腰痛と排卵痛の発症原因と関連性

体育座り

女性にとって生理的な痛みはつらいものですが、その症状にはもちろん個人差がありますね。痛みの出る場所や出方、痛みの強さも人それぞれです。でも、このような痛みは一体どのようなことが原因で感じるのでしょうか?またそれぞれの痛みの原因は違うものなのでしょうか?

今回は排卵痛と腰痛の関係性と、それぞれの原因について紹介していきましょう。

スポンサーリンク

排卵痛とはどのようなものか

まず、排卵痛になる原因とその症状について見ていきましょう。

排卵痛による体の変化

しゃがむ女性

女性の体の生理現象に排卵があります。この排卵は月経周期のなかで必ず起こることでこのとき体の中では大きなホルモンの変化が起こります。排卵による体の変化には様々なことがありますがその中でも日常的に感じやすいものは食べるものの好みが変わったり気分が大きく変わったりという事が挙げられます。

排卵による痛み

排卵痛を感じる原因は、成長した卵子を排出するために膨張した卵胞が破裂することで卵巣の被膜が破れることにあります。排卵時には個人差があるものの痛みの原因が必ずあるという事が言えます。排卵痛の感じ方は主に腹痛ですが、その痛みの強さは個人差があります。

また、排卵には出血を伴いますが、この出血が腹腔に至るとこれもまた腹痛の原因になります。つまり、排卵時に肺胞が破れることで感じる痛みと、それに伴って腹腔内に出血することで感じる痛みの二つが排卵痛の大きな二つの原因だという事が言えるわけです。

排卵痛が引き起こすほかの症状について

排卵はホルモンの変化によって起こる現象ですが、このホルモンの変化は生殖系党全体に大きく働きかけます。卵胞が大きくなるにつれてまず卵胞ホルモンが分泌されるようになります。排卵すると、子宮内では出産に適した環境を作り上げるために黄体ホルモンが大量に分泌されます。すると子宮内膜がはがれることがあり、その修復をするために卵胞ホルモンが働きかけますが、時に出血を起こすことがあります。

この出血のことを中間出血と言いますが、排卵後の生理的な出血の多くはホルモンの変化によって起こることですので通常は治療をせずとも自然に治癒していきます。ただ、あまりにも痛みが持続する場合や出血が長引く場合には子宮筋腫や子宮ガンなどに病変する恐れも出てきますので、痛みを感じている間は注意しておくことが必要だと言われています。

排卵痛と共に腰痛が起こる理由

さて、一見排卵痛とは関係のなさそうな腰痛について説明していくことにしましょう。

腰痛が起こる原因

先述のように排卵時には大きなホルモンの変化が起こり、そのために子宮内では出産のために環境が大きく変わるという事を説明しましたが、これは子宮内だけに起こる現象ではありません。

これらのホルモンが働きかけると骨盤などの骨格にも影響を及ぼします。子宮環境を大きく変化させるホルモンですから、当然と言えば当然ですが、これらの働きによって骨盤の位置が変わったり開いたりすることがあります。

骨盤の位置や角度が変わると、それまでとれていた体のバランスが崩れるようになり、その結果関節や筋肉に負担をかけることで腰痛が引き起こされることになります。

つまり、排卵痛を引き起こす原因とこのときに腰痛を感じる原因には深い関わりがあるという事が言えるのです。

腰痛を感じたら

このときに感じる腰痛はホルモンの変化によって引き起こされるものですので、その症状は一過性のものと考えます。ただ、月経の周期がまた次の段階へと進んでも相変わらず腰痛が治まらない場合があります。このような時は骨盤の位置が正常な場所に戻っていないという事が考えられます。

この場合には痛み止めなどの投薬で解消するのではなく、根幹的に骨盤の位置を修正することでその痛みを取り除くことが望ましいと言われています。原因にはホルモンバランスの変化がありますが、痛みの直接原因になっているのは骨格の歪みだからです。

排卵痛の痛みがひどい場合には投薬などが効果的ですし、実際に産婦人科ではそのような場合に服用する薬を処方することも珍しくありません。ですがその薬が腰痛に効果があるかと言えばそうではないという事を知っておくといいでしょう。

腰痛を解消するには

月経周期の度に排卵痛と腰痛に耐えなければならないのはとても辛いことですね。せめて腰痛でもなんとかできればと考える方も多いことでしょう。実は、この腰痛については日常の中である程度緩和することができます。骨格の歪みによって起きる腰痛は、腰回りやお尻回り、また下半身の筋肉を柔軟にしておくことで影響を受けにくくすることができます。

骨格がゆがんだ時に痛みを発症するのはこれらの筋肉や関節組織が硬いからだと言われています。日常の中でストレッチや適度な運動を心がけていれば、ホルモンの分泌で骨格に変化が起きてもそれを修正する働きが潤滑に働きます。すると腰痛に至る前に骨格を修正できたりたとえ腰痛を発症してもその痛みをかなり軽減することができるわけです。

日頃から体のことを考えておくことで、排卵痛時の腰痛は抑えることができるのです。

女性のための自力整体―からだあったかおなかすっきり
矢上 裕
永岡書店
売り上げランキング: 246,203

まとめ:排卵痛と腰痛には実は深い関わりがある

ホルモンの変化によって引き起こされるこの二つの痛みには深い関わりがあります。どちらも生理現象からくる痛みなので完全になくすことは難しいですが、日常から体のことを考えるようにしておくことで、その痛みを緩和することもできます。

大切な命を宿す体ですから、日頃から健康でいられるように心がけて過ごしていけるといいですね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment