょうか。きちんと治療方法について知った上で、治療を受けたいですし、いきなり注射を見るとびっくりして不安が倍増してしまいます。腰痛の治療に使われる神経ブロック療法の方法について紹介します。

スポンサーリンク

神経ブロック療法とは?

腰痛の男

神経ブロック療法とは、痛い場所の神経の近くに薬剤を注射することで、一時的に神経の興奮を抑えて、痛みで傷ついた部分を効果的に治療する方法です。

ブロック療法では、局所麻酔薬を使います。局所麻酔薬は、痛みで過剰に興奮した神経を一時的に麻痺させて、痛いという神経の情報をブロックします。ブロック注射は、神経を切断するような方法ではなく、痛みの情報だけを一時的に中断するものです。

ブロック注射の効果

ブロック注射で注入された局所麻酔薬は、痛みがある部分の筋肉をほぐし、血流を改善させます。その結果、広がった血管を通して酸素やタンパク質などの栄養を痛みのある場所に効率よく運ぶことができ、痛んだ神経や筋肉を効果的に早く回復させることができます。

ブロック療法とは、ただ対症的に治療するものではなく、自ら自分の痛い部分を治そうとする、自分の持つ自然治癒力を支えることで、治癒能力を向上させる画期的な治療方法なのです。薬物療法と比較して、痛みの部位に限局して高い効果が得られますので、全身への影響が少ないというメリットもあります。

ブロック療法の位置づけとしては、手術治療と薬物療法の中間的な役割を果たします。薬を飲み続けても痛みが治まらない場合に、積極的な痛みの治療として効果を発揮します。痛みは、安静や薬物療法から、コルセットなどの装具療法、ブロック療法、手術療法まで、多角的に治療することで、より高い治療効果を目指すことができます。

腰部硬膜外神経ブロックについて

硬膜外神経ブロックは、痛みを感じる神経や運動神経、交感神経をすべて治療できる神経ブロック注射療法です。

人間には、首からおしりまで続いている脊髄神経をとり囲むように、血管やリンパ管、脂肪を含む空間があります。その空間に薬液を注射すると、脊髄から出る神経に薬液が伝わり、広い範囲の痛みを和らげて血流を改善することができます。脊髄に近い神経に薬が効きますので、治療効果が高く、即効性が期待できる治療法です。

特に、腰痛に使われる腰部硬膜外神経ブロックは、おへそから下、下半身の病気全般に効果的です。

①腰部硬膜外神経ブロックが使われる病気

腰からおしり、おへその下から足の先まで、下半身の痛みを伴う病気に有効です。

例えば、椎間板ヘルニアやぎっくり腰、腰椎すべり症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎圧迫骨折、帯状疱疹、慢性腰痛症、坐骨神経痛などがあります。

②腰部硬膜外神経ブロックの方法

方法としては、まず治療べッドの上で横たわり、エビのように身体を丸くします。下着を脱がずに受けることができます。

次に、腰を消毒して痛み止めを注射します。痛みを軽減するために、注射には予防接種で使われる針よりも細い針を使って行われます。皮膚に痛み止めが効いたところで、ブロック針を注射します。深さ3cmから5cmにある腰の神経の近くに、薬液を注入します。この薬液は痛み止めの作用や神経の腫れをとる作用、筋肉をゆるめる作用、血流を改善させる作用などがあります。

注入する量は、年齢や身長、症状などで異なりますが、5~10ml程度です。薬液注入後10分ほど経つと、足が暖かくなり、背中やおしりの筋肉がほぐれて痛みが和らいできます。約30分ベッドの上で安静を保ち、点滴治療を行った後、血圧を測定し、全身状態を観察して終了です。

腰部硬膜外神経ブロックの痛みの程度

ブロック注射は非常に痛いというイメージがある人も多いのではないでしょうか。
針を刺す痛みが心配されますが、ごく細い針を使用することで十分皮膚の痛みをとってからブロック注射を行いますので、想像していたより痛みが少なかったという人もいるくらいです。

しかも、ブロック注射をする人はすでに腰痛がありますので、相対的に針を刺した痛みを感じにくくなっています。

KONAMI 腰椎保護ベルト パワフルギア ワイドタイプL
コナミスポーツ&ライフ
売り上げランキング: 1,406

まとめ:痛みが治まらない時には神経ブロック療法を利用してみよう

腰痛で用いられる治療法の1つとして、神経ブロック療法があります。これは、痛みのある場所の神経の近くに薬液を注射することで、一時的に神経の興奮を抑え、傷ついた部分を効果的に治療する方法です。

神経ブロック療法は、対症療法として用いられるものではなく、痛みのある部分の血流や筋肉の状態をよくして、自然治癒力を高めるものです。

腰痛で使われる神経ブロック療法には、腰部硬膜外神経ブロックがあります。神経ブロック注射は痛いというイメージがありますが、非常に細い針を使用して痛み止めをしてから行いますので、痛みが少ないと言えます。

痛みが強い時には、神経ブロック療法も一つの治療方法の選択肢として利用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment