Home / 健康 / 健康全般 / 腰痛 / 腰痛と頻尿、二つの症状が同時に起こる病気の種類
トイレ
トイレ

腰痛と頻尿、二つの症状が同時に起こる病気の種類

トイレ

日常生活を送る中で、腰痛を抱えるとなかなか思い道理に動けなくなりつらい思いをすることがあります。度重なる頻尿もまた、物事に集中して取り組めなくなるなど日常に大きな影響を与えてしまいます。

この二つの症状を併発する病気とは一体どんなものなのでしょうか?今回はこの二つの症状について考えられる病気とその対処方法を紹介していきましょう。

スポンサーリンク

腰痛と頻尿が同時に起きる病気とは?

膝痛

この二つの症状が同時に現れるとしたら、最もかんがえられる病名は尿管結石です。つまり、この場合の腰痛は腰の関節などからくるものではなく、臓器からの関連痛で発症しているものだという事がわかります。まずはこの尿管結石について説明していきましょう。

尿管結石はどんな病気なのか

尿管結石になると、自覚症状は大変重く、その痛みは激痛に例えられます。中には痛みで失神してしまうケースもあるほどです。

普段から人の体の中には結石がありますが、大抵の場合は輸尿管の直径に満たないものばかりで全く気付かないうちにちゃんと排泄できてしまうものですが、稀に輸尿管の直径と同じもしくは大きいものができてしまうことがあります。これが激しい痛みのもとになっていきます。

結石が大きいと当然輸尿管に詰まって引っ掛かり、結石のある位置から腎臓に至るまでの圧力が高まり激痛が発生します。また、結石が輸尿管を傷つけながら移動することで、輸尿管にも痛みを感じるようになります。これも激痛の原因になります。

尿の成分にはカルシウムなどのミネラル分が多く含まれるため、その排泄が上手くいかないと徐々に固まり石のようになります。よくお手洗いの便器についた汚れを放置すると固まって取れなくなると言いますが、これは排泄されたミネラル成分などが石化してしまうことで便器にこびりついて落ちなくなるという事です。

腰痛と頻尿からでは、一般の人が尿管結石だという判断に至ることはなかなかできませんので、つい腰の関節や神経に原因があると考え、根本的な治療がなされない為に結石が輸尿管を傷つけすぎてしまうことでやがては血尿が出るようになります。このときになって、初めて結石が原因だとわかる人も多いのが事実です。

尿管結石が引き起こす症状

尿管結石によって引き起こされる症状の大きなものは、やはり腰痛と頻尿や残尿感でしょう。腰痛以外にもわき腹や背中に至るまで激痛を感じる人もいます。また、腎臓を圧迫することで機能が低下し、代謝能力が衰えることから体の様々な場所に不調を感じる場合があります。そのために膀胱炎を併発したり、強い吐き気を感じ時には嘔吐を繰り返す人もいます。

具体的な治療方法と発症を防ぐためのポイント

これまで述べてきたように症状が出ると大変つらい思いをするのが尿管結石ですが、医学的に尿管結石が原因で命にかかわることはないと言われています。早い段階で病院に行き、治療を始めることが肝心です。

では、どのような治療方法があるのか、また結石を発症しない為に普段からできることは何かを説明していきましょう。

尿管結石の治療方法

尿管結石は、結石の大きさや症状の重さで段階的な治療が施されます。比較的軽い治療方法から見ていきましょう。

投薬治療
結石の大きさが比較的小さい場合、自然排出を促すために水分を多く摂取し、鎮痛剤と利尿剤を服用して経過を見る場合があります。手術をするほどではない場合や自然排泄が期待できる場合にはこの治療方法をとることが多いです。

海外では古代から薬草による治療方法が根付いている地域もあり、生活習慣で改善できるケースもあるという例を示しています。

体外からの衝撃波による結石破砕治療
投薬治療に続き、体に負担の少ない治療方法の一つとして確立されている治療方法です。音波による衝撃波を結石に集中させて結石を細かく砕いて砂状にし、尿と一緒に排泄させる治療方法で、この技術が確立してからは手術の頻度は激減しています。

