やっぱり必要?効果のある腰痛コルセットの口コミと評判

広告ロゴ
腰

慢性的な腰痛でも、軽度な物から重度なものまで色々あります。本人の我慢許容度によりますが、腰痛コルセットをしたほうが腰痛改善につながるとの報告もあります。今回は腰痛コルセットの効能と口コミについて調べてみました。

スポンサーリンク

腰痛コルセットを選ぶポイント

危険腰

コルセットとは、着るだけで、無理なく姿勢を正し、腰痛や背中の痛みを予防し、元気よく動くことを手助けするものです。ですが、中にはコルセットを着けていると、仕事や家事、座っていてる時に、足の付け根や腰骨に当たって痛い!という不満の声もあります。

腰痛コルセットを選ぶポイントは、しっかりとした素材で、腰痛をしっかりと予防できる設計のコルセットで、なおかつ、
快適に着ることができる着心地も考えたものがおすすめです。

①固定力

腰痛コルセットの最大のポイントとして、まずしっかりと腰を固定してくれるのか?気になりますよね。それは、コルセットの締める角度が斜めに成っているか?そういった設計になっているか?がポイントです。この角度が背中の自然なラインを保ちますので、腰痛予防に一番理想的といえます。

もう一点、外からの衝撃や腰椎のズレを防ぎ、腰痛を未然に予防、かがんだりひねったりという腰の自然な動きを、的確にサポートできる設計かどうかも重要です。

②着心地

コルセットは、慢性腰痛の方の場合、常時着けていることが多いと思います。そういった場合に、夏場ですと、素材によっては、ムレてしまい、それに伴い肌荒れが問題となっています。ですので、ムレない素材を使っているか?どうかがポイントです。

さらに、問題となっている装着時に、足の付け根等に当たってしまう点に関しても、骨盤・腰骨・腰椎に合わせてカットし、動きやすさを出す設計のものもあります。

③安心感

腰痛になる人が、同じような体型をしているとは限りませんので、どんな体型の人でも、しっかりと装着できるコルセットを選ぶことは大事です。ですので、ベルトのように成っている物がお勧めです。また、体型に合わせて、締め度合いを調整することができるかどうか?それにより、体にしっかりとフィットし、ずれにくくなります。

コルセットをした状態で、お腹への圧迫感や違和感が少しでもあると、それが逆に腰に負担を与える原因になります。そういったことが無いよう、違和感なく、装着後、快適に動ける物を選んでください。

腰痛コルセットの口コミ

「介護の仕事をしています。先日初めてぎっくり腰になり、つらい日々をすごしていました。コルセットをすぐ購入し、毎日つけて仕事をしています。腰の安定感があり、寒い日は保湿もあり手放せなくなりました。姿勢もとてもよくなり、周りの人たちから褒められます。母にもプレゼントしようと思います。ありがとうございました。」

「先日、父が荷物をしゃがんで持ち上げる際に、『ぎっくり腰』になりました。
普段の生活をする際にとても不自由そうなので、インターネットで商品を知り購入しました。(返品保証が付いていたので、特に安心しました。)
早速使用してみると、特にいすに座っているときも楽で、立ち上がるときも痛みも軽くなったと喜ばれました。」

「実際に数日ですが使ってみました。椎間板ヘルニアで病院で買ったコルセットを使っていて、立ったり座ったりするとすぐにずれてしまう事と、仕事中すぐに付け直す事も出来ずに痛くて困っていました。コルセットは合う合わないがあると思います。」

腰痛コルセットのメリット

腰痛コルセットを使用した口コミの中から、特に多かったメリットをご紹介しましょう。

①姿勢がよくなる。
②立つときが楽
③保温性がある
④痛みが軽減される

腰痛コルセットのデメリット

①ズレる
②蒸れる
③金具が当たって痛い
④伸びやすい

腰痛コルセットの選び方

・腰痛コルセットは、試着して選ぶ

できれば、数時間位歩いたり座ったりして、付け心地が試せると良いでしょう。サンプル品を試せたり、返品保証のある商品は安心です。オーダーで作る事もできます。

・腰痛コルセットは複数必要

腰痛コルセットを使用し始めると、ほぼ1日中つけている事になります。汗をかきますから、洗濯はまめにしないと、肌荒れの原因になります。最低2枚は用意しておくと良いでしょう。

・腰痛の種類で選ぶ

腰痛コルセットは、スポーツ用から、重度の病気用まで、5~6種類あります。病院によっては、医師が選んでくれる場合もあります。市販の物を買うときは、自分の腰痛の原因に合わせた商品を選ぶ事が大切です。

腰痛コルセットをした方が良い人

腰痛コルセットは坐骨神経痛や椎間板ヘルニアなどのヘルニアにも効果的な医療器具です。それ以外に、慢性的にデスクワークをしている人、重い荷物を運ぶ仕事の人は、普段から腰痛予防に腰痛コルセットをしておく事がおすすめです。

元々腰痛が出たり出なかったりする人は、力仕事をする際などにはぎっくり腰の予防などに腰痛コルセットを利用しましょう。腰に不安を覚える人は、腰痛コルセットを持ち歩き、必要に応じて装着するようにします。常に装着していると、筋肉が弱くなってしまい、反対に腰にとってよくありませんので、必要なときだけ装着するようにします。

ボディフレーム 腰用 ハードコルセット Mサイズ
中山式産業 (2012-08-24)
売り上げランキング: 8,573

まとめ

腰痛コルセットは、自分に合った物を選びましょう。できれば試着可能の商品や、返品保証付きがおすすめです。口コミを見る限り、付け心地が一番重要です。ズレたり、金具が当たって痛くないもので、通気性の良い商品がおすすめです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。