妊婦さんが腰痛を抱えてしまいがちな理由と腰痛改善方法

考える女性

妊娠中のお母さんの体はとても負担がかかることが多いです。お腹が大きくなるに連れてその抱える負担も大きくなりますし、それまで普通にできていたことが徐々に大変になっていきます。

今回はこのようなことから妊娠中は腰痛になりやすいですが、その腰痛を抱えてしまいがちな要因とその改善の手段について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

妊娠中の体への負担

では、妊娠中の体にはどのようン魅して負担がかかるのでしょうか。まずはそこから見ていくことにしましょう。

体型の変化

女性

妊娠すると赤ちゃんの成長と共にお母さんの体型も徐々に変化していきます。お腹が大きくなってくると妊娠前にかかっていた負担とは別の負担が今までかかっていなかったところにかかるようになります。

日常を過ごしていく中で、主にその負担を抱えるのが下半身です。大きなお腹を抱えることで歩き方も変われば座る姿勢も寝る姿勢も家事をする姿勢もみんな変わってきます。この変化を受け止めるため、下半身はいつも頑張ってくれています。

この下半身への負担を解消するためにバランスを取っているのが腰です。腰は、体全体のバランスを保つため上半身と下半身の間で実に重要な役割を担っています。つまり、下半身への負担は腰への負担に直結しているという事が言えるわけです。

妊娠してから出産までわずか10か月の間に急激な体型に変化が起きるわけですから、当然その負担に腰が対応していくにはおのずと限界があるわけです。この限界を過ぎると、腰痛として痛みになって出てくるのです。

体内ホルモンの変化

また、体形の変化と並行してお母さんの体のホルモンバランスも大きく変化していきます。

出産の準備を体が自然に進めていくと、その過程で赤ちゃんを産みやすくするために特定のホルモンがたくさん分泌されるようになります。このホルモンの分泌によって産道や子宮を赤ちゃんが通りやすくするように分泌液がたくさん出たり、また関節を柔らかくして生みやすくする働きが出てきます。

このことから、出産が付かづくにつれてお母さんの体の関節を支えている腱や靭帯は緩んでいきます。この緩んだ状態で体を支えるわけですから、常に同じところに負担がかかり続けると痛みを発するのです。またその周辺の筋肉にも負担がかかることになり、腰痛を発症することになります。

腰痛の改善法について

では、これらの要因から発する腰痛の改善法について、その根拠と具体例を見ていきましょう。

負担を軽減させる

腰痛を予防するにはまずその体にかかる負担を極力抑えることが重要です。負担を軽くすることができれば、腰痛を予防することになりますし発症してもその症状を軽減することができます。

負担を減らす具体的な内容としては、次のようなことが挙げられます。

  • 長時間立ちっぱなしをしない
  • こまめに座る
  • 座るのがつらいときは横になる
  • 楽な姿勢を心がける
  • リラックスできる環境で日々過ごす
  • 無理な動きはしない
  • 体を冷やさない
  • しっかり温まる入浴の仕方をする
  • 長時間同じ姿勢をしない

これらのことに気を付けて生活すると、体全体への負担を軽くすることができますからそのまま腰への負担を軽くすることにつながっていきます。また、長時間同じ姿勢でいたり立ちっぱなしでいることが最も妊娠中の腰に負担をかけることになりますから、こまめに休憩をとるようにすることがとても大切です。

一度に家事をしようとせず少しずつこなすようにして体を動かしたり休めたりという事を忘れないようにして生活しましょう。

適度の運動

動き続けたりするのはもちろん負担がかかるので妊娠中のお母さんの体には負担がかかりますが、全く運動をしないのも逆効果になってしまいます。かといって、激しい運動をする必要は決してありません。適度に体をほぐすことが大切なのです。

その方法には体操やストレッチ、またマッサージなどで体をほぐすことが効果的だとされています。ただ、妊娠中の時期によっては運動を控えた場合がいい時もありますので、お医者さんに相談してからするようにするといいでしょう。

体を適度に動かすことで、緩んだ腱の動きを必死に支えている筋肉の緊張をほぐし、姿勢の変化からくる脊椎や腰椎の位置を修正して腰痛の予防や症状の軽減が可能になります。決して無理をせず、体操という体操をしなくてもほんのストレッチあマッサージ程度で十分効果があります。

また、出産後もストレッチやマッサージをすることで開いた骨盤を正常な位置に戻し、腰痛に悩まされることが無いようにすることもできます。

具体的な方法についてはこちらのマッサージ方法ストレッチ方法をご覧ください。

はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!
A.Christine Harris 竹内 正人
永岡書店
売り上げランキング: 535

まとめ:妊婦さんの腰痛改善のポイント

妊娠中の生活習慣をちょっと工夫することと、腰への負担を軽減するストレッチやマッサージ方法で腰痛を予防したり軽くしたりすることができるという事ができます。また、産後の腰痛予防のためにも少しずつ実践することで効果があると行くことを覚えておきましょう。

母子ともに健康な出産ができることを心からお祈りして、今回の紹介とさせていただきます。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment