筋肉腰痛症の原因を抑えて痛みを改善

筋トレ

運動をした後や筋肉痛、腰にくることがよくありますよね。筋肉痛の原因は様々ですが、腰にくる腰痛の場合は少し複雑です。

ここでは、腰痛の原因を理解して、痛みを改善するテクニックをご紹介します

スポンサーリンク

筋性腰痛症の疾患と原因

腰

腰痛の原因は様々です。内臓から来る痛み、背骨からくる痛み、神経からくる痛みなど、腰痛の原因として知られているものは数十種類にも及びます。

其の中でも大きく慢性的に痛みが残る「慢性腰痛」と、ぎっくり腰などによる「急性腰痛
」の2つがあります。

筋肉痛による腰痛は、スポーツ後などに起こる急性腰痛であることが多いようです。ひどい場合には腰の筋肉が捻挫してしまい、動けなくなってしまうようなこともあります。しかし、スポーツや肉体労働をしてから数日後に痛みがくる筋肉痛も急性腰痛の一種です。

筋肉痛による腰痛の原因

背骨を構成している脊椎のなかで、腰の部分の「腰椎」という箇所は5個の骨で校正されています。骨と骨との間には椎間板とよばれる組織があり、骨同士を接合していまうす。

その背骨を取り囲むように校正されているのが背筋です。背筋は、「脊柱起立筋、広背筋、大腰筋」などで構成されており、背骨を取り囲むように支えられているのです。

筋筋膜性腰痛

そして、腰痛として起こりやすいのがこの筋筋膜性腰痛です。

スポーツ中などに無理な姿勢をとることによっておこりやすいのが「肉離れ」ですが、腰椎捻挫、靭帯や関節包内損傷などもふくめるそれが「急性腰痛」としてひとくくりにされるものです。
これは通常筋肉の損傷によって動けなくなることが多いのですが、いわゆる癖になることも多くあります。それは主に使いすぎ(オーバーユース)による疲労が原因です。

このような症状の場合、背筋の緊張がひどく、筋肉に沿って痛みが発生しているのです。

このような痛みが、筋肉痛を原因とする腰痛「筋筋膜性腰痛」の正体です。その症状を「筋性腰痛症」といいます。

筋筋膜性腰痛のもうひとつの原因

筋性腰痛症はしかし慢性的に起こる症状である場合もあります。スポーツをしたわけでも重い荷物をもったわけでもないのだけれど、ひどく腰が痛む。

そんなときの本当の原因としてよくいわれるのが「大腰筋の拘縮」です。大腰筋が縮んだまま伸びにくくなってしまうことで、慢性的な筋筋膜性腰痛が起こるのです。

打用金は背骨から骨盤の下あたりにはいる筋肉で、腸骨筋や小腰筋をまとめて「腸腰筋」と呼ばれている筋肉のうちの一つです。その中でもっとも長く、大きな力を発揮するのが大腰筋と呼ばれています。

背骨に直接付随しており、第一腰椎から第5腰椎までについています。大腰筋は直立姿勢の時に、正常な筋肉の弾力がある骨盤を前傾させる働きをもっています。一言でいえば「猫背にならないようにする働き」をしているのです。

この大腰筋がずっと縮んでいると、腰の筋肉に大きな負担がかかります。大腰筋は「上体を曲げる」働きがあります。逆に、ずっと働いていると、背筋をまっすぐにすることが辛くなるのです。上体を後ろに反らせたり、前に曲げた上体から起こすことも困難になります。

それは「大腰筋が背骨を前からひっぱるから」です。この大腰筋の拘縮が痛みを発生させる原因になっているのです。

腰痛の検査をうけて「骨の異常はありません」と言われた場合には、このような大腰筋の拘縮による痛みである可能性があるのです。

筋肉痛腰痛の改善法

筋肉痛による腰痛は、筋肉及び神経の痛みですので、痛み止めが有効です。頭痛薬等でも十分効果がありますし、湿布には消炎鎮痛剤が配合されています。

通常は自然に治るので、消炎鎮痛剤のはいった湿布を使うのが良いでしょう。

また、ストレッチを始めとする適度な運動も欠かせません。腰の筋肉は使わなければより一層拘縮していきますから、定期的に運動をして普段使わない筋肉にも刺激を与えてあげるようにしましょう。

まとめ:筋肉痛を治すには適度な運動です

腰痛は様々な症状があり、原因も様々です。筋肉痛を治すためには適度な運動をするのがよいでしょう。

注意したいのは筋肉痛といっても、複雑な腰の筋肉においてはどの筋肉が痛むのか特定しづらいことがあります。また、痛む場所をマッサージしただけでは治療が出来ない場合もあります。

筋肉痛を原因とする腰痛には、筋筋膜性腰痛があります。筋筋膜性腰痛においては、痛みを止めるための湿布薬や頭痛薬などの服用も効果がありますので、試してみてください。

通常の慢性的な筋筋膜性腰痛であればトリガーポイントという痛みの発生源を抑えることで治療ができる場合もあります。

トリガーポイントについては、「腰痛を発生させる特異点「トリガーポイント」の痛みと対策」でも書きました。あわせてご参照ください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment