腰痛と不正出血の深い関連性

勉強する女性

月経の周期で様々な変化が起きる情勢の体はとてもデリケートなものです。ちょっとした生活習慣の乱れやストレスが原因で色々の症状を引き起こすのは、女性特有の悩みの一つですね。

このようなことがあると不正出血を引き起こす場合がありますが、加えて腰痛を発症する場合には何らかの疾患を患っている可能性があるという事をご存知でしょうか?

今回は、腰痛と不正出血が同時にみられる場合に考えられる疾患について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

なぜ同時に発症するのか

まずは、腰痛と不正出血が同時に発症する原因として考えられる疾患を見ていきましょう。

子宮内膜症

うずくまる女性

子宮は月経の周期ごとにその組織を新しく作り直しています。妊娠に備えて子宮は受精した卵子を迎え入れる状態を作ります。受精期に妊娠がないと、子宮は作り上げた環境を一度元に戻すため、その組織を一度壊し、新たに環境を作るようにします。いわゆる生理というものです。この時に出てくる下り物が、通常の生理時の出血です。

この子宮の修復時には内膜を増殖させて子宮を元の状態に戻す働きがありますが、この時に本来の場所ではないところに内膜が増殖すると内膜症になることがあります。この内膜症によって引き起こされるのが月経以外の時の出血と、出血に伴う腰痛すなわち腰痛です。

この場合に発症する腰痛はストレッチなどの運動療法で解消することはできません。内因性の原因が腰痛を引き起こしていますので、根本的に子宮の症状を解消しなければなりません。

症状が悪化すると月経時の痛みや出血量が増えたり、日常でもお腹に痛みを感じるようになったりします。

子宮がん

内膜症がさらに悪化したり、それ以外の原因によって子宮がガンに侵されると腰痛と不正出血を同時に発症するようになります。

子宮がんでの不正出血は割と初期症状として見られることが多いので、早期に治療を始めることでその後の経過が大きく変わってくるという事が挙げられます。

ホルモンバランスの変化

上記の二つの疾患以外にも、常に変化し続けるホルモンバランスの影響で不正出血がみられる場合があります。この場合、更年期を迎えた婦人やまだ生殖器が発達しきっていない児童にその上場がみられることが多いことがわかっています。ホルモンバランスの変化に子宮が対応しきれない為に月経時以外での出血が起こると言われています。

このようなケースにも同時にひき起こる症状に腰痛を発症する人が大変多いです。上記の二つの疾患もそうですが、子宮に関わる症状は関連痛として腰痛を引き起こしやすいという事が言えます。

疾患を早く解消するために

上記に紹介してきた疾患は、早期に治療を始めることができればその分処置も軽くて済みますし、その後の経過も随分と違ってきます。

特に子宮がんは長い間気づかずに放ってしまうと、いずれは重大な事態になりかねません。最悪の場合、子宮の摘出を余儀なくされたり、卵巣に手にした場合には卵巣摘出をしなければならなくなってしまいます。そうなってしまうと、妊娠できなくなってしまうという実に切ないことになってしまいます。そうならないためにもいち早くこれらの疾患に対処することが大切になってきます。

では、これらの疾患を早く見つけるためにはどうしたらいいのでしょうか?ここからは腰痛と不正出血の原因を見極めるためにどのような事に気をつければいいのかを見ていきましょう。

二つの症状が出たらすぐに診察を

子宮がんや子宮内膜症でないことに越したことはありません。まずはその原因が軽度のものであることを確認するためにもこの症状があったらすぐに病院で診察してもらうようにしましょう。

診察してもらって心配するような原因ではなかったとなれば、それはそれで診察した買いがあったというものです。また、重大な症状を引き起こしているという事がわかったのであれば、それもなるべく早い方が望ましいことです。

受診には不安がつきものですが、大切な体のことですのですぐに診察してもらいましょう。

他の症状にも気を付ける

何らかの疾患を患っている場合には、腰痛と不正出血以外にも症状がみられる場合があります。

その症状はお腹の痛みであったり、便秘が続くと言ったことであったり、肌に現れたりと人それぞれ随分と違います。腰痛や不正出血以外のこれらの症状が気になったら、そのような場合にも一度診察を受けることをお勧めします。

女性の場合、仕事から離れて専業主婦になっているとついつい健康診断からも遠ざかってしまいがちです。職場では定期的に受けていた健康診断を何年か受けずにいるうちに思わぬところに疾患を抱えてしまって気づかずに過ごしている場合もないとは言い切れないものです。

自分が健康であるという確認のためにも定期的に健康診断を受けるようにし、何か気にかかる症状があれば速やかに診察を受けるように心がけておきましょう。

ALINCO(アルインコ)  エクササイズ フロアマット 厚さ 9mm EXP150
ALINCO(アルインコ) (2012-04-05)
売り上げランキング: 71

まとめ:悪化させないためにも早めの診察を

腰痛と不正出血が同時に発症する場合に考えられるケースには人生を変えかねない重大な疾患もあります。このような疾患でもなるべく早い段階で発見することでその後の経過は大きく異なるものです。

腰痛と不正出血が見られた場合はもちろん、それ以外の症状が気になった場合でも一度早めの診察を受けて、健康な体を取り戻せるように心がけておくことが大切だという事を覚えておきましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment