腰痛に効果的なレーザー治療法とは

医師

整体や電気治療と並び、腰痛の治療法としてレーザー治療という言葉をよく耳にするようになりましたが、このレーザー治療とは一体どのような治療法でどのような腰痛に効果があるのでしょうか?

レーザー治療が有効な種類の腰痛を上げるとともに、その腰痛にみられる特徴となぜレーザー治療が効果的なのかその理由を紹介していきましょう。

スポンサーリンク

レーザー治療とはどのような治療方法?

マッサージスペース

どのような腰痛の場合に効果があるかどうかを知るためには、まずレーザー治療というものがどのような治療方法なのかを知らなければなりません。ここではレーザー治療について知ることから始めていきます。

レーザー治療は切開しない

ブロック療法や理学療法などの投薬治療と、直接切開して患部を摘出する手術の中間的な位置にあるのがレーザー治療です。レーザー治療の場合、直接切開することはありませんので、筋肉を骨から剥離させたりなどの切開が不要であることが大きな特徴の一つに挙げられます。

手術時間が短い

直接切開するわけではありませんので、手術時間が短いことは容易に想像がつきますね。また手術による入院期間や術後の退院までの時間、ひいては職場復帰への時間も短くて済むのもレーザー治療の特徴です。

手術によるリスクが低い

切開しないということから、当然手術のリスクも低いことがうかがえます。手術というくらいですから体内にレーザーファイバーを挿入しますが、切開することに比べたらごく僅かな注射針のように考えるとわかりやすいかもしれません。また、直接患部を照射することで他の器官や組織を痛めることなく手術することが可能ですので、これもレーザー治療の特徴の一つです。

段階的治療法である

レーザー治療は管治療法ではありませんが、患者の6割以上が手術に成功し改善が見られているという結果が報告されています。6割という数値は低いように思うかもしれませんが、最終手段でない段階措置としては大変効果的な割合を示しています。

レーザー治療で改善されない場合でも、内視鏡手術や従来法の手術で成功率は9割以上に及びます。

後遺症の可能性が極めて低い

手術後数時間は安静にする必要がありますが、自分でトイレに行ったり、食事をとったりすることができますので、患者自身にかかる負担は大変少なくて済むのもレーザー治療の特徴です。
また、この治療法で感染症や膿腫を作ることはまず考えられず、現在までこの治療方法が原因で後遺症になったり亡くなられた方はいないという報告があります。

レーザー治療の具体的な内容とは

レーザー治療の特徴を見ると、筋肉や内臓疾患からくる腰痛にはレーザー治療は使えないことがわかりますが、逆に椎間板の損傷やヘルニアなどの症状から発症する腰痛には効果があることがわかります。

では、椎間板のレーザー治療について詳しく説明していくことにしましょう。

椎間板ヘルニアのレーザー手術方法

椎間板ヘルニアは、脊椎間の圧を支えるための椎間板が何らかの原因ですり減ったり変形したりした場合に炎症とともに痛みが発症する病状をいいます。この椎間板の手術に効果的といわれるのがレーザー治療です。椎間板ヘルニアは病状が完治することはないといわれています。その理由は一度すり減った椎間板を元に戻すことは不可能だからです。

椎間板がすり減ったり変形したりすると、内部を通る神経管を圧迫して痛みが発生します。この変形した髄核にレーザーを照射させ、一部蒸発させてできた空洞によって神経管を圧迫していた髄核の圧力を下げ、同時に消炎作用を施すのがレーザー治療による手術方法の概ねになります。

レーザー手術後の経過

術後の症状は、早い方だと直後には改善される方もいれば、半月から1か月ほどかけて徐々に改善していく方など個人差があります。およそ手術を受けた方の6割が改善したとの報告がありますが、レーザー治療による手術は根幹治療ではありませんので、そういった手術の中では高い成功率と考えられます。

レーザー治療でも治らなかったら?

レーザー治療は段階的措置の一つとして考えられています。つまり、いきなり切開手術や内視鏡手術を執り行う前に、なるべく患者の体に負担をかけない方法で手術ができればそのほうがいいということで開発研究が進められてきた治療方法ですので、レーザー手術が上手くいかなかったから他の方法がないというわけではありません。

手術の費用について

残念ながら、現在の時点ではレーザー治療(PLDD)は、健康保険を使うことができません。仮に腰椎のレーザー治療による手術では30万~40万円程かかるのが現状です。決して安い治療方法とは言えません。

また、手術に伴い検査費用や入院費用、お薬代が掛かるのは言うまでもありません。
それでも、最近は自治体や民間の保険でも手術費用の保証や援助を受けられることがあります。諸術を受ける前に一度しっかりと調べてみるといいかもしれません。

KONAMI 腰椎保護ベルト パワフルギア ワイドタイプL
コナミスポーツ&ライフ
売り上げランキング: 2,399

まとめ:腰痛の治療法としてレーザー治療は効果が期待できる

完治方法や特効薬がない腰痛にも、レーザー治療は有効な段階治療の一つとして確立されているということをお分かりいただけたと思います。治療を受けるには費用が掛かってしまいますが、手術のリスクや後遺症の心配が殆どないことがメリットとしてあることを理解しておきましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment