排卵日に発症する腰痛の原因と対策

うずくまる女性

排卵日に感じる生理痛は女性にとって大きな悩みの一つです。その排卵痛の主な症状は腹痛だと言われていますが、中には強い腰痛で動けなくなる方もいます。では、排卵日にようつが出てしまうのは一体なぜなのでしょうか?また、その痛みに対処する方法は何かあるのでしょうか?

今回は、排卵日に発症する腰痛について、その原因と対策を見ていくことにしましょう。

スポンサーリンク

排卵日に腰痛になるのは何故?

まずは、なぜ排卵日に腰痛になってしまうのか、その原因について探っていきましょう。

排卵時期の体の動き

女性

月経周期が排卵日になると、その前後では大きなホルモンバランスの変化があります。このホルモンバランスの変化は女性の体が妊娠してやがては出産する準備に欠かせないものです。主にこのホルモンの影響が出るのは子宮と卵巣で、この時子宮内では内膜の変化などから出血を起こすことがあります。また卵巣では排卵のために成長した卵胞が破裂します。これが排卵痛の痛みの原因と言われています。

これらの現象で発する痛みを感じるのは、子宮や卵巣が近い位置にあるお腹側に現れるのが一般的です。ですので、これらの排卵に関する現象が直接腰痛につながっているとは考えにくいものです。

腰痛を引き起こすメカニズム

では、なぜ排卵時期に腰痛になるのでしょうか?それにはホルモンの働きが大きく関わっています。排卵の前後になると、先ほどの説明のように分泌されるホルモンが子宮や卵巣に働きかえますが、これは体のほかの部分にも影響を及ぼします。

特に骨盤周りの組織に与える影響が大きく、そのために骨盤の位置関係に変化が生じるために腰痛を引き起こしていることが挙げられます。

骨盤の位置関係が変化することで痛みを感じる度合いなどは相当な個人差があるため、中には全く腰痛にならない人もいれば激しい腰痛で動くことさえままならないという人もいます。特に出産を経験している人に多く腰痛の症状を訴える人が多いと言われています。

では、出産を経験している人としていない人の違いとは一体何でしょうか?そこに直接の腰痛の原因があると考えられますよね。

実は、出産を経験すると出産時に骨盤が開きます。赤ちゃんが生まれてくるわけですから、骨盤が開かないと出産できません。通常は出産が終わると自然にこの骨盤も閉じてくるのですが、人によってはそのまま骨盤周りの筋肉や靭帯が固まってしまい、閉じきらないでいる人もいます。このような人は日常でも腰痛を感じる人が多いと言われています。

骨盤が開いていると体を支える上でどうしても腰に負担がかかることになります。腰への負担は血管や神経を圧迫し、筋肉を硬直させ痛みとなって現れます。これが腰痛への直接の原因になっているのです。

出産を経験していない人が排卵日に腰痛を感じるのも、この骨盤の位置に問題があると考えられています。つまり、多かれ少なかれ腰痛を感じる人にはもともと骨盤の位置関係に問題があるという事が言えるわけです。

排卵日の腰痛に対処する方法

排卵日に感じる腰痛の原因は骨盤周りに問題があるという事がわかりました。では、この腰痛に対処するには、一体どのようなことをすればいいのでしょうか?ここからは、その腰痛の予防にもつながる解消方法について紹介していきましょう。

痛みが出ている時

排卵日に腰痛を感じている場合、すでに腰には筋肉痛を引き起こしている場合があります。このような時には痛み止めも効果を発揮しないという人も多いのが現実です。月経が終わってホルモンバランスが普段の状態に戻るまではこの腰痛を解消するのは医学的にも難しいとされていますが、単純に痛みに対して対処するという事であれば腰痛を感じている場所を局所的に冷やすという事が挙げられます。

急激な腰痛を発症している場合、腰の筋肉が炎症を起こしている可能性がありますが、このようなときはその炎症を抑えることが腰痛を軽減する最も近道です。痛みを強く感じる部分を冷やしながら安静にすることでその痛みを和らげることができます。ただ、子宮などの関連痛から腰痛を引き起こしている場合には冷やしてもあまり効果はありませんが、逆に鎮痛剤を使用するとその効果が認められます。

かといって、腹痛の方は決して冷やさないようにしましょう。冷やしたら腰痛が楽になったからと言ってお腹を冷やすのはとっても体によくありません。基本的に体は温めて安静にし、急激な腰痛に対してのみその場所を限定して冷やすようにしましょう。

日常で腰痛を予防する

腰痛の原因が骨盤の位置関係にありますから、普段から排卵時に起こる骨盤位置の変化に対応できる体を作っておくことで排卵時に起こる腰痛を軽減させたり解消することができます。

排卵時に骨盤の位置が変わるのは生理現象ですので防ぎようがありません。そこで、この骨盤の位置が変わっても柔軟に対応できる組織にするには関節や筋肉を柔軟にしておく必要があります。

出産後腰痛が酷くなる人の殆どはこの骨盤周りの筋肉が開いたまま固まってしまっていることが原因ですから、まずはこの筋肉をほぐしてあげることが第一になります。この筋肉をほぐすことによって産後の腰痛も排卵時の腰痛も和らげていくことができるようになります。

また、この関節や筋肉が柔らかいと、骨盤位置の変化が起こった時にも腰への負担を相当和らげることができます。

日常的にこの骨盤周りの筋肉などの組織を柔らかくするには温熱療法が適切だと言われています。体を温めてストレッチなどの柔軟運動をすることで筋肉の緊張をほぐすことができます。ストレッチをする時には有酸素運動を心がけ心身ともにリラックスるして行う事で、より効果を高めることができると言われています。

ALINCO(アルインコ)  エクササイズ フロアマット 厚さ 9mm EXP150
ALINCO(アルインコ) (2012-04-05)
売り上げランキング: 71

まとめ:排卵日の腰痛は予防できる

排卵日に発症してしまう腰痛の原因はホルモンバランスの変化による骨盤周りの変化だという事がわかりました。ここでもう一度、排卵日の腰痛を予防する方法をまとめておきましょう。

月経の周期ごとに訪れる排卵日を少しでも楽に過ごせていただけたら幸いです。

  • 骨盤周りの硬さが腰痛の原因
  • 骨盤周りを柔軟にするには温熱療法が効果的
  • 体を温めてストレッチ
  • 有酸素運動を心がける
  • 心身共にリラックスして行う
  • 排卵日ではなく普段から行う事が大切

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment