腰痛の痛みを抑える温湿布の注意点と使い方

カップル

毎日のデスクワークや、深夜までのパソコン作業などでお疲れの方。

実は腰にトラブルを抱えていませんか?

腰痛は、様々な生活習慣病とならんでデスクワークの多い現代人の病気となっています。腰のトラブルにかかせないアイテムが「湿布」ですが、温湿布と冷湿布、どっちを使ったらいいのかわからないという方もたくさんいるのではないでしょうか。

この記事では、湿布の選び方と、慢性腰痛に効果のある温湿布の貼り方についてご説明いたします。

スポンサーリンク

温湿布と冷湿布のどちらを使うべきだと思いますか?

腰痛に悩む男

湿布には温湿布と冷湿布があります。どちらでも適当に使って良い……というものであることはみなさまなんとなくお分かりかもしれませんが、どっちを選べばいいのかは意外とわからないものですよね。

じつはこれ「腰痛の原因」によって使い分けないといけないのです。

温湿布も冷湿布も、ともに「消炎鎮痛剤」と呼ばれる痛み止めの成分と炎症を抑える薬が配合されており、誤って使ったとしてもさらにケガが広がったりはしませんので、大丈夫です。

冷湿布を使う時

冷湿布を使うのは「急性腰痛」と呼ばれる症状の時に使います。急性腰痛はぎっくり腰や捻挫などのように、大きな炎症をおこしており、痛みがひどかったり、腫れが大きかったりする場合に使います。

張るとひやりとしたような感じで皮膚の温度を下げる効果があります。

主成分はメンソールやカンフル、ハッカ油などが使われています。

急性腰痛の場合には、炎症を抑えるためにまず患部を冷やす必要があります。急性腰痛之場合には、まず氷などで十五分ほど冷やしてから常温で温め、その後にまた冷湿布をはるとよいと言われています。冷湿布の効果はそれほど低温に冷やすことができないので、捻挫などの場合にも同様、一度炎症を引かせることができる程度に冷やしてから、冷湿布を使うと効果的なのです。

温湿布を使う時

肩コリや神経痛など、あるいは腰痛などのような慢性的な痛みが継続的に続く場合には温湿布を使います。

このような症状は「慢性腰痛」と呼ばれます。
温湿布は主に血行の改善を目的としています。湿布自体が高音になるように作られていますが、どうじに「温かい感覚」があるような成分も含まれています。

温湿布の主成分は「カプサイシン」と呼ばれるもので、トウガラシなどに含まれる成分です。カプサイシンは一度皮膚に張り付くと刺激がけっこう長時間継続します。

バップ剤とブラスター剤

湿布のことを「バップ剤」とも読みます。厚みのある柔らかい布の下に軟膏や水分の多い成分を多く含ませ、肌への刺激も比較的すくないものになっているのです。

ただ、厚みがある布であるために外れやすく、本来はサージカルテープのようなもので固定したほうがよいのです。

「ブラスター剤」は軟膏のことです。インドメタシンやフェルナビクといった痛み止めの成分が入っているものがあり、粘着力のある薬です。温湿布以外にも慢性の腰痛にはよく使われており、軟膏薬の腰痛治療薬もたくさん発売されています。

温湿布の使い方

温湿布の使い方をここから紹介していこうと思います。

まず、自分の腰痛が慢性的なものであり、炎症を起こしていないことを確認しましょう。炎症がある場合にはまだ温湿布を使うのは控えるべきでしょう。

温湿布を張る場合には、寝転んでから、張るのが良いとされています。自分で張るのもよいですが、誰かに張ってもらったほうがよいでしょう。

ただ、張ったあとにもいろいろな注意が必要です。

こまめに取り替える。

温湿布は、成分の都合上、それほど長持ちしません。
こまめに取り替えましょう。

取り替えるタイミングも重要です。お風呂に入る二時間前には一度外しておくとよいでしょう。

まず、腰痛を自覚した時、それから大体5時間以内に取り替えることがオススメですが、最近のものでは12時間程度効果が持つタイプのものもあります。

お風呂前には外しておこう

温湿布にはカプサイシンが配合されているため、はがしてすぐに湯船に浸かると肌がひどく傷んだり痛みを感じたりすることがあります。カプサイシンははがした後でもしばらく残りますから、お風呂に入る二時間前には外しておくか、あるいは湿布を張っている日には、お風呂は控えるようにしましょう。

よく動く日はサージカルテープを張ってみよう。

湿布は、構造上とてもはがれやすくなっています。
仕事などで移動する場合にはサージカルテープなどで固定するようにしましょう。これだけでも、湿布の持ちが全然違います。

サロンシップ温熱用具直貼5枚
久光製薬 (2003-11-25)
売り上げランキング: 25,645

まとめ:温湿布の効果は慢性腰痛で発揮します

温湿布と冷湿布の違いから、温湿布の注意点について書きました。

温湿布の成分は強いものですし、水にふれるとヒリヒリします。温湿布を使った場合には、お風呂は避けるようにしましょう。過度な運動や汗をかくようなこともよくありません。

また、湿布は剥がれやすいので、サージカルテープなどで固定するのがよいでしょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment