骨からくる腰痛の症状とその対処法

骨

骨の変形や変性に伴う腰痛は、筋肉を原因とする腰痛と並んで非常に痛みが強いものです。
椎間板ヘルニアや脊椎症といった症状は名前だけでも聞いたことがあるでしょう。

脊椎や腰椎といった骨からくる腰痛については、通常の腰痛と異なり、しびれなどの症状も発生してしまいます。

こうした腰痛についての対処法についてこの記事ではご紹介いたします。

スポンサーリンク

腰椎症の恐怖

朝の海

加齢とともに、筋肉だけではなく骨も老化が進みます。もっとも変化が起こりやすいのが椎間板と呼ばれる場所です。椎間板は背骨を構成するたくさんの骨の間にある軟骨で、非常に水分を多く保有しています。背骨が変形する際に、この椎間板がクッションの役割をして、力が加わって潰れたり変形したりするのです。

そして、前屈なり後屈なり、体を動かしたさいに、この椎間板がつぶれ、髄核が飛び出て神経を圧迫すると椎間板ヘルニアとなります。

椎間板が潰れると、上下の骨同士がぶつかって、関節がすり減り、尖ったりしてきます。このような尖った背骨のことを「骨棘」と呼びます。この状態がつづくと「脊柱管狭窄症」になってしまいます。このように、骨だけをとっても椎間板をはじめ多くの部分に異変がおきてしまうのです。これが椎間板ヘルニアの恐ろしいところです。

椎間板ヘルニアになると絶対安静の姿勢のまますごさなければなりません。座るだけでも痛むため、杖を突いて歩くことになります。近年では、ごく短時間のレーザー照射によって症状を緩和する手術なども登場しており、大分治療が楽になったとはいえ、放置してよいものではありません。

また、背骨の変形によって姿勢が悪くなるため、体を動かせなくなる箇所ができたり、姿勢が悪化したりしてしまいます。

その他の腰椎症

「腰椎分離すべり症、変性すべり症」といった症状があります。腰の骨の一部に亀裂が入ったり、関節がゆるむことで骨ずれが起こる状態をいいます。分離すべり症は若い人に、変性すべり症は高齢者に多くみられます。治療が可能ですが、痛みます。

「腰部脊柱管狭窄症」は、腰の神経の通り道が様々な要因で狭くなった状態をいいます。高齢者におおい病気ですが、腰痛よりも、腰から脊椎に関するしびれを感じることが多いと思います。前かがみなると症状がかるくなるため、どんどん前かがみの姿勢になってしまいます。自転車は乗れるけれど、歩くのが難しい、といった症状になることがあります。

「脊椎腫瘍」があります。稀な病気ですが、背骨やその中にある神経に腫瘍ができてしまう病気です。足がしびれたり、力がはいらなくなったりと様々な症状が出てきますが、初期症状は腰痛です。MRIにより診断が可能ですが、自己診断は難しいと思われます。腫瘍によっては早めの治療が必要な場合があり、慢性的なものになると手が付けられません。

他にも、様々なものが腰痛と背骨との関係のなかで病気として認定されます。

骨と腰痛との関係を改善するためのテクニック

それでは、このような腰痛はどのようにして予防し、治療したらよいのでしょうか。

一番はまずカルシウムとビタミンDを適正にとることです。上にはあげませんでしたが、腰痛の原因になる「骨粗しょう症」を防ぐことが大事なのです。骨粗しょう症は骨がスカスカになってしまう病気で、高齢者や更年期の女性に多い症状です。

そして、姿勢の制御も重要です。姿勢を改善し、腰痛体操などを積極的にとりいれましょう。また、肥満や腹部への負担(重いものをもったり、長時間同じ姿勢でいること)、骨を弱らせる喫煙なども控えましょう。

腰骨への負担を減らすために腰の筋肉を付けることも重要です。腰は非常に複雑な組成をもっており、筋肉はバランスよく鍛えることが必要です。

治療には、コルセットやリハビリ、高圧酸素療法、手術などがありますが、万人に痛痒するものはありません。痛みが激しい時は痛み止めをのむと痛みが一時的に引きますが、決定的な治療にはならないことも多いでしょう。

様々な治療法を組み合わせて少しずつ治療をしていくことになると思いますが、専門医の診断やアドバイスをうけて治療を展開していくことが無難でしょう。

KONAMI 腰椎保護ベルト パワフルギア ワイドタイプL
コナミスポーツ&ライフ
売り上げランキング: 1,228

まとめ:骨からくる腰痛を抑えるには栄養補給と姿勢の改善

骨からくる腰痛も少なくありません。とくに神経を圧迫するような場合もあり、加齢とともに弱ってきす。

骨からくる腰痛を抑えるためには、適切な治療と、栄養補給がかかせません。また、正しい姿勢でいることで大分楽になります。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment