腰痛でお悩みの方におすすめの椅子の選び方の4つのポイント

イス

 

椅子ってどうでもよさそうで、実はとても大事なものです。特にデスクワークについている人は、一日の大半を椅子に座っているわけです。椅子が悪いと腰やお尻が痛くなりますよね。椅子なんかにお金はかけられないという声をよく耳にしますが、いやいや椅子は大事です。自分に合った椅子を選べば元は取れるはずです。しかし何を基準に選べばいいのか迷ってしまいますよね。

こちらでは、腰痛対策としてオススメの椅子選びのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク


まずは姿勢から

腰痛の原因

イス

デスクワークなどの長時間前のめりの姿勢が続くと、手先から肩にかけて力が入りやすく、前傾姿勢を伴い身体が丸まりやすいです。さらに椅子の高さが低ければ低いほど腰が丸くなりやすく、腰に負担をかけやすいのです。その際に座面や背もたれの反発力が高いと、不良姿勢に追い討ちをかけるように圧がお尻から腰、肩に伝わり、慢性的な腰痛・肩こりを引き起こすのです。不良姿勢が続くことで身体全体の緊張も高くなり、身体が強張ってしまうのです。

腰に優しい居座り方

腰をいたわる座り方=正しい姿勢で座ること、です。背筋を伸ばし、骨盤が起き上がっている状態。骨盤の後ろ側が、下へ沈み込むような座り方こそ腰痛を招く最悪な座り方です。

骨盤をしっかり起こして背筋を伸ばして座る方法があります。まず、椅子の座面を前傾にする、ということ。今の椅子で簡単に再現するには折り畳んだバスタオルを座面の後ろ半分だけにのせてみてください。やってみるとシャキッと背筋が伸びて骨盤も起きてくるはずです。

椅子と姿勢

あなた自身の姿勢にはどんなくせがあるのか。以下からあなたの座り方をチェックしてみてください。

猫背座り
画面にのめり込むように背中が丸く前肩になって座っている。

この座り方で現れる主な症状:腰痛、胃腸の不調、便秘、生理痛、ストレートネック 等

背中座り
背中に重心を置いて座っている。腰が丸くなっているケースが多い。

この座り方で現れる主な症状:腰痛、首痛や肩こり、腕のしびれ、ストレートネック等

チョコン座り
椅子に浅く、ちょこんと座り、背もたれと背中にかなり距離がある。

この座り方で現れる主な症状:腰痛、背痛、足のむくみ、反り腰 等

ボディースリップ座り
片ひじやほおづえをついてバランスをとっている。

この座り方で現れる主な症状:腰痛、肩こり、足のむくみ、股関節痛、骨盤のゆがみ 等

スフィンクス座り
背中は真っ直ぐだけど上体が前傾。肩が上がっている。

この座り方で現れる主な症状:頭痛、肩こり、首こり、腕や肩の痛み 等

椅子を選ぼう

椅子を選ぶ際には試しに座ってみることが大事です。家具店などで試させてもらいましょう。以下にその際のポイントをお教えします。

1.自分の体重で座面がへこまず、座面が前斜している事。これは骨盤が斜めにならないための条件です。

2.座面は硬いほうがいい。腰痛持ちの人は、骨盤にズレなどがある場合が多く、座面が柔らかいと一点に体重が集中してしまいます。しかし体重がかかった際に反発が強いと負担がかかりますから、低反発な素材で、圧が分散できると良いでしょう。

3.頭を支えられる背もたれがあること。椅子の背もたれから頭が離れると、頭の重さを背骨が長時間支えなくてはいけなくなりますが、背もたれが高いと、背もたれで頭の重さを支える事ができて腰に掛かる負担が少なくなります。

4.肘掛けがあること。
長時間のデスクワークをする場合、アームレストがある方が望ましいです。パソコン使用での作業時に腕を支えてキーボードの打鍵を楽にしたり、手首や肘の障害を軽減する役割も担います。

オススメの椅子

定評のある3つの椅子をご紹介します。

特許を取得したポスチャーフィット。背中の痛みや腰部の原因にもなる猫背を、背筋をS字カーブにすることで正す調節可能な背中下部のサポートシステム。背もたれの下部と骨盤との隙間を埋めることで、背骨のカーブを正しくキープ。一日中健康的な姿勢を保ち、働く時間をもっと快適なものにします。定番の一品。

アーロンチェア ポスチャーフィットフル装備 グラファイト/クラシック Bサイズ AE113AWBPJG1BBBK3D01
HermanMiller (ハーマンミラー) (2007-08-22)
売り上げランキング: 8,503

アーユルチェアーは、「座面が2つに割れている」「後傾山型座面」 という、これまでの椅子には全く見られなかった、2つの大きな特徴を持っています。この2つの特徴により、お尻全体ではなく、“坐骨”で座ることができます。脚を開き、またいで座ることにより、腰が立ち、自然に背筋が伸びた、正しい姿勢で座ることができるのです。

背中、座面が二面に分かれていることにより腰への負担を緩和してくれる、特に腰痛でお悩みの方に効果発揮!座り続けることで大きな効果が期待できる医学的にも証明された椅子です。

まとめ:椅子は腰痛に直結する!

椅子に座ること自体が腰に大きな負担をかける行為です。そして姿勢の悪さがそれに追い打ちをかけて腰痛が起きます。良い椅子は骨盤をしっかり起こして背筋を伸ばして座る正しい姿勢を持続できます。では、椅子選びのポイントをおさらいしておきましょう。

椅子選びのポイント

  • 体重で座面がへこまず、座面が前斜している
  • 座面は硬いほうがいい
  • 頭を支えられる背もたれがある
  • 肘掛けがある

このポイントを押さえて家具店でいろいろ試して、あなたに合った椅子で腰痛を解消してくださいね。もちろん、腹筋も鍛えましょう!

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment