腰痛対策に敷布団が大切である理由と正しい敷布団の選び方

布団

腰痛を抱えている人にとって、体を休める時間はとても大切にしたいものです。人生のおよそ3分の1は睡眠をとるわけですから、寝ている時間で腰痛が良くなったり悪化したりするのもうなずけます。

睡眠をとるうえで、布団選びは腰痛への影響の善し悪しを大きく左右します。特に敷布団は直接体重を受け止め、寝る姿勢を保つための大切なアイテムです。敷布団一つで腰痛が改善してしまうこともありますし、もし寝るたびに腰痛が悪化するという方はきっと敷布団が自分の体に合って今いのかもしれません。

では、腰痛に適した敷布団とは一体どのようなものなのでしょうか?

スポンサーリンク

今使っている敷布団の状態を見てみる

布団

寝ている蒲団が体に合っていないと腰痛は改善するどころかさらに悪化してしまうことがあります。まずは自分の寝ている敷布団がどんな状態になっているか確かめてみましょう。

使い込んで凹んでいないか?

どんな高級布団を使っても、毎日寝ているといつも体重がかかっている部分が凹んできてしまいます。そうすると体のラインが楽に保てない状態になり、腰痛がなかなか解消できなくなります。

敷布団とマットレスを使っていないか?

マットレスは体重を自然に受け止め、体のラインで出ている部分が沈み込むようにできています。きちんと自分の体に適したマットレスを使っているのであれば、敷布団と合わせて使うことによって逆にマットレスの長所を生かせなくなってしまいます。敷布団を自分の体に合ったものを選んでいる場合も、その長所をマットレスが差し引いてしまうことにもなります。

やわらかすぎる敷布団を使っていないか?

よく布団は硬めがいいといわれますが、そこにはちゃんとした理由があります。腰痛の人に限らず、寝るときの姿勢をキープすることはいい睡眠をとるためにとても重要なのですが、やわらかすぎる敷布団では体の重い部分が沈み込んでしまいます。大抵の場合はお尻が沈みますが、すると体を休めるために適した姿勢がとれなくなり、その結果、腰痛が解消できなくなるばかりか悪化する原因にもなってしまうわけです。

硬すぎる敷布団を使っていないか?

やわらかすぎる敷布団がよくないのと同時に、硬すぎる布団もまた体の楽なラインを作り出すことができず、さらなる腰痛の原因となってしまいます。

敷布団が硬すぎると、体重で体を圧迫することになり血流が悪くなりますし、関節を支えている骨にも圧力がかかることで痛みが激しくなる恐れがあります。床や畳に直接寝た状態を想像してください。これが腰痛の人の腰をサポートしてくれると思いますか?よく言われる硬めの蒲団がいいというのは、決して硬すぎてはいけないということがわかりますね。

敷布団の選び方を学ぼう

自分の蒲団の状態を確認したら、次はいよいよ敷布団選びですね。先述の内容で敷布団は柔らか過ぎるのも硬すぎるのもよくないこと、使い古したものはよくないこと、マットレスと合わせて使うなら両方のバランスがとれていなければならないことがわかりました。

でも実際にはどのように敷布団を選べばよいのでしょうか?ここからはそのポイントを見ていきましょう。

自分に合う敷布団は直接確かめる

よくお勧めの敷布団はコレ!みたいな宣伝を目にしますが、もしそれがあっているとしてもたまたま合っていたとしか言えません。なぜなら、誰一人として自分と全く同じ状態の体を持っている人はいないからです。量産したロボットのように誰もが同じ体を持ってえいるのであればそれでもかまいませんが、そうではありませんね。

敷布団を選びに行くときは必ず寝心地を確かめるべきです。腰痛持ちの人ならば、何時間も横にならなくても数分横になっているだけでその敷布団が自分に合っているかどうかが判断できるはずです。

また、体にいい敷布団には柔らかさと硬さのバランスが必要です。柔らかさは体へのフィット感を生み出す体圧分散能力を発揮し、硬さは横になったときの姿勢を正しくキープするための形状維持能力を発揮します。この柔らかさと硬さのバランスが取れているものを選ぶようにするとよいでしょう。

マットレスは敷布団と一緒に選ぶ

普段ベッドを使っている人はマットレスも重要になってきます。ベッド用のマットレスならばちゃんとしたものを選べば敷布団を使わなくても自分の体に合ったものが見つかるはずですし、もし敷布団を使いたいのであれば両方を重ねた状態で試し寝をさせてもらいましょう。面倒なようでもこれをやらないことには自分の体に合っているかどうかがわかりません。

長持ちするものを選ぶ

せっかく敷布団を選ぶなら、なるべく長持ちするものがいいですよね。頻繁に買い替えるものではありませんし、何より長持ちするということは体重を受け止めた時のキープ力に優れているということになります。

頑丈な作りの敷布団には立体的な作りが施されています。たとえば布団のマチが立体的になっていたり、綿止めの糸がただ止まっているのでなく、ポケット状の維持を組み合わせて圧がかかったところの綿が外に逃げ出してしまわないような作りになっていたりだとかです。

長持ちさせたいことを店員の方に告げて、どのような工夫があるかを教えてもらうとよいでしょう。

通信販売やインターネットで購入する場合の注意点
通販やネットショップで購入する場合に注意しておきたい点があります。直接買いに行く場合と異なる最大点はやはり寝心地を確かめることができないという点でしょう。ですので、お店に行って気に入ったものがあればそれと同じものをネットで探すのも一つの方法です。

また、返品保証がどの程度ついているか、開梱しても返品できるかどうか、返品時の送料はだれが負担するのかなどをしっかりと確認したうえで購入するようにしましょう。

まとめ:腰痛の人が選ぶ敷布団選びのポイント

最後にもう一度敷布団を選ぶときのポイントを挙げておきます。自分に合った敷布団を選んで、快適な睡眠に近づけるといいですね。

  • 敷布団は硬さと柔らかさのバランスが大切
  • マットレス併用なら両方敷いた状態で確認する
  • なるべく直接確かめに行く
  • 気に入ったものをネットで探してみるもよし
  • ネットや通販で購入するなら返品保証などを確かめておく

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment