見落とさないで!腰痛と背中痛は内臓疾患の異常を知らせるサイン?

背中

痛みを感じだすと辛い腰痛と背中痛ですが、いくら揉みほぐしたり温めたり冷やしたりしてもなかなか解消しない場合があります。それどころか日に日に症状が悪化するケースさえあります。
体に感じる痛みというのは体に異常がありますよということを知らせてくれるとてもありがたい注意信号であることは言うまでもありません。

しかし、腰痛と背中痛を併発している場合の多くは、実は外部の異常ではなく腰や背中の神経と回路を共有する臓器の疾患であることが多くみられます。

スポンサーリンク

腰痛と背中痛のメカニズム

もし腰痛と背中痛を感じたり併発している場合には一体どのようなことが体の中で起こっているのでしょうか?そのメカニズムとともに原因を探ってみることにしましょう。

なぜ違う場所の疾患が別の場所の痛みに感じるの

マッサージカップル

冒頭でも記したとおり、体の隅々まで神経が通っているわけですがその神経の通り道というのは脳から細部にたどり着くまでにたくさん分岐しています。逆を言うとあちこちの神経が所々で集まって脳に行き着くわけです。

よく頭痛がひどいと肩こりになるということを言われますが、これもお互いの神経回路が同じであるために起きる現象です。心臓発作が強烈な手の痺れを引き起こすのも神経回路が同じであることが原因です。

およそ腰や背中の神経経路は臓器と同じ経路をたどっています。そのために内臓疾患があると腰痛や背中痛として感じるわけです。

腰痛や背中痛はどの内臓疾患によるもの?

腰痛に関係する内臓疾患として挙げられるのは主に腎臓・前立腺・子宮・卵巣などです。腰と同じ神経回路をたどっているため腰痛としてサインが現れる場合が多くあります。

背中痛に関係する内臓疾患の主は心臓・肺・胃・十二指腸などです。背中と同じ神経回路をたどっているため背中痛として感じる場合が多くあります。

腰痛や背中痛や内臓疾患が原因だと見抜くには?

腰痛と背中痛が併発しているからと言って必ずしも内臓疾患が原因だというわけではありません。もちろん腰や背中に原因があって筋肉痛や関節痛になって症状が出ている場合もたくさんあります。では、その違いはいったいどう見分ければよいのでしょうか?

それは、腰や背中のコリや神経の圧迫など直接的な治療を行っても一向に解消されない場合に内臓疾患が原因ではないかと疑うことができます。腰痛の場合、ぎっくり腰やしりもちなどで腰回りの関節や骨の位置関係にずれが生じると発症しますので、それらの原因を解消すれば自ずと腰痛からも解消されることになります。しかし、これらの治療を施しても解消されない、むしろ痛みが増しているなどといった場合には原因が解消されていないということがわかります。このような場合には整形外科ではなく内科や外科で診察してもらったほうがよいでしょう。

背中痛の場合も同じように背中の緊張が原因で凝ったり痛みを感じている場合は筋肉の緊張をほぐしてあげることでその痛みが解消されていきますが、いくら揉んでもほぐしても解消されない場合には腰痛と同じく内臓に疾患からきている痛みだということがわかります。

どの内臓疾患が腰痛・背中痛になるのかを詳しく知りたい!

先述しましたが過去に疾患がある場合や先天的に疾患を抱えている場合やはり不安になりますよね。そこで、もう少し詳しく具体的にそれぞれの内臓疾患がどこの痛みにつながるのかを紹介していきます。

腰痛につながる臓器

泌尿器系
尿腎・尿管・腎臓・尿管結石・腎盂炎・消化器系腫瘍の場合に腰痛を感じる場合があります。

消化器系
主に小腸以降の腸・胆嚢・膵臓・胆嚢の炎症や腫瘍の場合に腰痛を感じる場合があります。

生殖器系
女性の場合は子宮・卵巣における膿腫・腫瘍・炎症や内膜炎で腰痛を感じる場合があります。

背中痛につながる臓器

心筋梗塞
左肩から左背中にかけて痛みを感じる場合があります。そのほか左胸・首・下あご・みぞおちなどにも痛みが出る場合があります。

胆石発作
右肩から右背中にかけて痛みを感じる場合があります。そのほか上腹部や右上腹部にも痛みを感じます。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍
左の背中に痛みを感じます。上腹部にも痛みを感じる場合があります。

胆道疾患・担癌
右の背中から右肩にかけて痛みを感じるほか、右胸上部に痛みを感じる場合があります。

KONAMI 腰椎保護ベルト パワフルギア ワイドタイプL
コナミスポーツ&ライフ
売り上げランキング: 2,399

まとめ:腰痛・背中痛の原因を見極めるポイント

ここまで紹介してきた腰痛と背中痛の原因が内臓疾患であるかどうかを見極めるポイントをもう一度おさらいしておきましょう。

  • 痛みが出たらまずは整形外科などの医療機関で診てもらう
  • 治療をしても痛みが引かなければ内科などの診療機関で診てもらう
  • 診てもらうのは早ければ早いほどいい!

腰痛や背中痛の原因が内臓疾患ではないことにこしたことはありませんが、だからと言って痛みがあるのはとても辛く大変なことです。毎日健康で元気にいられるように、日々生活の中で気を付けて予防しておきたいものですね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment