腰痛と飲酒の怖い関係!腰痛が飲酒で悪化する3つの理由

宴会男

なかなか腰痛が良くならないなぁと感じる方は、飲酒の習慣がありませんか?実は、腰痛と飲酒には深い関係があります。腰痛のタイプによっては、飲酒後に痛みが強くなる人が多いそうです。

また、普段は腰痛はないのに、連日の飲酒を続けていたら腰痛が出てしまったという人もいらっしゃるそうです。慢性化した腰痛がありながら、飲酒を習慣として続けていると、あまりにも日常的なその二つの因果関係に気が付かず、腰痛だけが「なぜか」悪化すると思う人もいらっしゃるかもしれません。腰痛が悪化する原因となる飲酒との関係について3つの理由でお伝えしましょう。

スポンサーリンク

つらい腰痛は、飲酒を控えると楽になる?

医師

慢性的に腰痛がある人にとっては、できるだけ痛みを起こさないような生活をされているのではないかと思います。腰に負担をかけない事や、普段から運動を行うなどの身体を使って、腰痛改善や予防策を考えている人がほとんどです。しかし、食事によっても腰痛が悪化することがあり、関連に気づかなければ何と対策もされないまま悪化してしまうことになります。特に、飲酒は腰痛と大きく関係しています。ストレス解消のつもりで飲酒していると、感覚がマヒして腰痛も忘れさせてくれます。酔っている間は腰痛も感じないので、お酒で腰痛をごまかすというツワモノもいらっしゃるかもしれません。そんなことを続けていたら、腰痛は悪化するばかり。

なかなか腰痛が改善しないなぁと感じていたら、しばらく飲酒を控えてみてください。その他の健康効果も高まりますし、お財布にも優しい腰痛改善法です。

腰痛が飲酒で悪化する3つの理由とは

腰痛を悪化させるので飲酒を控えましょうとお伝えしても、お酒好きの人は納得しないかもしれません。改めて、飲酒が腰痛を悪化させてしまう理由を詳しくご説明しましょう。

腰痛を悪化する飲酒の影響その1:炎症を増悪させる

筋肉疲労など熱を帯びているような腰痛の場合、炎症が原因の場合が多いようです。炎症による腰痛は飲酒によって悪化しやすくなります。

炎症というのは、何らかの刺激が起こった場所の血管が拡張することで、腫れたり熱を帯びている状態です。その場所を修復しようとして、血液がどんどん集まってきます。そのような炎症が起こっている時に飲酒を行うと、一時的に血流が良くなり、更に血液が集まってしまい腫れが悪化します。

また、アルコールは代謝の過程で、体内に毒素が増えてしまいます。アルコールの解毒を行うのが肝臓の仕事で、飲酒によって肝臓疾患が起こりやすいのはそのためです。飲酒で体内の毒素が増えると、その毒素を排除するために血液中の白血球が増えます。免疫機能を持つ白血球は、毒素やウイルスなどを攻撃し、治癒させようとする働きがあります。腰痛に限らず、炎症を起こしている部分にも働きかけるため、内部からの刺激が増えることで痛みや腫れをひどくしてしまうのです。腰痛の慢性化は、炎症の慢性化でもあります。飲酒の刺激があるたびに、悪化する刺激を送っていることを自覚しましょう。

腰痛を悪化する飲酒の影響その2:内臓疾患からの腰痛を起こしやすい

内臓の不調が腰痛として出ることがあります。内臓に負担がかかってしまう飲酒は、腰痛を悪化させてしまうことになります。

腰痛を起こす内臓疾患はいくつもあり、背中側にある腎臓の不調でも腰痛が起こりやすくなります。他にも、十二指腸潰瘍や盲腸、結石、肝臓の不調によるものなど、原因は様々です。大きな内臓疾患でなくても、胃炎などでも腰痛は起こります。内臓は筋肉で作られている物であり、その筋肉は腰にもつながっているからです。

普段の食生活などで、肝臓や腎臓、胃に負担が大きい場合、腰痛も出やすいようです。すでに内臓が弱っているところに、飲酒を行えば、身体の負担はますます大きくなります。そうして、知らないうちに腰痛を起こすような内臓疾患になっていることもあるのです。最初は筋肉疲労による腰痛だったとしても、気が付けば内臓疾患から起こっていたということもあり得ます。飲酒で腰痛が悪化する場合は、一度総合内科での受診もお勧めします。

腰痛を悪化する飲酒の影響その3:冷えによる腰痛の悪化

腰痛を悪化させやすい原因の一つが冷えです。血流を低下させ、血管が収縮してしまうことで患部の治りが遅くなります。飲酒をすると、飲んだすぐは身体が熱くなり、一時的に体温が上がります。急激に上がった体温を落ち着かせるために、今度は放熱をはじめます。こうした機能のために体温が低下し、体温を維持する働きも低下してしまうのです。飲酒後に冷えを感じる人は、腰痛を悪化しやすいタイプとなりますので、注意しておきましょう。

KONAMI 腰椎保護ベルト パワフルギア ワイドタイプL
コナミスポーツ&ライフ
売り上げランキング: 1,235

まとめ

腰痛の原因は様々ありますが、身体はそれを治そうとしています。飲酒が続いてしまうと、炎症が悪化し、内臓に負担をかけ、冷えを起こしてしまい、自力で治癒しようとするのを妨げることになります。飲酒はストレス解消効果よりも、身体への負担の方が大きいのが事実です。たまの飲酒を楽しむのは良いことですが、腰痛がある方はできるだけ控えることをお勧めします。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment