自分の腰痛に合ったおすすめのコルセットの選び方

腰痛の男

一口に腰痛と言っても人それぞれ症状や重さが随分と違うものです。腰痛の種類によってもコルセットとゴムバンドどちらがいいのか、巻く位置は腰のどの位置に巻けばいいのかなどが変わってきます。

ここでは、コルセットが必要な場合に、どのような症状の時にどの位置にどのようなものを用いればいいのかを紹介しています。誤った思い込みで選んでしまう前に、自分の腰痛にとってどのコルセットをどのように使えばいいかをきちんと知っておきましょう。

スポンサーリンク

まずはコルセットについての知識を身につけよう

医師

コルセットは形や種類も様々ですし、症状で巻き方なども変わってきます。まずはその知識を身につけましょう。

コルセットの種類は大きく2つに分かれる

コルセットには傷めた部位によっておすすめといえる素材や形など様々なものがあります。幅広のものや柔らかいもの、脊椎を保護する固いものなど挙げだすときりがありませんが、その中でも大きく分けて次の2つに分けることができます。

伸縮性が高く腰の動きをサポートするタイプ
腰痛といっても左程普段から痛みを感じるわけではない場合などにはこのタイプを選ぶ場合が多いと言えるでしょう。伸縮性が高いものは腰回りの動きをサポートすることでその痛みを和らげ、日常生活の動きに合わせて骨盤のゆがみを矯正する働きがあります。

仕事や家事などでちょっと腰が重いなどといった場合、たいていの方はこのタイプのコルセットや症状によってはゴムバンドを使用することで改善してしまう方もいます。

安定性が高く腰への負担を軽減するタイプ
ぎっくり腰など少し動かしただけでも強い痛みを感じる場合には腰回りから背中にかけてきちんと支えてくれるものが必要になります。そのような場合には安定性が高く芯の入っているようなものを選ぶとよいとされています。

ただし、安定性の高いものをしても痛みが緩和されない場合には、動かさずに痛みのある部位を冷やし、きちんと医師に診断をしてもらった上で適切な処置をしてもらう必要があります。

素材などの種類で付ける位置や巻き方が違う

腰の動きをサポートする伸縮性タイプを使用する場合、腰骨よりやや下の部分に巻いていきます。付け心地や普段の動きに合わせて巻く強さや位置を微調整します。特に骨盤周りやお尻周辺の痛みの場合にはこの方法で巻くとよいとされており、幅広のタイプが適しているでしょう。

逆にこの方法で痛みが緩和されない場合は幅が狭いタイプで股関節を巻くような感じで付けるとよいでしょう。コルセットよりはゴムバンドなどが適していると言えます。

強い痛みで固めのものを巻く場合は、腰から背中下部までをサポートしてくれる大きなコルセットを使用しますが、芯で腰椎から脊椎にかけてしっかりとサポートするために腰骨から上にかけて巻くのが基本です。

自分の腰痛の原因からおすすめのコルセットを選ぼう

コルセットについての大まかな知識を得たうえで、腰痛の症状別におすすめのコルセットはどんなものかを紹介していきましょう。

ぎっくり腰・重度ヘルニアにおすすめのコルセット

ぎっくりなどの痛みが強い場合や重度のヘルニアの場合は基本的に腰を打が課さないようにします。痛みで動かすことさえできないと言い換えることもできますが、このような時はしっかりと固定できるものがいいでしょう。ベルトが2重に止められるようになっていて滑車構造といわれるタイプがおすすめです。

中度の腰痛・慢性的ヘルニアにおすすめのコルセット

重度用のものほど固定はされなくてもかまいませんが、椎間板や筋肉の動きを軽減するものがおすすめです。テーピングをした上にコルセットを使用する医師がいますが、2重ベルトタイプのコルセットがいいでしょう。

コルセットだけでは負担が気になるという方は、スパッツを着用してコルセットをすればテーピングを自分でする必要がなくなります。

軽い腰痛・再発防止におすすめのコルセット

軽度の場合に使用するタイプは腰痛を保護することより動きを補助し、骨盤周辺の歪みを矯正し、腰痛を予防する効果があるものが好ましいですので、伸縮性が高くソフトな素材を使っているものがおすすめです。

日常生活でのサポートにおすすめのコルセット

日常的にコルセットを使いたい場合、軽度の場合同様腰への負担を軽減するタイプがいいでしょう。ただ、介護職などで付けていることがわからないようにしたい場合、かなり薄手のものがありますので、そのようなタイプのコルセットがおすすめです。

最近は通気性が高く一日装着していても左程ムレないものもあります。痛みはほとんどないが再発が気になったり、仕事や家事でよく体を動かす方にはこのタイプがいいでしょう。

出産後・腰痛予防におすすめのコルセット

女性の場合、出産をすると骨盤が開きます。よく産後に体形が変わってしまうと言われていますが、これは骨盤が開いたまま周りの筋肉が固まってしまうことが原因と言われています。仙骨や腸骨の関節矯正や骨盤の引き締めには腰痛用のコルセットより骨盤サポートタイプのコルセットがおすすめです。場合によってはゴムベルトやバンドのほうが向いている場合もあります。

KONAMI 腰椎保護ベルト パワフルギア ワイドタイプL
コナミスポーツ&ライフ
売り上げランキング: 2,282

まとめ:おすすめコルセットで腰痛対策するポイント

症状や素材などの違いで異なるおすすめのコルセットを紹介してきましたが、もう一度ここでポイントをおさらいしましょう。

  • 痛みの強さや場所でコルセットの種類を選ぶ
  • 自分に合った素材のものを選ぶ
  • スパッツやゴムバンドなども視野に入れる

上手なコルセット選びをして、しっかり腰痛対策をして快適な日常を過ごしていただけるように心から祈らせていただき、おすすめコルセットの紹介とさせていただきます。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment