お風呂で辛い痛みを軽減!慢性的な腰痛を緩和させる入浴ポイント3つ

風呂桶

一度患うと、日常生活に大きく支障をきたす腰痛は、国民病と呼ばれるほど一般的な病気です。なんと人の一生の内、国民全体で約8割の人がかかるとされているのです。腰痛は、老化現象の1つに思われがちですが、実は10代や20代で患う方も最近では珍しくないといわれています。そしてこのような腰痛は、一度起こると慢性化しやすいのです。

慢性化した腰痛を改善するための方法は、さまざまな方法がありますが、今回はその中でも「お風呂」を利用して腰痛を緩和させる方法をご紹介します。みなさんが毎日入られるお風呂にて、ちょっとした工夫をするだけで腰痛を軽減することできるので、腰痛に悩まされている方はぜひ本記事を参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

慢性的な腰痛の原因となるもの

風呂

一度腰痛を患い、その後慢性的な腰痛になってしまうことは、よくあることです。そんな腰痛の主な原因としてあげられるのは、次のとおりです。

  • ストレスや疲れ
  • 長時間の無理な姿勢
  • 運動不足による筋力の低下
  • 妊娠、出産による女性特有の理由

上記のように、腰痛はどんな方にも起こりうる身近なものだといえます。そして上記の原因全てにいえることは、筋肉が疲労しているということです。

「ストレスや疲れ」がたまると、自律神経の交感神経が刺激され筋肉が緊張します。すると血管が収縮してしまうことで血流が悪くなり、結果、乳酸などの疲労物質が体にたまりやすくなるのです。女性特有の「妊娠や出産」についても、腰への負担がかかることによる筋肉の疲労が原因です。「運動不足」が原因の場合は、筋力が低下し肥満体質となり、腰へ大きな負担をかけてしまっています。「長時間の無理な姿勢」については、筋肉の緊張が起こりそして疲労へとつがっているのです。

そして、これらの筋肉の緊張をほぐすためには、温めることがとても大切なのです。次の項で、なぜ温めることが大切なのかをご紹介します。

お風呂が腰痛に効果的な理由

前述でも述べたように、慢性的な腰痛は筋肉の疲労によるものです。この疲労は、温めるという温熱効果により軽減することができます。まず体を温めると疲労した腰の緊張がほぐれ、血行が良くなります。すると血管にたまっていた疲労物質が流され、筋肉が元の元気を取り戻すのです。

そこでオススメなのが、みなさんが毎日入るお風呂です。湯船に浸かるだけで体を温めることができ、しかもお湯の中に入ることで浮力が発生するので腰に負担がかかりません。しかも、体の血流をよくするためには、体の内部である脳や内臓を温める必要があるとされています。体を芯から温めてくれるお風呂は、腰痛を軽減するためにとても効果があるといえるでしょう。ただし、腰痛を軽減させるには入浴方法にもちょっとした工夫が必要です。次に、その工夫するポイントについてご紹介します。

慢性的な腰痛を緩和させる3つの入浴ポイント

慢性的な腰痛を緩和させる入浴ポイントとは、次の3つです。

  • お湯の温度は40度前後
  • 20分ほどゆっくり浸かる
  • 湯船の中で軽いストレッチをする

では次に、上記の3つのポイントについて詳しくご紹介していきます。

お湯の温度は40度前後

湯船にはるお湯の温度は、ぬるめである40度前後が最適です。あまり熱すぎるお湯だと、体の表面だけが温まってしまい体の芯は温まりません。また、心臓に負担をかけてしまう恐れもあります。そのため、体に負担をかけず芯から温める温度を心がけましょう。

20分ほどゆっくり浸かる

お湯に浸かる時間は、大体20分前後が良いでしょう。寒い冬などの時期で体が冷えている場合は、体が温まるまでもう少し長い時間浸かっていても大丈夫です。半身浴をイメージしてリラックスし、ゆっくり湯船に浸かりましょう。

湯船の中で軽いストレッチをする

湯船に浸かりながら軽いストレッチをするのも、腰痛を軽減する方法の1つです。湯船の淵の片側を両手で持ち、腰をゆっくりをひねりましょう。また、左と右の手をそれぞれ湯船の淵に置き、腰を軽く浮かせたり戻したりするというストレッチもおすすめです。

ザムスト(ZAMST) アイスバッグ Mサイズ 378102
ZAMST(ザムスト)
売り上げランキング: 708

まとめ:お風呂でリラックスしながら腰痛軽減

本記事では、慢性的な腰痛の原因やこのような腰痛にお風呂が効果的な理由、そして腰痛を緩和させる3つの入浴ポイントをご紹介してきました。もう1度、その3つの入浴ポイントをおさらいしましょう。

  • お湯の温度は40度前後
  • 20分ほどゆっくり浸かる
  • 湯船の中で軽いストレッチをする

本気時でご紹介した入浴ポイントは、あくまで慢性的な腰痛を患っている場合です。ぎっくり腰など突発的な腰痛は、お風呂で温めると症状を悪化させる場合があるので注意してくださいね。
みなさん腰痛を治すためにさまざまな方法を試されているかと存じますが、お風呂を利用した方法は簡単に始めることができるので、ぜひ試してみてくださいね。お風呂でリラックスするとともに、ご自身の腰痛が一日でも早く軽減されるよう、本記事がお役に立てれば嬉しいです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment