左側だけに現れる腰痛の原因と見分け方

広告ロゴ
考える

日本人の多くが経験すると言われる腰痛。その場所も痛みの程度もさまざまですが、今回は左側だけに起こる腰痛の原因を探っていきたいと思います。

左側だけで起こる腰痛は、右側だけに起こる腰痛と同様に、筋肉の炎症や骨格などの歪みが原因となっていることが多く、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛など神経の圧迫が原因となっている場合もあります。

右側だけに起こる腰痛とはまた違った内臓疾患が、左側だけで起こる腰痛を引き起こす原因となっていることがあるので、何が原因となっているのか見極めることは大切ですね。

今回は、左側だけに起こる腰痛の原因と見分け方をご紹介しますが、これらはすべて一般的に言われていることですが、必ずしも当てはまるわけではありません。何が原因となっているのか、実際のところは素人判断では難しいので、症状が続く場合やひどくなる場合、心配なかたや気になるかたは、早めに専門医の診察を受けましょう。

スポンサーリンク

炎症と歪み

見て

まずは、右側だけに起こる腰痛と同様の原因である筋肉の炎症や骨格の歪みについてみていきましょう。

あなたは、どちらか一方だけで重い荷物を持ったり、左側だけに鞄をかけたり、立っているときや座っているときに、どちらか一方に重心をかけていたり、いつも決まった足を組んでいたり、頬杖をつくといったことが習慣になっていませんか?

日頃何気なく行っているこれらの習慣は、長い間続けることで、筋肉や骨格を歪ませます。この歪みが左側だけに起こる腰痛の原因となることがあるのです。

また、激しい運動や重い荷物を持つなどして、筋肉を酷使すると炎症を起こすことがあります。一般的な腰痛の原因は、筋肉の炎症が原因となっています。

日頃から正しい姿勢を心がけ、習慣やクセとなっているものを気にかけてみましょう。また、簡単なストレッチを生活の中に取り入れることで筋肉や骨格の歪みの解消を期待できます。左右の筋肉をバランスよく使うようにすることも大切ですよ。

神経が圧迫されている

椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の場合、髄核が左に飛び出していると、左側だけに腰痛が起こることがあります。腰痛以外の特徴として、足のしびれや仰向けに寝ると足をまっすぐにあげられないといった症状が見られる場合もあります。

神経の圧迫が原因となっている場合には、専門医の診断を受けましょう。

考えられる内臓疾患

左側だけに起こる腰痛の原因が内臓疾患にある場合、右側だけに起こる腰痛の原因となる内臓疾患とはまた違う疾患が考えられます。

甘いものを食べすぎていませんか?

膵臓は胃と十二指腸に囲まれた胃の後ろにあり、膵臓になんらかのトラブルがおこると左腰に痛みなどの異常が出ることがあります。甘いものを摂り過ぎると、膵臓に負担がかかるので左側だけの腰痛が起こる場合があるのです。

急性膵炎の場合、肋骨の下あたりに激痛が走りますが、この痛みは背中に抜けるような痛みなので、腰痛と感じることがあります。慢性膵炎の場合は、アルコールの過剰摂取が関係していると言われ、痛みは鈍痛であることが多いので、発見が遅れてしまう可能性があります。

また、膵臓がんなどの重篤な疾患が原因となっていることもあります。膵臓の病気はほとんど初期症状がありません。さらに、ほかの臓器に囲まれるようにお腹の奥に位置しているので、発見が遅れることが多く、発見されたときにはすでに回復が見込めない状態だったということもあります。

左側だけに起こる腰痛に伴い、食欲不振や吐き気、体重減少などの症状があった場合は、安易に素人判断せず、早めに病院で診察を受けましょう。

症状は全身に広がる!?

腎臓は腰に近いところに位置していて、大腰筋という腰と深い関わりを持つ大きな筋肉と腎臓が繋がっているため、腎臓に問題があり痛みが生じていても、脳が勘違いして腰痛だと信号を送ることがあります。これが腎臓に原因がある場合の左側だけで起こる腰痛の正体です。

腎臓は血液をろ過する器官で、血圧の調整やホルモン分泌も行っているので、腎臓に問題があると、症状が全身に広がる特徴があります。左側だけに腰痛がある場合に、発熱や疲労感、吐き気やおう吐、むくみや腫れ、排尿の問題などが起こってきます。

単なる腰痛なのか、腎臓に原因がある腰痛なのかを簡単に見分ける方法があるので、ご紹介しましょう。

  1. 両足を肩幅に開き、両腕を前に出してたちます。
  2. その態勢のまま、上に軽くジャンプします。
  3. 着地のとき、膝に力を入れて、かかとから着地します。

着地したときに、腰の深い部分で痛みを感じた場合は、腎臓になんらかの問題が起こっている可能性があります。早めに専門医の診察を受けましょう。

けいれん性の激しい痛み

尿管結石とは、腎臓でできた結石が尿管に入ることが原因で起こり、尿管が弛緩するか、結石が膀胱に達するまで、結石が動くたびに痛みます。尿管結石が疑われる場合は、多くの場合けいれん性の激しい痛みを感じます。鈍痛の痛みが徐々に増し、激しい痛みになってくるようであれば、尿管結石かもしれません。

腰痛以外に伴う症状は、吐き気やおう吐、悪寒や発熱、血尿などがあります。

これらの症状があった場合は、なるべく早く病院に行きましょう。結石を出してくれることはありませんが、痛みを緩和する処置はしてもらえます。尿管結石と腎盂腎炎を併発することもあり、この場合38℃以上の高熱が出ます。これを放置してしまうと敗血症になり、命に関わることがあるので、安易な判断は禁物です。

見分ける目安

単なる腰痛と内臓疾患からの腰痛、どちらなのかを見分ける目安をご紹介しましょう。

  • ベッドなどに寝転んでじっとしているとき、痛みはありますか?
  • 夜間、眠っている間に痛みで目覚めることはありますか?
  • 発熱はありますか?
  • 食事の前後や排便、排尿時に痛みはありますか?
  • 腰痛以外の症状(体重減少、疲労感、食欲不振、吐き気やおう吐、夜間の発汗、発熱の繰り返し、血尿や血便、慢性的な咳、これまでとは違う痛みなど)がありますか?

これらに当てはまる所見がある場合、内臓疾患からの腰痛である可能性がありますので、放置せずに早めに専門医の診察を受けましょう。

まったく当てはまらない場合は、筋肉の炎症か骨格などの歪みが原因となる腰痛である可能性が高いと考えられます。

ただし、この見分ける目安は「絶対」ではないので、いつもと違うなとかおかしいなと思ったら、必ず専門医に相談しましょうね。

まとめ:安易な素人判断はいけません

左側だけに現れる腰痛も、右側だけに現れる腰痛同様、筋肉の炎症や骨格などの歪みが原因となるほか、神経の圧迫や内臓疾患が原因となっていることもあります。

内臓疾患が原因となっている場合には、放っておくと手遅れになることもあるので、安易に素人判断せずに、おかしいなと思ったら早めに専門医の診察を受けることが大切です。

あなたの体はあなただけのものだと思われるかもしれませんが、あなたには、あなたを必要としている人が必ずいます。その人たちのためにも、ご自分の体を大切にしてくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。