腰痛とロキソニン〜効果と副作用〜

広告ロゴ
錠剤

腰痛で苦しんでいる方は病院から処方された薬で薬物療法を行っている方も少なくないと思います。ただ、毎日飲んでいると効き目を感じなくなったり副作用で別の不調を訴える方も出てくるかと思います。そこで腰痛によく処方されるロキソニンとは何なのか、効果と副作用についてご紹介します。

薬を飲むということは現在辛い部分に効くけれど、代わりに他の不調が出てくるということはよくありますよね。花粉症はその代表的な例ではないでしょうか。鼻水やくしゃみは止まるけれど薬を飲むことによって眠くなっている人を非常に多く見かけます。薬を飲むことで得られることと、薬を飲むことによって起こるリスク、常にどちらも意識して自分に適した方法を選択していく必要がありそうです。

スポンサーリンク

ロキソニンの効能と副作用

見て

鎮痛剤として幅広く用いられるロキソニンですが、効果と副作用はどのようなものなのでしょうか。それぞれご紹介したいと思います。利点とそうでない点を理解した上で薬の服用をして頂ければと思います。

得られる効果

概説は腫れや痛みをやわらげ、熱を下げると言われています。鎮痛剤や解熱剤として幅広く用いられています。
関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、歯痛、手術後、外傷後並びに抜歯後の鎮痛・消炎、急性上気道炎など非常に多岐に渡る症状で処方される薬です。

長く効き目があるという利点が活かされているようですね。ただし、対症療法薬なので、痛みや熱の原因を治すことはできませんので注意が必要です。

気を付けたい副作用

ロキソニンは病院でも薬局でも手に入れられるようになった薬ですが、効果があるということは同じだけの副作用のリスクもあることを忘れないようにしましょう。

胃痛、腹痛、下血、吐血、尿が少ない・出ない、尿の濁り・泡立ち、血尿、むくみ、だるい、吐き気、側腹部痛、腰痛、発熱、発疹、息苦しい、息切れ、胸が苦しい、動悸、疲れやすい、むくみ、体重増加など幅広い箇所に副作用が現れる恐れがあるので注意が必要です。
持病がある方は必ず医師に伝えてから処方してもらいましょう。

ロキソニンがもたらす腰痛への効能

冒頭でも取り上げたようにロキソニンは非常に高い鎮痛効果をもたらしてくれます。腰痛の場合もロキソニンの処方がとても多いようです。他の痛み同様、腰痛にもとても効く薬として医師からも信頼されています。急な痛みにも対応できるため、ぎっくり腰などにも効果があると言われています。

さらにロキソニンは錠剤の内服薬から湿布などの外用薬まで種類も豊富ですし、近年では病院でなく、ドラッグストアなどでも市販薬として購入できるので、手軽に高い効果を期待できるというメリットもあるでしょう。

ただし、どんな薬でも効く人もいればそうでない人もいます。万人に対して万能な薬ではないということは頭に入れておきましょう。

1日5分伸ばすだけの大須賀式坐骨神経痛改善法 自宅でできる簡単ストレッチ [DVD]
株式会社ティーズウェブ (2010-12-10)
売り上げランキング: 33,824

まとめ:過度な服用はしない

薬全般に言えることではありますが、簡単に手にられ、簡単に高い効果が期待できるとなれば、今の症状が辛い方は過度に服用してしまうこともあるかもしれません。ですが、高い効果が期待できるということは用途以外の場所への副作用も懸念されるわけです。せっかく腰痛が治っても消化器官を悪化させてしまったとなれば元も子もないですから、一度に服用する量は必ず守ってください。

体の不調を訴える人には辛いですが、自分の体と相談した上で負担にならないように、薬とうまくつきあっていくことも非常に大切なことです。不安な場合はまずは医師に正直に相談すること、主治医が一つだけだと不安な場合はセカンドオピニオンを見つけることも一つの手ではないでしょうか。いずれにしても、まだ症状が重くない方は薬の服用と合わせて、体を鍛えていくことも大切なポイントと言えそうです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。