腰痛の多くは筋肉による炎症?筋膜性腰痛の正体と対処法

筋トレ

現代人の7割から8割は腰痛による生活上の悩みがあると言われています。

腰痛の原因は様々ですが、骨から腰痛と筋肉からくる腰痛があることが知られています。
とくに筋肉の炎症による腰痛は非常につらいですよね。急性にせよ慢性にせよ、このような筋肉の炎症による腰痛が通常の腰痛の大半の原因とも言われています。

この記事では筋肉の炎症による腰痛の対処法や予防法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

筋肉の炎症による腰痛の種類とその対処法

腰痛の男

スポーツ中などに体を捻って激痛を感じる場合があると思います。あるいは、階段の昇り降りの最中に痛みを感じることもあるでしょう。このような突然なる腰痛を「急性腰痛」といいます。急性腰痛にも様々な種類のものがありますが、この中で一番多いのが「筋筋膜性腰痛」や「筋性腰痛症」と呼ばれる症状です。

筋筋膜性腰痛・筋性腰痛症

筋筋膜性腰痛とは「筋肉が損傷したり、過緊張を起こしたためになる腰痛」のことです。

つまり、筋肉組織が損傷したり、限度を超えて動いたりした場合に起こる症状なのですが、炎症を起こした場合には「ズキン」とした激しくするどい痛みを感じることがあるでyそう。

過緊張の場合には体が重くなり、動こうと思っても動けなくなってしまう場合があります。

このような痛みを直接感じるの「腰の筋肉」なのです。腰部には「脊柱起立筋」「腰方形筋」「広背筋」など、複数の筋肉が結節している腰部は、他の箇所に比べても過緊張になりやすく、組織が壊れやすい箇所になっています。

こうした 腰の筋肉は通常体をまっすぐに立たせる為に背の方向に緊張しているため、体を前に曲げた場合に痛みを感じることが多いようです。くしゃみや咳で前屈した時に腰痛が痛むもの有名でしょう。

急性の筋筋膜性腰痛によるぎっくり腰では、筋肉が発赤や熱感があって炎症をおこしているケースが多いと思います。

最初はたいしたことがなくても、時間が立つに連れて炎症が広がり、痛みが強くなってきます。とくに一度筋筋膜性腰痛を起こすと、同じ箇所で発症することが多くあります。
筋肉組織が減衰して、筋肉が硬くなり、慢性的な筋筋膜性腰痛になっていうことがあります。こうなると、極めて危険で、重たいものを持てなくなったり、歩くときの姿勢が崩れたりします。

とくに、慢性的な筋筋膜性腰痛が長期続くと、筋肉の緊張によって血液循環が阻害されて、腰の筋肉の酸素供給や老廃物の排出などがうまくいかなくなって筋肉痛が発生します。

腰部に重たいものがまとわりついていて、奥からじわじわと痛みが発生するような状態になっていきます。

筋肉の炎症をケアする治療法と予防法

筋筋膜性腰痛の治療法や予防法について書きます。
急性の筋筋膜性腰痛では筋肉の炎症が激しいので、それをおさめるのが重要です。一方で、慢性の場合には温めたり整体などでバランスを整えることで筋組織の安定を図るのが重要です。

急性の場合

急性の筋筋膜性腰痛にかかった場合、瞬間的に痛みと違和感を感じて動けなくなってしまいます。

周囲にいる人は、すぐに腰を露出し、筋組織の破壊や外出血の有無などを確認しましょう。
赤く腫れていて痛みがある場合、さらに時間を置くことで痛みがましてきます。

まずは氷を入れたビニール袋などで十分ほどの冷却をしましょう。水や冷湿布では温度が高過ぎると言われます。

冷却中や冷却後はテーピングなどで固定し安静にしましょう。腰を動かすと肉離れを起こす可能性もあります。まずは炎症を治めるようにするのがよいでしょう。そのまま痛みが引くまで待ちます。

慢性の場合

慢性化した腰痛は、日常生活での歩き方や姿勢あるいは急性腰痛が「癖」になってしまうことで発生します。

慢性化した場合には、定期的な検診をうけたり、鍼灸や整体も効果があります。腰部の痛い部分には血栓などができてる場合がありますので押すと「痛気持ちいい」感じがあると思います。

とにかくマッサージや運動によって血液循環を促したり、筋肉の柔軟性を高めたりすることが重要です。運動不足によって悪化することが知られていますので、炎症がないようであれば無理をしない範囲で積極的に運動をするのもよいでしょう。

KONAMI 腰椎保護ベルト パワフルギア ワイドタイプL
コナミスポーツ&ライフ
売り上げランキング: 483

まとめ:筋肉の炎症を抑えて治療しよう。

腰痛の大半は筋筋膜性腰痛・筋性腰痛症と呼ばれる腰の筋肉の炎症による腰痛です。急性腰痛の場合には炎症を多く発症します。

腰痛の炎症をおさえるためには、まず冷却が必要です。そして固定と安静が重要です。

腰痛を抑えるためには様々なグッズを使うのも効果的ですし、炎症を抑えるテクニックも様々にあります。また「腰痛の原因、腰の筋肉の炎症を抑えるためのテクニック」も合わせてご参照ください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment