ああ〜動けない!急性腰痛になった時の注意点と知っておきたいコツ

広告ロゴ
びっくり

急性腰痛の怖い所はいきなりギクッときて、そのまま動けなくなってしまう事です。まさに「悪魔の一撃」ですよね。急性腰痛は「ぎっくり腰」と呼ばれ、予告なくやってくるものや、腰の違和感から徐々に起きてくるもの、お尻の痛みからふくらはぎや足先の鈍痛がでてきてから起こるものまで様々あります。今回はではいざ急性腰痛による激しい痛みが起こった場合の対処法をご紹介致します。

スポンサーリンク

ギクッと来たときの対処法

医師

■直後から3日目
「突然の激痛」に襲われることで精神的に動揺し、更なる痛みを誘発する可能性があります。通常は全く動けない程の強い痛みは2~3日で治まります。

1.安静療法

・海老のように背中を丸くして横を向いて寝たり、壁や手すりにもたれかかったりして無理な動きをしないようにします。
全く動けない場合のトイレは家人にベッド上でとってもらうようにします。

・少しでも動けるなら横向きに寝た状態から静かに、出来るだけ身体全体を1本の棒のようにして足と上体が一緒に動くように起きあがるようにし、壁や手すりにつかまりながら歩くようにしましょう。

2.冷湿布

・何らかの炎症が起こっていることが考えられるので冷湿布を貼って患部を冷やすことで血液の循環を抑制し、痛みの軽減が図られます。

・氷嚢やアイスノンを用います。

3.薬物療法

痛みがひどいときは鎮痛消炎剤や筋弛緩剤を用います。ただし、むやみに飲むことで副作用が起こることがあるので必ず医師の指示に従いましょう。       

■発症から4~5日以降
・患部の血行を促す為に温湿布に換えます。市販の湿布薬・使い捨てカイロ・蒸しタオル等を用います。注)やけどや皮膚のかぶれ等には十分注意して下さい。

・お風呂に入れるようなら身体を洗うことは止めて暖まるだけにします。

■発症から1~2週間
・身体の沈み込まない硬めのベッドや布団に膝を曲げた状態で安静に過ごします。この際、枕や座布団等を膝の下に入れ、適当な高さの台に足を乗せる形にすればより安楽になれます。

・起き上がるときは両手で確実に上体を支えながらゆっくり起きるようにします。

・立ち上がる時は両手を床について少しずつ膝を前にずらして座ってから、台などで上体を支えて徐々に起こしてから立ち上がるようにします。決して反動をつけて動いたりしないように注意します。

急性腰痛の注意点

いきなりぎっくり腰になると、そのまま安静にしてよいか、救急車を呼ぶべきなのか、判断に悩む場合があります。その時の注意点をご紹介しましょう。

★足の神経症状を確認する

●シビレますか?

●運動麻痺がありますか?

●知覚麻痺がありますか?・・・ピンやペン先で皮膚を押して左右調べる。

腰が痛くて解らない場合は、足首や足のかかとを動かし、左右ともに正常に動くかどうか?もし、上記の神経症状がある場合は病院に行き、検査も必要でしょう。特に、感覚が鈍いあるいは、足を動かせない場合は、スグ救急車を呼ぶ。たとえ痛みが非常に強い場合でも、足にシビレが無く、感覚が正常で、足も動くようであれば、上記の三点の症状がなければ心配は要りません。

痛みが強くてもなにも、あわてる必要はありません。少しでも動いたり、わずかな動作で痛むのに無理に、辛い痛みをこらえてまで、病院や治療院に受診する必要は全くありません。むしろ無理に動かすことで傷害部位の損傷が広がり、痛みを悪化させます。

知っておきたいコツ

急性腰痛になった場合は、とにかく安静にしている事が大切です。寝ている姿勢のコツをご紹介しましょう。

楽な姿勢のコツ
・横になって、膝と股関節を曲げ背中を丸くして、ウエストにタオルなどを敷いて寝ます。

上向きの姿勢のコツ
・上向きで寝る場合、足元に布団などを重ね、高くし膝・股関節を曲げて寝る。

痛みが強い場合のコツ
・痛みが強い場合などは、お尻にタオルなどを敷いて、足を上げて骨盤をさらに後傾にします。

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰になる原因の多くは3つ挙げられます。ぎっくり腰になる原因として、根本的な原因になっているわけではなく、様々な要因が絡みあい、ぎっくり腰という結果になってしまいます。

筋肉疲労

まず1つ挙げられるのが、筋肉の慢性疲労です。ぎっくり腰は突然起こりますが、症状としていきなり表れるだけで、ゆっくりとその原因となるものは進行しているのです。中腰で荷物を持上げようとした瞬間に激痛が走ったり、よろめいてちょっと片足を勢いよくついてしまった瞬間などにぎっくり腰になりやすいですが、日常の中で同じ動作をしても平気だったのに、ある瞬間にぎっくり腰になってしまうのです。

骨格の歪み

ぎっくり腰になる原因の1つに、骨格の歪みもあげることができます。私たちの日常を振り返ってみると、立ちっぱなしの仕事や座りっぱなしの仕事に就いていると、長時間、限られた姿勢でいることが多いでしょう。こうすることで、身体の柔軟性が失われていき、同じ骨格や筋肉だけを使うことになってしまいます。

いきなりの過負荷

若い人やスポーツ選手に多いぎっくり腰の原因の1つで、高いところから飛び降りた着地の瞬間や、勢いよく振り返った瞬間、横になっていて勢いよく起き上がったときなど、止まっている状態からいきなり動いたときや、動きの急激な切り替えの時に、腰にいきなりの過負荷がかかり、ぎっくり腰を起こしてしまいます。

急性腰痛と危険因子ガイド
ニュージーランド事故補償公団
春秋社
売り上げランキング: 167,562

まとめ

いかがですか。急性腰痛(ぎっくり腰)になった場合、最初の対処が肝心です。焦って動いたり、救急車を呼ぶ前に、自分の身体の状況を冷静に判断して下さい。大体は2週間程度で完治する事が多いので、安静にする事が大切です。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。