腰痛対策に効果的な抱き枕の使い方

寝転ぶ女性

腰痛に限らず体がつらいときには横になったり睡眠をとったりして体を休めたいものです。

そんな時に使うと効果的なのが抱き枕。では、なぜ抱き枕を使うといいのでしょうか?ここではその理由と使い方を紹介していきましょう。

スポンサーリンク

何も使わずに寝ると腰痛になる理由とは?

寝る女性

腰痛の解消には抱き枕が関係あるとはまるでないように思われがちですが、なぜ寝るときに使うといいのでしょうか?まずは腰痛時に何も使わずに寝ているときの状態について説明していきます。

寝るときの背骨の角度が大切

人の体は背骨を中心としてバランスをとったり体重を支えるようにできています。この背骨の角度は仰向けに寝た状態の時に腰の部分が浮いた状態になります。するとこの隙間を支えようとして背骨や腰に負担がかかってしまうのです。これがそもそも仰向けで寝た時の腰痛の原因になってしまうわけです。

背骨がねじれる状態は腰に負担がかかる

横向きに寝ると楽になるというのはすでに定説となっていますが、意識があるときは背骨をまっすぐにした状態でいることができます。

ところが、寝るときになると脱力し、体は自然と胸のほうが下になります。すると、結果背骨がねじれた状態になってしまいます。よく横向きで寝ても腰痛が解消されないという方がいますが、これは背骨がねじれることによって腰に負担をかけてしまっているからなのです。

腰の関節が左右均等でないことで腰痛を引き起こしてしまっている場合、たとえ横向きで寝てもこのねじれがあると腰痛はなかなか改善することができません。

足を伸ばして寝ると腰に負担がかかる

立っていても寝ていても、足を伸ばした状態で寝るというのは腰に負担がかかります。というのも、立った状態で足を伸ばしてみるとわかりますが、ピンと足を伸ばした状態ではよほど猫背の人でない限りは背骨の角度が大きくなります。

先ほども説明したとおり、背骨の角度が大きくなると途端に腰に負担がかかり、腰痛につながってしまうのです。

まっすぐ背が伸びると仙骨に負担がかかる

背筋を伸ばした状態や仰向けに寝た状態、また足を伸ばした状態だと脊椎のカーブが崩れて腰痛につながることを説明しましたが、加えてもう一つ問題なのが仙骨の角度です。仙骨は脊椎の一番下、腰椎の下の部分で尾てい骨とともに腰回りの関節を担う大切な骨です。

この仙骨はお尻のほうに向いて出っ張っているわけですが、圧迫し続けるとやはり腰痛の原因となります。背が伸びた状態だとS字の最後の仙骨が飛び出しますが、これをひっこめた状態で寝る姿勢を取ることで腰痛の解消につながるというわけです。

腰痛にはどのように抱き枕を使って寝ればいいの?

何も使わない寝方がどのように腰痛につながるのかその原因を説明してきましたが、ここで抱き枕をどう使えばいいのかを紹介していきましょう。

仰向けで抱き枕を膝の下に置く

先ほど仰向けで寝た時に腰の部分が浮いた状態がよくないことを説明しましたが、これを解消するため、膝を浮かせ状態にするのに抱き枕を使います。かといってあまり高く膝を立てる必要はありません。腰が浮かない程度に膝を持ち上げることで腰への負担を和らげるとともに、体全体の力を抜きやすくします。

こうして膝が軽く持ち上がった状態にすることで、背骨から腰への負担を軽減できるだけでなく肩こりの原因となる胸椎や頸椎の負担を軽くすることもできます。

横向きで抱き枕を膝の間に挟んで寝る

仰向けで寝るのがつらく横向きで寝る場合は、背骨のねじれが生じないようにしなければ横向きで寝る意味がないことは先ほども説明したとおりです。

このねじれを解消するためにはやはり体を支える何かが必要なわけですが、ここで再び抱き枕の登場です。抱き枕を文字通り抱っこして寝るだけで背骨をねじることなく横向きの姿勢を保つことができるのです。

このねじれがある状態のままでいると背骨の左右の筋肉のバランスまで悪くなり、さらに腰痛を悪化させてしまうことになってしまいます。抱き枕を抱いて寝ることで腰や背骨の左右のバランスを整えることができますので、これだけで腰痛が解消してしまう人がいるのはそのためです。

抱き枕以外でも代用できるもの

うちには抱き枕はないけど、わざわざ買わないといけないの?という人のために抱き枕に代用できるものを紹介しておきます。

と、その前に、なぜ抱き枕がいいのかをまず説明すると、抱き枕はその名の通り抱いた状態で心地よい睡眠がとれるような大きさを考えられて作られています。だからこそ抱き枕という名前がついています。ですので、もし他のもので代用するのであれば抱き枕と同じような大きさのものを選ばなければなりません。

そこで、最も一般的なのが座布団です。座布団は薄手のものを二つ折りにしてバスタオルなどで巻いて使うとちょうど良い大きさになります。ただ、硬い座布団を使うと腕を圧迫しますので、なるべく柔らかい素材のものがいいでしょう。

次にクッションですが、形と大きさが体にあっていればむしろ座布団より向いているかもしれません。ただクッションを両腕で抱えた時に肘が出るような大きさのものは向いてません。体の幅の半分の大きさのものがいいでしょう。

最後に毛布です。最近ではフリースやマイクロファイバーのようにとても柔らかい素材のものがあるので、ひざ掛けやハーフサイズのものなどをちょうどいい大きさに巻いて使うとよいでしょう。
他にも代用できそうなものを思いついたら、ぜひ試してみるといいかもしれません。

王様の抱き枕 アイボリー
ヘルス&ビューティー (2008-03-31)
売り上げランキング: 20,453

まとめ:腰痛で寝るときは抱き枕を使おう!

抱き枕を使って寝ると腰痛が楽になるばかりか、場合によっては腰痛そのものが解消してしまうことがお分かりいただけたと思います。ここで、そのポイントをもう一度おさらいしておきましょう。

  • 仰向けで寝るときはひざ下に入れよう
  • 横向きで寝るときは文字通り抱いて寝よう
  • 抱き枕がないときは代用できるものを使おう
  • 自分の体に合った大きさを選ぼう

以上のポイントをしっかり守って、腰痛解消に向けて抱き枕で快適な睡眠がとれるように工夫して一日も早く元気な体になるように実践してみましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment