女性を悩ます辛い腰の痛み!生理前の腰痛に効果的な3つの方法

電話している美女

女性は、人生の中で出産という大きな仕事があります。そのため、身体にはさまざまな変化が起こります。その中でも代表的なものが生理です。生理とは、本来赤ちゃんのベットとなるはずの子宮内膜が剥がれ落ち、体外へ排出されることをいいます。赤ちゃんを産む予定が未定でも、定期的に毎月起こる身体の変化なので、女性は結構大変なんです。

ただ不要となったものが体外へ排出されるだけでしたら、まだ慣れてしまえば大丈夫です。しかし、この期間前には精神的、肉体的に女性を悩ます症状が一緒に現れます。その症状の一つが腰の痛みです。生理前に腰が痛くなるというのは、男性にとってはちょっと疑問に思うかもしれません。実際に、生理前の腰痛を体験している女性でもその理由をご存知ない方もいらっしゃるかと思います。そこで本記事では、生理前になぜ腰が痛くなるのか?そのメカニズムと、実際に生理前に腰痛に襲われたときに効果的な3つの改善方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

生理前に起きる身体の変化

悩む女性

女性の大半が経験しているといわれている生理前の腰の痛み。その痛みは、人によってさまざまといわれています。少しの痛みを感じるだけの方もいれば、重度な腰の痛みに悩まされる方もいらっしゃいます。しかし、男女問わず腰痛を経験したことがある方にはご理解いただけるかと存じますが、どんな小さい腰の痛みでも腰痛は大変辛いものです。そんな腰痛に、なぜ女性は毎月襲われるのでしょうか。

生理前、女性の身体に分泌されるホルモンの分泌量は変化するといわれています。そのホルモンとは、リラキシンです。リラキシンは、女性の骨盤の関節を緩め、赤ちゃんが生まれてくる通り道を作る働きをします。赤ちゃんが生まれてくる準備をこの段階からするとは驚きですね。

しかし通常骨盤は、子宮や腰回りの筋肉を支えています。その骨盤が緩んでしまうと、やはり腰回りの筋肉に負担をかけてしまい、やがて痛みとなって表れます。これが生理前の腰の痛みといわれているのです。

そのほかにもこんな理由が!

ほかに考えられる原因として、血液の働きがあげられます。生理前は、子宮に血液は集まるといわれています。すると身体全体の血液のバランスが崩れ、子宮や子宮周りに集まった血液の重みによって腰全体に負担がかかり痛みが発生するとされているのです。

上記のような理由から、生理前に腰が痛くなるといわれています。女性は少しでもこの腰の痛みを和らげたいものですよね。次に、生理前の腰痛を軽減させるために効果的な3つの方法についてご紹介します。

生理前の腰痛に効果的な3つの方法

生理前の腰痛に効果的とされている方法は、次の3つです。

  • 身体を温める
  • 食生活に気をつける
  • マッサージやカイロプラティックを受ける

それでは、次に上記3つの方法について具体的にみていきましょう。

身体を温める

腰痛には「冷やす」と「温める」2つの緩和方法がありますが、冷やすのは筋肉の炎症を鎮めるためです。生理前の腰痛とは、骨盤周りの筋肉が疲労している状態ですので、身体をできるだけ温めてあげてください。その方法として、カイロを腰回りに当てたり温湿布を張るなどが有効です。最近では、骨盤付近を温める「骨盤湯たんぽ」という商品もあるので利用されてみてはいかがでしょうか。また、薄着は避けできるだけ温かい恰好をし、身体を冷やさないように心がけましょう。

  • 食生活に気をつける
  • 前述でも述べたように、身体の冷えは生理前の腰痛に良いとはいえません。そのため、身体を冷やさない食べ物を積極的に摂取することが大切です。具体的にあげると、玉ねぎやジャガイモ、生姜などの根菜類がおすすめです。生姜は、ジンジャーティーなどお茶にして飲むと身体も温まりとても効果的です。ティーパックにして販売されているものはとてもお手軽ですし、もちろん生姜を使用し、ご自身で作ることもできます。ジャガイモや玉ねぎなどは、シチューにすると身体もポカポカになるといえるでしょう。

    マッサージやカイロプラティックを受ける

    痛みや強いときは、マッサージやカイロプラティックなどに足を運ぶのも一つの方法といえるでしょう。一般的な腰痛ではなく、生理前の腰痛を専門としている所もたくさんあります。生理痛による腰の痛みの度合いは人それぞれなので、あなたに適した治療を受けることができるはずです。また、あなたに適した自宅でできるエクササイズを教えてもらえる所もあるので、生理痛による慢性的な腰の痛みを改善することができる可能性もあるでしょう。

    まとめ:無理をせずあまりに痛みがあるときは病院へ

    本記事では、生理前になぜ腰が痛くなるのか?そのメカニズムと、実際に生理前に腰痛に襲われたときに効果的な3つの改善方法についてご紹介してきました。もう一度、その3つの改善方法についておさらいしましょう。

    • 身体を温める
    • 食生活に気をつける
    • マッサージやカイロプラティックを受ける

    いかがでしたでしょうか。生理痛による毎月の腰の痛みは、大変辛いものです。そろそろ生理が来るかなと感じたときは、本記事でご紹介した3つの方法を試してみてくださいね。しかし、しんどいときは、無理をせず横になるなどして身体を労わってあげましょう。そしてあまりに痛みが激しいときは、身体に何らかの異常があるかもしれません。婦人科などで診察を受け、何が原因かしっかりと診断してもらってくださいね。

    スポンサーリンク

    iGotitに「いいね!」をください

    iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
    いいね!を押して、iGotitを応援してください!

    Twitterでフォローしてください

    iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

    Comment