意外に知られていない?ストレス解消こそ慢性的な腰痛の解消法

寝ている男

腰痛には大きく分けると急性のものと慢性のものがあります。急性的な腰痛は特定の原因を判断でき対処の方法が確立されていますが、慢性的な腰痛は医療機関で診察してもらってもなかなか原因の特定には至らないことが多くあります。

では、いったいなぜ慢性的な腰痛は起きてしまうのでしょうか?ここでは慢性的な腰痛の原因と解消に向けての手段を紹介していきましょう。

スポンサーリンク

慢性的な腰痛とは

まずは慢性的な腰痛がどんなものなのか、なぜ起こるのかについて説明をしていくことにします。

腰痛の大部分を占めるのが慢性的な腰痛

寝る女性

腰痛の症状を割合で分けると、急性な腰痛はおよそ15%ほど、慢性的な腰痛は85%ほどと、腰痛を訴える人の大部分の方が慢性的な腰痛だといわれています。

しかし、この慢性的な腰痛の場合ぎっくり腰に代表される急性的なものや、椎間板ヘルニアなどの原因が特定できる腰痛とは違い、レントゲンなどの診察を受けてもその原因がわからないことがほとんどです。

では、このような腰痛はいったいなぜ引き起こされるのでしょうか?

慢性的な腰痛はストレスが一番の原因

ストレスで肩が凝るというのは一般的にもよく言われることですが、実は腰痛もストレスが原因で起こることが最近認められてきています。欧米の医学界ではすでにこの事実に以前から注目しており、慢性的な腰痛の患者は心療内科に通院するケースがほとんどということです。

精神的にストレスを感じている状態が長く続くと神経が過敏になります。すると実際には腰に病状を発症していなくても腰痛を感じるようになり体を動かさなくなってしまいます。それが更なる精神的・肉体的ストレスを重ねる結果、慢性的な腰痛の悪循環に陥ってしまうわけです。

ストレスを感じ続けると脳と神経のシステムが誤作動してしまう

脳は患部の症状に対して注意信号を促すために痛みという感覚を使ってそのことを訴えるようにできています。神経はその信号を脳に送っているわけですが、ストレスによってこのシステムが混乱してしまうと、実際には発症していなくても痛みを感じてしまうのです。つまり、ストレスで自律神経のバランスが崩れると、実際には悪くないはずの腰や肩が痛いと感じ、そのために筋肉が緊張した状態になりやがては腰痛や肩こりとなってしまうということです。

このような原因で腰痛を感じ始めると、いくらマッサージしても薬を使っても痛みが引かないという結果になってしまうのです。

慢性的な腰痛を解消する方法を実践しよう

ストレスが原因で発症する腰痛を解消するには、まずはその原因となるストレスを解消する必要があります。

精神的なストレスは何か楽しめるような趣味を持ったり、優しい音楽を聴いたり映画を見たりなどしてストレスを解消するか、ストレスの原因そのものを解決してストレスを解消しなければなりませんが、肉体的なストレスは適度な運動をすることでストレスを断ち切り解消することが可能です。

ここからは、ストレス解消するための体操を紹介していきましょう。

背筋を整える

立った姿勢でも椅子に座った状態でも構いません。ゆっくりと背筋を伸ばしましょう。しっかりと伸ばしたらそのまま5秒保ち、ゆっくりと力を抜いていきます。これを5回で1セットとします。

腹筋を鍛える

通常よくする腹筋運動ではなく、いわゆる体幹を鍛えるための体操です。まずは一杯に息を吸い込みます。このときしっかりとお腹が膨らむことを意識して息を吸い込みます。

次にゆっくりと息を吐いていきます。背筋を伸ばしたままの姿勢をしっかりとキープして、最後まで息を吐き出すときにお腹がしっかりと凹むことを意識して吐き出します。この状態を保ったままゆっくりと呼吸します。最初慣れないうちはプルプルと震えてしまいますが、体幹が鍛えられてくるとこの呼吸も慣れてしまいます。この状態で1分間呼吸します。これを2回で1セットです。

おしりの筋肉を鍛える

立ったままの状態がつらい方は、椅子に座っても構いません。ゆっくりとおしりの筋肉に力を入れて5秒保ちゆっくりと力を抜いて3秒、これを5回で1セットです。このとき気を付けるのは、お尻の中心に向かってすぼめるような感じをイメージして行うことです。

体幹を鍛えながら他の体操をしてみる

2つ目に紹介した体幹を鍛える呼吸をしながら、前屈をしたり、歩いたりするだけでもかなりの運動効果が得られます。

腰痛で走ることができない方にはうってつけの運動になります。関節や筋肉に負担をかけることなく走ったりするのと同等の運動効果を得ることができる上に、体幹を鍛えることによって体のバランスを保てるようになり腰痛になりにくい体を作ることができるのもこの運動の目的の一つです。

体操の頻度
紹介した体操は、それぞれ1セットずつを朝昼晩と3回できるのが理想です。特に体幹を鍛える呼吸体操は1分が楽になってきたら、2分3分と時間を増やしていっても構いません。またこの呼吸をしながら他の動作をすることで相乗効果が生まれます。気が付いたらこれをやりながら違うことに取り掛かるようにすると更に効果が上がることでしょう。

ALINCO(アルインコ)  エクササイズ フロアマット 厚さ 9mm EXP150
ALINCO(アルインコ) (2012-04-05)
売り上げランキング: 75

まとめ:ストレス解消で慢性腰痛とはおさらば!

ここまで、慢性的な腰痛にはストレスが原因となる自律神経のバランスの悪さが関係していることが分かりました。また、それを解消するためにご紹介した体操を根気よく続けていただくことが腰痛解消への近道であることもお分かりいただけたと思います。

  • 適度な運動で代謝を高め、ストレスを解消
  • 体幹を鍛えて腰痛になりにくい体を作る
  • 規則的な生活で自律神経を整える
  • ストレスを溜めないように趣味を持とう

この4つのポイントを実践して慢性的な腰痛とはおさらばしちゃいましょう!

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment