入院したときに使える!ベッドの上でできる腰痛を軽減する3つの方法

医師

腰痛は、突然あなたを襲います。「なんだか腰に違和感がある…と思ったら痛みがどんどんと増し、動けなくなってしまった」、「突然何の前触れもなしに腰痛に襲われて動けなくなってしまった」、腰痛を患ったことがある方は、このような体験をされることがほとんどです。痛みが治まればよいですが、ずっと痛みが引かない場合は「入院」という形になってしまいます。

本記事では、腰痛で入院するときとは一体どのような場合なのか、そして入院したときに試して欲しい腰痛を軽減する3つの方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

入院する場合ってどんなときでしょう?

ストレッチおじさん

突然腰痛に襲われたら、みなさんびっくりしていまいますよね。驚いて救急車を呼んでしまうかと思います。腰痛は始めの段階は動けないことが多いですが、症状が軽い場合、痛みのピークは大体3日ほどなので、その後は何とか歩ける状態になります。その状態になったら近くの病院へ行き、しっかりと診断をしてもらいましょう。

しかし、痛みがひどく全く動けない状態で周りに誰も助けれてもらえる人がいない場合、ご自身の判断で対処することは、症状を悪化させる原因にもなります。そのため、救急車を呼ぶのも1つの方法です。早めの治療が必要となるので、その際はご自信で判断してくださいね。

病院へ行った後、通常は腰痛を患っていても動ける範囲であれば、外来での治療になります。このとき自力では動けない方であれば、入院をすすめられる場合があるでしょう。もし入院した場合は、炎症を起こしている部分の症状を和らげる抗炎症薬を服用します。そして、動ける範囲でリハビリをするという治療を行なうのが一般的です。その後、レントゲンやMRIを撮るなどの検査を行い、何らかの異常がある場合は手術になるということもあります。

入院期間は人それぞれです

入院期間については、重い疾患などが見当たらない場合、症状にもよりますが約1週間から10日ほどです。動ける状態になれば、退院することができるでしょう。しかし、もし何らかの疾患が見つかった場合、入院期間は1ヶ月を超えることもあるようです。みなさんそれぞれの生活があり、一日でも早く社会復帰したいと思われるかと存じます。ですが、無理をしてしまっては腰痛は長引いてしまいます。入院してしまったときはなるべく無理をせず、ゆっくりと養生することが大切といえるでしょう。

腰痛は、横になっていてもズキズキと痛む場合もあります。病院のベッドで周りに誰もいなく、痛みに耐えるのは辛いですよね。そこで、次に病院のベッドの上でもできる腰痛を軽減するための方法をご紹介します。

ベッドの上でできる腰痛を軽減するための3つの方法

 病院のベッドの上でもできる腰痛を軽減するための方法とは、次の3つです。

  • 布団の固さを調節する
  • 腰に少し刺激を与える
  • 膝の間にクッションを挟む

では次に、上記の3つの方法について詳しくご案内します。

布団の固さを調節する

寝ているベッドの布団の状態により、痛みが発生することがあります。硬すぎたり柔らかすぎたりすることで、腰に刺激を与えてしまうのです。そのようなときは、布団の固さを調節しましょう。大きなタオルなどを折り曲げて、腰の下に敷いてみましょう。硬さが足りないときは、タオルを何度も折り曲げて調節してくださいね。

腰に少し刺激を与える

あまりに痛みが続く場合は、少しだけ腰に力を加えてあげるのも1とつの方法です。仰向けに寝転がった状態で、両膝を立て、腰の部分をベッドに5秒ほどぐーっと押しましょう。終わったら力を抜いて何度か繰り返してみてください。終わったら両足を伸ばして、軽く深呼吸してくださいね。個人差がありますが、腰の痛みが少し軽くなるでしょう。

膝の間にクッションを挟む

腰痛が楽な姿勢は、人それぞれです。しかし、もし横向きで寝転がる姿勢をとると一番痛みがマシな方は、膝の間にクッションを挟むと痛みが和らぐといわれています。左側が上の状態のほうが楽か、右側が上の状態のほうが楽かは腰の痛み方にもよります。ご自身で試してみて、楽な体勢をとってくださいね。

腰用クッションCubeads キュッキュッ スタンダード 黒
龍野コルク工業
売り上げランキング: 15,610

まとめ:入院してもストレスをためずに前向きに

本記事では、腰痛で入院するときとは一体どのような場合なのか、そして入院したときに試して欲しい腰痛を軽減する3つの方法についてご紹介してきました。もう1度、その3つの方法をおさらいしましょう。

  • 布団の固さを調節する
  • 腰に少し刺激を与える
  • 膝の間にクッションを挟む

腰痛を患い、入院をしてしまうとついつい気持ちが後ろ向きになりがちです。そしてここに痛みが伴うと、更に辛いものです。しかしストレスは腰痛を悪化させる原因ともなってしまうので、気持ちを前向きに持つことが大切です。痛みがあり、しんどいときは本記事でご紹介した方法をぜひ試してみてくださいね。一日でも早く辛い痛みが軽減され、いつもの生活に戻れるよう、本記事がお役に立てたら嬉しいです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment