つらい腰痛は何科を受診?腰痛になったらまずは整形外科

医者

つらい腰痛に悩まされている方。それから、あるとき急に「痛い!」と腰痛を発してしまった方。

湿布を貼ってもよくならないし、痛くて仕事もうまく出来ない。そんなときに悩むのが「じゃあ病院は、何科にいったらいいの?」ということではないでしょう。

この記事では、腰痛がひどくて専門医にかかりたいのだけれど、でも何科にいけばよいのかわからない方のために腰痛の時に行くべき科について紹介いたします。

スポンサーリンク

病院には症状に応じていこう

病院

腰痛には「急性腰痛」と「慢性腰痛」があります。それぞれこじらせると重篤な症状になることがあるのですが、痛みを感じても一晩横になると疲労物質や発痛物質が低減して煽ることもおおくあります。

一晩様子をみて、痛みの感覚を見極めましょう。

それでも腰痛がひかない場合には、まず「整形外科」へと行きましょう。炎症や化膿がなく、腰の痛みが気になる場合にはまず整形外科の診療が順当です。

なぜならば、整形外科では腰痛の原因特のための検査を行うことができるからです。触診や検温といった初歩的な調査だけではなく、レントゲン、MRI検査、血液検査なども実施してくれます。

整形外科では、腰痛に絡む疑しい病気についても検査をしてくれます。それが原因ではないと判断されればすべて除外していきます。そして、重篤な障害や、神経や骨髄などの問題があると判明下葉あ愛には、麻酔科、神経内科、リハビリ外来などといった専門科を紹介してくれます。

いきなり事故判断で、高度な専門科などを受診しないようにしましょう。

とはいっても、急激なぎっくり腰や、内臓疾患による腰痛などで緊急処置が必要なばあいもあります。腰の痛みだと思っていたら、冷や汗や呼吸困難、動悸、腹痛などがある場合、腎臓病や胃がんといった重たい病気にかかっている可能性があります。

そのような場合、痛みが激しい場合には、おとなしく救急車を呼びましょう。

整形外科で受けるべき治療

腰痛といっても、まず二種類あります。

「急性腰痛」と「慢性腰痛」です。急性腰痛は、捻挫などの一種です。ぎっくり腰などもこれに入ります。応急処置として冷やす必要があり、まったく動かなくなってしまう場合もあります。

急性腰痛のなかにはヘルニアや圧迫骨折などの疾患が15%程度、さらに癌や完成証が原因である場合は1%ほどあります。急性腰痛は自然に治ってしまう場合もあるのですが、多くは自然に治療してしまいます。

整形外科に来る腰痛を主訴とする人の多くは、このような急性腰痛によって来診しますが、そのさいには様々な検査をしてくれます。特にMRI検査やCT検査などによって、腰椎分離症、骨粗鬆症性脊髄圧迫骨折、椎体・椎間板炎などの重篤な症状にいたる病気を把握してもらえるのが非常にありがたいものです。

整形外科の治療は検査費用がかかるものも少なくありませんが、費用に合った分だけの治療はしてくれるものといってよいでしょう。

腰痛の専門外来

腰痛の専門外来にいく、というのも効果的です。
有名なところでは、東京腰痛クリニック特別外来があります。
K点診察・ブロック法はじめ、脊髄の検査など特殊な検査が可能です。30分で一万円と高めの診療費用ですが、他の医療機関では「原因不明」となるような場合の治療においても治療が可能とされてます。また、多くの推奨病院をもっており、より専門的な検査が必要な場合においても対応が可能です。

まずはお電話にてお問い合わせください、とのことです。

整骨院、カイロプラクティック

もうひとつの選択肢として、整骨院やカイロプラクティックがあります。整骨院やカイロプラクティックは、整形外科だと骨を伸ばしたりするような治療をしますが、より効果的に体の歪みを修正したり、全身の筋肉バランスを整えるような処置をしてください。

特に、トリガーポイントによる腰痛などの治療に関しては独自のノウハウをもっている場合もあり、カイロプラクティックや民間療法だからといってバカにはできません。

なお、トリガーポイントによる腰痛については、「腰痛を発生させる特異点「トリガーポイント」の痛みと対策」でかきましたので、よければご参照ください。

サロンシップ温熱用具直貼5枚
久光製薬 (2003-11-25)
売り上げランキング: 25,645

まとめ:まずは整形外科からはじめよう

腰痛の痛みが激しい場合には、まずは整形外科にいくようにしてみましょう。整形外科では、様々な検査によって腰痛の原因を特定してくれます。

腰痛は、重篤な症状を起こす病気による場合もあり、それらの検査を行ってくれることも意味があります。

腰痛の治療をめざすならば、整形外科にかかるのが無難でしょう。

また、カイロプラクティックや腰痛専門の外来もあります。自分の症状にあわせて、適切な医療機関にかかりましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment