意外と知られていない腰痛と筋肉痛の違いにご注意

筋トレ

腰痛と筋肉痛の違い、意外と知られていないのではないかと思います。
慢性的な腰痛に悩まされていて、いろいろな病院で治療を繰り返してもちっとも治らない。これが治りにくい腰痛か、とあきらめている方が多いのではないでしょうか。

しかし、実はその腰痛、じつは「筋肉痛」かもしれませんよ。

専門医でもよく誤診をする筋肉痛と腰痛の違いについてご紹介します。

スポンサーリンク

腰痛と筋肉痛

腰のツボ

腰痛という言葉でみなさんは何を思い浮かべますでしょうか。

実は「腰痛」という言葉は病気を表す言葉ではなく症状を表す言葉なのです。腰痛と一言でいってもその内実は様々です。ぎっくり腰や慢性の腰痛、あるいは内蔵疾患からくる腰痛もあります。

こうした腰痛の中には大きく2つのものがあります。一つが腰の筋肉が痛む筋肉痛の系のもの。もうひとつが、骨が痛む椎間関節痛系のもの。また神経系の痛みなどもあり、それぞれの原因が異なるため、治療法も異なるのです。

ところが、実際には慢性的な腰痛を抱える方は、痛みがひどくなるたびに病院にいき、レントゲンなどをとって消炎鎮痛剤を処方されるだけということがよくあります。

慢性の腰痛持ちの方は、痛みが引かないからという理由で病院を変えながら鎮痛剤をもらい続ける方がいるのです。しかし、その腰痛は、実は「筋筋膜性腰痛」かもしれません。鎮痛剤が効果があるの神経痛で、鎮痛剤は一時的な痛み止めにしかありません。

神経痛と筋肉痛

神経痛による腰痛は「坐骨神経痛」と呼ばれるもので発生します。
坐骨神経痛の場合には、動かせなくなるような痛みがはしり、びりびりとしたしびれるような痛みが走ります。

腰痛は、慢性的なものであれ多くは筋肉痛によるものです。

このような、動かせないような痛みが走る腰痛は、ぎっくり腰等、急性腰痛の場合が多く、逆に、痛みを感じるものの、動かせる痛みの場合は筋肉痛の可能性があるのです。

筋肉痛と腰痛の見分け方

筋肉痛の場合には、「筋筋膜性腰痛」である場合が多いようです。
筋筋膜性腰痛は筋肉の損傷や過剰な負荷がかかることで起こる腰の筋肉のゆがみによって発生する腰痛で、慢性香すると、いつまでたっても回復しない症状を示すことになります。

この時に病院でかかるべきなのが「整形外科」です。整形外科では様々な検査をすることで、腰痛の原因を特定してくれますし、腰痛は原因がわかれば治療が比較的容易になります。

とはいうものの、筋筋膜性腰痛の場合には、筋肉の内側にある「トリガーポイント」と呼ばれる筋肉の痛みを感じる点を医師が見つけられるかどうかがけっこう難しく、画像検査や血液検査ではなかなか見つかりません。

トリガーポイントについては「腰痛を発生させる特異点「トリガーポイント」の痛みと対策」でもご紹介しましたので、御覧ください。

こうした点から、筋肉痛による腰痛の治療は難しいところがあり、結局医師にかかってもお薬をもらうだけということにもなります。

筋肉痛の治療

筋筋膜性腰痛の治療において重要なのが「とにかく運動をすること」です。運動不足が原因でなることが多く、また痛いからといって動かないと余計に筋肉がこわばってしまい痛みがましてしまうのです。

筋肉痛性の治療においては鍼灸や整体などに通うことも効果がありますが、運動不足の解消として一日30分程度のウォーキングをこころみるのがよいでしょう。

ストレッチも効果があります。痛みを感じる部分を動かすように心がけてみましょう。

痛みによる心理面の不調

痛みは心理面も影響しています。痛みを感じる場合には、通常脳内で痛みを抑える成分が分泌されることで、痛みを低減させるのですが、強いストレスや慢性的な痛みを感じている場合には、通常よりも痛みを強く感じることがあります。

通常ではあまりありませんが、痛みで動けない慢性的な腰痛持ちの方は「どうせ何をしても治らないし、動くと痛いから動きたくない」という心理状態になっていってしまうそうです。

そのような患者さんには「神経ブロック療法」と呼ばれる治療法が試みられることもあります。

しかし、いずれにせよ腰痛に特効薬はほとんどありません。

ALINCO(アルインコ) エクササイズフロアマット EXP150
ALINCO(アルインコ) (2012-04-05)
売り上げランキング: 27

まとめ:神経痛は動かず、筋肉痛は動いて治そう

腰痛は様々な原因や症状があり、簡単には完治しない病気としてしられています。
しかし、神経痛のようなつもりでいても、実はその腰痛の原因が筋肉痛であったということもよくあるようです。

神経痛は動かずに直し、筋肉痛は筋肉を動かすことで治療するのが重要です。

自分の腰痛の種類を的確に把握して腰痛を治すことが望ましいのです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment