腰痛の原因になる尿管結石や腎臓結石の簡単な検査方法

石

腰痛と腹痛が一緒にやってきて、ちゃんと休養もとってるのに全然良くならない。
しかも体調が悪くてたまらない。

こんな時、もしかしたらその腰痛は尿管結石等による可能性があります。

結石での腰痛は検査方法も治療方法も若干他と異なりますので、注意して対処する必要があるのです。

この記事では、尿管結石や腎臓結石による腰痛についてご説明いたします。

スポンサーリンク

尿管結石等による腰痛

医者

尿管結石などによる腰痛は、症状上はほかの腰痛とあまり変わりがありません。普通に生活している範囲では、「腰に疲れがたまってるのかな」と思う程度の腰痛であり、腰の痛み、特に慢性腰痛の症状によく似ています。

従って、マッサージや鍼灸、あるいは整形外科などでの治療を試みるケースが多いのですが、ほとんどよくならないということもあるようです。

尿管結石だけではなく、腎臓結石の場合でも痛みが発生することがあります。腰痛と腹痛がくる事がありますが、それも特に大きな違いがないため、少しでも腰痛に「おかしいな」と感じることがあったら結石による腰痛を疑ってみるのが良いでしょう。

尿管結石の症状

尿管結石とは、尿路に結石ができてしまうことによって内部組織を傷つけてしまう病気です。腎臓から落ちた結石が尿管につまる場合もあります。どちらも突然に起き、非常な痛みを感じるということです。

痛みを覚えた日時を明確に覚えているほどの強い痛みを感じることが特徴です。トイレになんども通うことで自然に結石が剥離することありますが、慢性化すると尿管を完全には塞いでいない結石がある「慢性尿管結石症」になることもあります。この症状になると、慢性的に腎臓が腫れている状態になり、痛みを感じますが、それは鈍い痛みで、腰が重たくなるような痛みを感じることがおおいようです。

また、関連痛があらわれるのも尿管結石の怖いところです。背中を中心とする痛みががあり、おしりから太ももの内側へと広がるような痛みを感じることがあるでしょう。男性では陰のうが痛むことがあります。

波紋のように痛みの範囲が広がっていくことが多いのですが、腎臓には神経がないため、腎臓から来ている痛みだということを自覚するのは非常に難しいのです

尿管結石の検査や診断法

尿管結石の疑いがある場合には、以下の様な検査方法がとられます。

  • 尿検査
  • 超音波検査
  • レントゲン検査
  • CTスキャン

このような検査をみれば大体は大丈夫です。結石は、シュウ酸カルシウム結石であることが多いので、レントゲンに移ります。単純写真だけであってもレントゲンをとるのがよいでしょう。

自分でもできる尿管結石の検査方法

整体師などが行う尿管結石の診療方法は、まず握りこぶしを軽くつくり、尿管結石の可能性がある人を座らせます。作った握りこぶしで腰の真ん中あたりを、ちょっと軽く叩いてみます。

この衝撃で腰が痛む場合には、尿管結石の疑いありとかんがえられるのです。
尿管結石ほかに、尿管結石が疑われる時は以下の症状があります。

  • 尿に血が交じる
  • 発熱があったり、尿に濁りがある
  • 腹部に発作的な痛みを感じる

腎臓などに結石があっても、腎臓には痛みを感じる神経がないためその周辺が痛むことがあります。特に発作的な痛みがある場合には、腎臓が腫れあがってしまう「水腎症」といわれるものになっているかもしれません。

また、血尿にはいくつか種類があります。明らかに血が混じっている場合には危険ですが、実は顕微鏡でみなければわからないほど僅かな血尿がある場合もあります。いずれにせよ、きちんと専門医の診療を受けたほうが安心です。

尿管結石と腰痛の治療

尿管結石が5ミリ以下であれば自然排出が可能であるといわれます。まず、普段よりも多めの水分補給を行いましょう。常に水分を補給し続けることが重要ですが、利尿作用のある杜仲茶やコーヒー、ビールなどを飲むこともとてもよいと言われています。

薬物治療も行われます。排医師促進剤などの薬を用いることで、尿管結石の排出を促すことができます。

あとは適度な運動も必要です。尿管は蠕動が小さい場所ですので、体を動かすことで、尿管結石の排出を促すことができます。

それから、腎臓に負担がかかるような過度の飲酒や不健康な生活を行わないようにしましょう。カルシウムを溶かす効果があるお酢などを使った料理を取ることで、症状が改善されることがある場合もあります。

体内結石が消える!―胆石・腎臓結石が飲むだけで溶け出す!!
松山 家昌
ぶんぶん書房
売り上げランキング: 59,125

まとめ:腰痛は結石のサインかもしれません

尿管結石等による腰痛は、普通の腰痛とほとんど差がなく気づかない場合も多々あります。重要なのは腰痛と侮らず、自分の生活を反省しながら、適切な専門医にかかることです。

簡単な検査を行なった上で「もしかしたら」と思ったら早めに治療にかかりましょう。また、尿管結石になる前の段階から予防ができればそれにこしたことはありません。尿管結石になると激痛が走る場合があります。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment