腰痛は寝て治そう!~腰枕3つのポイント~

広告ロゴ
寝る

よい睡眠はわたしたちの生活のために大切なものです。しかし腰痛によって眠りが妨げられるのはほんとうにつらいことですよね。昼間起きているときのさまざまな腰痛対策だけでなく、眠っている時間にも腰痛をやわらげて、ぐっすり眠るにはどうしたらよいでしょうか?

本記事では
1 なぜ寝るときに枕を使うの?~枕の役割~
2 腰痛と枕の関係
3 腰枕選びの3つのポイント
についてご紹介していきます。わたしたちの人生の実に3分の1が睡眠時間だと言われます。ならばこの時間をできるだけ快適に過ごしたいもの。ぜひ参考になさってみてください。

スポンサーリンク

なぜ寝るときに枕を使うの?~枕の役割~

考える

そもそも、なぜ人は寝るときに枕をするのでしょうか?そして枕によって睡眠が左右されるのはどうしてでしょうか?それはヒトのからだの構造が深く関わっているからなのです。

枕は姿勢を支えるためのもの~S字カーブの秘密~

人体の骨の模型をご覧になったことがありますか?首から背中にかけての脊柱には、ゆるやかなS字型のカーブがみられます。その名もずばりこのS字カーブは、二本足で歩行することによって首が重い脳を支えること、そしてその首と胴体を腰が支えることを、より自然で無理のない楽な姿勢で保つためのカーブなのです。 

寝ているときもこの姿勢を保つために、S字カーブの基点となる首を無理なく支えるものが必要です。それがすなわち「枕」であり、頭を置くためというより首を支えるために大切な道具なのです。

腰痛と枕の関係

さてつぎに「腰痛」に話をすすめましょう。首が頭を支え、さらにその首と胴体を支えるのが腰です。二本足で歩行する人間には、あらゆる動作の負担が腰にかかります。そのため腰の部分の筋肉が疲労して腰痛を引き起こしてしまうのです。現代人の生活様式の特性として、運動不足や肥満、長時間同じ姿勢の労働なども、腰痛に悩む人が絶えない原因でしょう。

昼間起きて動いているときだけでなく、夜寝るときも腰痛のために安眠できないとしたら、これはほんとうにつらいことです。何か対策がほしい、工夫できることはないか。腰痛に悩む多くの人の願いではないでしょうか。

腰枕とは?~その役割と機能~

枕の役割や重要性が理解できたところで、いよいよ本題の「腰枕」に入りましょう。腰枕にはどんな役割と機能があるのでしょうか?本記事では、腰枕を活用する3つのポイントをご紹介していきますね。

前述のように、わたしたちのからだには首を基点としてゆるやかなS字カーブがあります。そのS字カーブの腰の部分を自然に保つために使うのが「腰枕」であると思ってください。
どんなものがあるか、どのように使うのが効果的なのか。つぎにご紹介していきます。

  • どんなタイプの腰枕があるのか
  • 自分に合う腰枕の見つけ方
  • ぐっすり眠るためにの効果的な使い方

どんなタイプの腰枕があるのか

インターネットで「腰枕」を検索してみると、実にさまざまな商品があることに驚きます。お値段もいろいろですから、迷ってしまいますね。けれど腰枕を自分で作ることもできますよ。

簡単なものではバスタオルを畳んで腰の下に入れるだけで、オリジナル腰枕の出来上がり!です。腰のどの部分にあてがえば心地よいか、厚さはどのくらいが適当か、自分にぴったりの状態を探ってみてください。低温やけどに充分注意して、タオルのなかにカイロを入れるのも効果的です。

オーソドックスなタイプでは腰の下に敷くパッド型がありますし、ポール状で中材に発砲ビーズポリスチレンが使われているものは厚みを調節できますので、少し平らにして腰に使ったりなど応用が効きます。大ヒット商品である「抱き枕」も腰枕の一種と考えてよいでしょう。

自分に合う腰枕の見つけ方

自分の骨格がどのような状態であるか、それによってどの程度の腰痛があるのかが、見つけ方の大きなポイントになります。腰枕はネットでも購入できますが、できれば寝具専門店を訪れて実際に使ってみて感覚を確認することをおすすめします。自分のからだのサイズに合う服を選ぶように、枕も充分に吟味して選びましょう。

ぐっすり眠るための効果的な使い方

ここでひとつ大切なことをお知らせしておきますね。あお向けになったとき、腰と床のあだにすきまがありますか?もしすきまがあったら、あなたの腰は「反っている」ことになります。

その場合は腰ではなくて、膝の下に枕をあてがって膝を立ててみてください。そうすると腰と床のすきまがなくなって楽になりませんか?しかしずっと膝を立てているのもしんどいですから、その場合は横向きに寝て抱き枕を使うのもよいでしょう。

まとめ

腰痛の悩みは起きて動いている昼間だけでなく、夜も続きます。腰痛のために夜中に何度も起きたり、朝の目覚めもすっきりしないとほんとうにつらいですね。からに合った枕を選ぶのはもはや常識ですが、首を支える枕だけでなく、腰を支える「腰枕」を使うことによって腰痛をやわらげ、良質の睡眠を得ることができます。

最後にもう一度、腰枕を活用する3つのポイントについてご紹介しておきますね。

  • どんなタイプの腰枕があるのか
  • 自分に合う腰枕の見つけ方
  • ぐっすり眠るためにの効果的な使い方

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。