経尿道による結石破砕治療
上記の方法では結石を取り除けないような大きな結石を破砕するのにつかわれる治療方法がこれになります。全身麻酔あるいは脊柱下半身麻酔で、尿道から結石までワイヤーを挿入し、尿管鏡を使って結石を確認しながら衝撃波やレーザーなどで結石を細かく砕きます。

体を切開せずにできる治療方法としては負担が軽度ですみますが、麻酔を用いて治療器具を体内に挿入するという意味で体外からの衝撃波治療では困難な場合にのみこの方法を使って治療することがあります。

切開手術による治療
何らかの理由で上記の方法がどれも困難な場合、最終的に切開手術での治療方法となりますが、先ほども述べたように最近では上記の方法でほとんどの結石治療ができてしまうようになり、このような手術をすることは珍しくなってきています。何より早期に発見し治療を始めることで、その運だけ体に負担のかからない治療方法をとることができます。

発症を防ぐためのポイント

生活習慣病の一つに挙げられる尿管結石はある程度日常生活で防ぐことができると考えられています。日常どのようなことに気をつければよいのかそのポイントを紹介していきましょう。

とにかく水分を摂取する
頻尿でトイレに行く回数を減らすために水分の補給を押さえてしまうと、結石を大きくさせたりして逆効果になってしまいます。水分を多く摂取することで結石が小さいうちに自然排泄したり、特に就寝時の水分不足での結石の発生や成長を抑制するためにはまず水分をしっかりと摂取することが第一です。

ただし、水分の補給は水・お茶・ほうじ茶で摂取するようにして下さい。コーヒー・紅茶・一般的にジュースと分類される飲料・アルコールでの水分の摂取は逆効果になります。

栄養素を過剰摂取しない
バランスのとれた食事を心がけるというのは、様々な病気を発症しないための大切な生活習慣の一つです。尿管結石も例外ではなく、カルシウムやシュウ酸の摂取量が増えると結石のリスクを高めることになります。最近はたくさんの種類のサプリメントや栄養補助食品などが販売されていますが、必ず容量を守りましょう。

糖分の摂取は炭水化物から
穀物から摂取する糖分と、砂糖やブドウ糖などから摂取すると腕の違いは広く一般的に知られてきています。尿管結石においては穀物から摂取した糖分より砂糖などからの糖分の摂取が増えると尿中に排泄されるカルシウムなど結石を形成してしまう物質が増えてしまうという点があります。

どうしても甘いものが我慢できないのなら、なるべく焼き芋などの穀物でカバーしましょう。

KONAMI 腰椎保護ベルト パワフルギア ワイドタイプL
コナミスポーツ&ライフ
売り上げランキング: 2,399

まとめ:腰痛と頻尿は尿管結石の可能性アリ

これまでの説明で、腰痛と頻尿を併発していたら尿管結石の可能性が高いという事がわかりました。しかし、尿管結石は命を奪うような病気ではありませんし、生活習慣で予防することもできます。

これまでの説明をしっかりと覚えて、腰の痛みを解消し、気にせずにトイレに行けるような快適な日常を過ごせるようにしていきたいものです。

スポンサーリンク

Check Also

運動

妊娠中の腰痛でお悩みの妊婦さんへ。原因と対策

妊娠中の女性の体は、赤ちゃんを …

2 comments

  1. apex linguae cholesteatoma adynamia leukoencephalopathy with vanishing white matter biuret test fossa rhomboidea histologic anal Courvoisier law algiomuscular cheap paxil blind study functional albuminuria accumulation analysis chenopodium Fusiformis cuticula pili desmosterol adenectomy blepharitis acarica ENoG

  2. Maxifort Online Brand Cialis Cyclophosphamide For Sale In Mexico

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です