左腰だけに出る痛み 3つの原因とその治療法

広告ロゴ
医者

成人の多くが抱えているといわれる腰痛。最悪の場合、手術を必要とすることもあり、たかが腰痛と油断できるものではありません。症状の出方にも様々ある腰痛ですが、中には「左腰にしか痛みが出ない」という症状もあります。心当たりのある方、その原因……なんだかわかりますか?

本記事では、左側だけに出る腰痛の原因3つとそれぞれの治療法についてご紹介します。すでに左腰に痛みのある方はもちろん、そうでない方の予防や早期発見のためにも、ぜひ本記事を活用してくださいね。

スポンサーリンク

左側だけに出る腰痛、3つの原因

3

左側だけに出る腰痛の原因は、大きく分けて3つあります。

  • ①体のクセや姿勢の悪さ
  • ②内臓系の病気
  • ③婦人科系の病気

では次に、それぞれの原因が、どのようにして起こるのかを説明していきましょう。

①体のゆがみや姿勢のクセ

これは、小さい頃から蓄積された体のゆがみや姿勢のクセから、左腰に負担をかけすぎている場合です。例えば、左足だけに体重を乗せて立つ動作は、体全体が左に傾くため、左腰に負担がかかります。

また、座り仕事などで右側にパソコンがあったりすると、左腰からひねる動作が多くなりますし、運動や事故などで右足に外傷を負った場合も、右足をかばうため、左腰を痛めやすくなってしまうのです。

このように、左にばかり重心をかける姿勢を続けていると、それがクセや習慣となり、体全体にゆがみが生じます。そのゆがみを筋肉がかばおうとするため、左腰まわりの筋肉が収縮し固まってしまうのです。

②内臓系の病気

左側のみの腰痛は、体の内側からの危険信号であることがあります。それが、内臓系の病気です。たとえば、腎臓や尿管といった体の両側にある臓器のうち、左側にのみ障害が起こってしまった場合です。

また、膵臓は左側にしかない臓器で、そこで膵炎や膵臓癌といった症状が生じると、左腰だけに痛みが現れます。このような内臓系の疾患は、腰痛だけでなく、発熱やむくみ、吐き気といった別の症状も起こります。

③婦人科系の病気

こちらは、女性ならではの問題となります。女性には、腹から腰にかけて一対の卵巣がありますが、左側の卵巣に障害が生じた場合、左腰の痛みを伴ってしまうことがあります。これは子宮内膜症と呼ばれる病気で、子宮以外の場所に、子宮内膜と同じものができてしまうのです。

この病気が卵巣で起こると、生理で排出されるはずの血がたまっていき、激しい痛みを伴います。その場合は、腰痛だけでなく、生理痛など複数の部位に痛みが生じます。

このように、「左側の腰痛」といっても、複数の原因が考えられます。腰痛は様々な原因が絡み合って起こることも多いため、原因をきちんと特定することが重要なのです。自己判断されるのはとても危険なので、病院などできちんとした検査を受けてくださいね。それでは次に、上記でまとめた3つの原因に対する、基本的な治療法をご紹介します。

3つの原因に対する主な治療法

①体のゆがみや姿勢のクセ
この項目に当てはまった場合は、自分の体がどのようにゆがんでいて、日常生活の中でどんな姿勢のクセを持っているのかを正しく知る必要があります。整体や接骨院などで、専門家に診てもらうのがいいでしょう。そして、「なぜ左腰に負担をかけているのか」をきちんと理解した上で、ゆがみの矯正や筋肉のこわばりを解くストレッチを取り入れていきます。すぐに治るものではありませんので、長期的な視野でもって付き合っていくことが大切です。

②内臓系の病気
ここでは、原因となっている疾患によって、治療過程が異なります。たとえば、膵炎が原因の場合ですと内科的治療を行うのですが、さらに急性の方は飲食禁止となります。逆に、慢性の方は、アルコールや脂肪分の摂取を制限していきます。

また、尿管が原因となった場合は、尿管結石という病気で、結石が自然排出されるような薬物療法を行ったり、自然排出が難しいときには手術を行ったりもします。このように、内臓系の病気が原因のときは、ひとつの疾患でも、症状の進行具合によっても治療法は異なるのです。

③婦人科系の病気
婦人科系の病気、つまり子宮内膜症の可能性がある場合、治療法として薬物療法と手術療法があります。本人がいつ妊娠を希望されるかによって、治療法の優先順位が決まります。しかし、重症の場合には、障害を起こしている部位の破裂や癌になる危険を避けるために、すぐ手術療法に移行する場合もあるようです。

まとめ:何があるかわかりません。まずは検査を!

本記事では、左だけに出る腰痛の3つの原因、そして3つの原因に対する基本的な治療法をご紹介してきました。

くり返しとなってしまいますが、腰痛は様々な原因や条件が重なって起こることが多いため、慢性化しやすい症状のひとつです。特に、体を横にしても痛い夜になっても痛い場合は、3つの原因のうちの②内臓系の病気や③婦人科系の病気に該当している可能性が高いです。重大な病気を見逃さないためにも、腰痛が起こったときには、必ず病院で原因を調べてもらってくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。