腰痛と共にしびれが右足に発症した場合の治療法

広告ロゴ
足

腰痛を抱えている多くの方がよく右足(または左足や足全体)がしびれるというようなことを話されていますよね。

一見、腰と右足とは全く関係ない気もしますし、なかなか原因を特定することも難しいことや突如治ってしまうこともあるため、病院に通わないなんて方もいらっしゃるそうですが、実は非常に危険なことです。

それは、右足のしびれは腰痛と非常に大きく関係していて、大半のケースで椎間板ヘルニアや坐骨神経痛のサインと言われ、そのまま放置しておくとさらに症状を悪化させてしまう恐れがあるからです。

本記事では、腰痛に伴う右足のしびれで苦悩されている方に、治療の方法・病院の通い方などをご紹介していきます。

この記事が腰痛や右足のしびれ改善につながることを願っています。

スポンサーリンク

右足のしびれと椎間板ヘルニア

皆さんは腰痛がひどく突然右足がしびれてしまったという経験はありませんか?

私も右足のしびれを伴う腰痛に何度も襲われ、非常に苦悩したものです。

まだ症状的に軽かったのか、姿勢を良くしたり同じ体制を取らないようにするなど配慮しながら腰痛を改善しましたが、私の様に何かをきっかけに突然治る場合もあれば、症状が悪化し悩み続けるというケースもある深刻な疾患がこの腰痛です。

その要因は、さまざまで、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛・ストレス性のもの・内臓疾患などさまざまな要因が考えられるわけですが、一見、全く関係がないと思われる右足のしびれが椎間板ヘルニアのサインになっているなんて話もよく聞きます。

椎間板ヘルニアは厳密には腰椎椎間板ヘルニアと言い、本来、脊髄を構成する骨と骨の間にあるクッションの役割を果たす椎間板(腰に24個存在)が変形してしまい、その機能を果たすことができず骨同士で摩擦や脊髄への圧迫が生じてしまう疾患のことです。

この椎間板はクッションの役割を果たす重要なものですが、人間の様に2足歩行する生物は何かと腰に掛かる負荷が大きく、また、仕事などで無理な態勢を取ることも多いため、椎間板が変形・損傷し易い傾向にあり、多くの方が腰痛を抱え悩んでいます。

さて、椎間板ヘルニアと右足のしびれの関係ですが、椎間板の変形・損傷によって脊髄の圧迫が起こり、その脊髄を通る末端神経にも支障が出てきます。

当然、右足にも末端神経は通っているので、脊髄の圧迫によってしびれが起こってしまうわけです。

そのため、右足のしびれが併発している場合は、椎間板ヘルニアのサインであるという風にも言われ、通院治療を推奨されているのです。

坐骨神経痛と右足のしびれ

よく椎間板ヘルニアとセットで耳にするケースが多い坐骨神経痛は、右足のしびれとも大きく関係していますが、厳密に言うと坐骨神経痛自身が病名ではなく、症状を表す用語でしかないのです。

腰痛にはさまざまな原因が存在し、内臓疾患やストレス性の神経障害などいろんな要因が考えられます。

その要因を示す言葉の一つとして、おしりから足に渡り発症する痛みやしびれのことを坐骨神経痛と総称しているわけで、当然椎間板ヘルニアもこの中の一つとして捕らえられています。

あくまで総称なので、右足のしびれが併発している場合は坐骨神経痛と言うより椎間板ヘルニアの可能性を疑い、病院で診断してもらってくださいね。

腰痛・右足のしびれの治療法・通院法

腰痛と右足のしびれが発症した場合、椎間板ヘルニアのサインであると先ほどお話しましたが、この椎間板ヘルニアは何も治療していなくてもいきなり治ってしまう場合もありますし、なかなか治療できないケースもあり非常に困難な疾患です。

ではどのように治療(または病院へ通院)すれば、この疾患は改善できるのでしょうか?

そのポイントをいくつか挙げていきます。

★腰痛・右足のしびれの改善・治療法はここがポイント

  • 体を動かさず安静にする。
  • 猫背などの姿勢をただし無理な姿勢を取らない。
  • コルセットなどを利用し腰骨の矯正を施す。
  • 痛みが収まりだしたら、一度ストレッチを行い腰回りの筋力を強化する。
  • 病院でしっかり診断を受け痛み止めなどを処方してもらう。
  • 医師の相談の下、症状が治まらない場合はブロック注射をしてもらう。
  • 病院治療も一ヶ所だけでなく、セカンドオピニオンも考慮する。

腰痛・右足のしびれ改善治療法及び病院の通院法などはさまざまあり、全部挙げたらきりがないのでこの辺にしておきますが、おおまかに言えば、椎間板ヘルニアによって発症した腰痛を抑えるには正しい姿勢で安静にするのが一番です。

しかし、安静にして腰痛を軽減できたとしてもそれは一時的なもので、すぐに再発してしまう方もいらっしゃいますので、日常生活に支障が出ないように日々ストレッチなどを行い腰回りの筋力をほぐしながら強化するのがオススメです。

また、病院通いも一つに絞ることなく、セカンドオピニオンなども検討し受信してください。

腰痛は、簡単に治るような単純な疾患ではありませんので、さまざまな角度から診断を受ける必要があります。

一つの病院だけだと永遠に原因が特定できず腰痛に悩まされ続けることがありますので、時にはセカンドオピニオンも重要なのです。

まとめ:腰痛・右足のしびれの最大の改善法は?

腰痛・右足のしびれに悩み続ける方は非常に多いですが、全く改善できない疾患ではありません。

まずは病院に通い診断してもらいながら安静にすることが大事で、徐々に痛みが和らいできたら、時間を掛けてゆっくり腰を回すなどストレッチを行い、腰回りの筋力を強化していきましょう。

もちろん無理な体制は厳禁ですから、コルセットなどを用いながら無理な負荷を腰に掛けないように配慮してくださいね。

また、腰痛は非常に厄介な疾患ですから、外科だけでなく内科や精神科などの別の病院で診断してもらうセカンドオピニオンもオススメです。

あらゆる角度から診断してもらいながら、少しずつ治療を進めていってください。

皆さんが腰痛や右足のしびれによる悩みを少しでも改善できることを願っています。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。