おデブな体は腰痛まで引き起こす?!肥満と腰痛の密接な関係

デブ腹

 

最近お腹まわりにお肉がついてきた、なんだか同時に腰痛が起きるようになった。なんて方、結構いるんじゃないでしょうか。いかにも中年的な悩みでかっこ悪いですよね。

腰痛と肥満は切っても切り離せない関係にあります。慢性的な肥満の人は運動不足になりがちで、腹筋や背筋、足腰など、腰を支えるために必要な筋肉が衰えてしまいます。また、身体の柔軟性も失われてしまいますので、ちょっとした刺激に対してもぎっくり腰になってしまう危険性があります。こちらでは、肥満と腰痛の関係についてご紹介します。

スポンサーリンク


肥満と腰痛

肥満が腰痛を引き起こすメカニズム

腰痛の男

お腹に「お肉」がついていると、腰の関節への悪影響が心配されます。耳 — 肩 — 股関節 — 膝の 前— 下側のくるぶしの前を結んだ線(=重心線)が床に垂直であれば、良い姿勢であり正しい重心線であるといえます。お腹に脂肪がつくことにより、体の重心線がずれてしまいます。重心線がずれると、腰痛を起こす原因となることがあります。

重心線がずれるという感覚は、重い荷物を運んでいるときに経験している方も多いはずです。大きな荷物を身体の前に抱えたとき、荷物を落とさないようにと少し身体を後ろに反らし、身体を安定させますよね。脂肪の蓄積によりお腹が出てきた場合は、これと同様に、身体を安定させるために身体が無意識のうちに反り気味になります。お腹が大きいほど、腰椎からお腹までの距離が長くなるため、腰を反らせれて身体のバランスをとるようになります。重心線がずれてしまうと、お尻も後方に突き出してしまいます。背骨はS字のゆるやかなカーブを呈していますが、腰の反りが続くことにより腰部の背骨が過剰に前方へカーブしてしまいます。

身体が反った状態では、関節に圧迫の負荷がかかってしまいます。脂肪のついたお腹では脂肪が減量されるまで常に身体が後ろに反り気味になるため、腰の関節に負荷がかかり続けるのです。そして、関節の機能が低下するとともに、腰部の筋肉が硬くなり、コリや張りを感じるようになります。また、関節付近の痛みを感じる神経が働くことにより、腰を動かしたときに痛みを感じることもあります。

肥満度のはかり方

肥満度は『BMI(ボディマスインデックス)』体格指数で表すことができます。表の肥満度の数字が高いほど身体への影響が心配されるのですが、筋肉と骨重量が多い場合でも『BMI』の肥満度が高く計算されることがあります。ですから、体脂肪計を使用し体脂肪率とあわせて参考すると良いでしょう。

また、ウエストの周囲を測る方法もあり、男性85cm以上、女性90cm以上の場合は気をつけなくてはなりません。腰を含め、健康状態に注意が必要です。
体重kg ÷ 身長m ÷ 身長m = BMI

  • 18.5未満 やせている
  • 18.5以上 標準
  • 25未満 25以上 肥満1度
  • 30未満 30以上 肥満2度
  • 35未満 35以上 肥満3度
  • 40未満 40以上 肥満4度

※BMI=22が、身体にとって理想的な指数です。

肥満と腰痛、一緒に解消しよう

肥満の人は運動不足になりがちですが、運動不足の人も徐々に肥満へと進行していきます。ダイエットなどで脂肪を落とすほか、ある程度の筋肉をつける事により腰を支える力も筋肉により大きくなります。腰への負荷を軽減することが出来ますので、腰痛が気になる人は積極的に行ってみましょう。

ウォーキングがオススメ

腰痛と肥満両方に効果的な運動としてウォーキングがあります。足腰の筋肉を鍛えると基礎代謝が上がります。そうすると運動していなくても体がしっかりとカロリーを消費してくれます。ただし正しい姿勢でのウォーキングが効果を得るためには必須条件です。変な姿勢だと腰に負担がかかる為かえって逆効果になります。

食事で改善

運動で脂肪を消費するためには、毎日2時間以上運動する必要がありますが、現実的にはなかなか難しいですよね。脂肪の消費は食事中心で時間をかけてコントロールする必要があります。ポイントは、体重は月間で5%以上は落とさないということです。これ以上急に落とすと、体が変化に対応できなくなり緊急モードになり、リバウンドの確率が高くなります。

食事を見直しましょう。肥満は、消費するエネルギーよりも食べたエネルギーが多いことが原因です。特に糖質を食べると、直接の脂肪の合成につながります。肥満の対策としては糖質を減らし、タンパク質や野菜を増やした食事の内容に変えると、食べる量を減らさなくても体重は落ちていきます。

注意ポイント

  • 主食(ご飯、パン、麺類=炭水化物)を摂りすぎない
  • 油脂を摂りすぎない
  • 糖分、アルコールを摂りすぎない
  • 朝しっかり食べて夜は軽めにする
  • 夜食・間食を控える
  • 早食いはせず、よく噛んで食べる
  • 1日の必要なカロリーを把握する
プロテインダイエットミックス30P
明治
売り上げランキング: 10

まとめ:肥満を解消すれば腰痛は治る

背骨はS字のゆるやかなカーブを呈していますが、肥満によって腰の反りが続くことにより腰部の背骨が過剰に前方へカーブしてしまいます。そして関節に圧迫の負荷がかかってしまい、機能が低下するとともに腰部の筋肉が硬くなり、コリや張りを感じるようになります。

肥満の人は運動不足になりがちですが、運動不足の人も徐々に肥満へと進行していきます。食生活の見直しとともに、ウォーキングなどの運動も取り入れて腰痛を解消しましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment