なかなか治らない辛い腰痛、解決方法はブロック注射にあった!

注射

なかなか治らない辛い腰痛にはブロック注射が有効です。

ブロック注射には、腰痛に対処できる仕組みが整っています。

長引く辛い腰痛をごまかそうと薬を常用し、胃腸や肝臓を悪くしていませんか。効果の無いマッサージにお金と時間を費やしてはいませんか。そういった対処をしなくても、痛みの原因神経に直接働きかけるブロック注射は、長引く辛い腰痛を解消することが可能です。

そこで、長引く辛い腰痛に対処するためのブロック注射の特徴と正しく利用するために知っておきたいポイントをご紹介していきます。長引く辛い腰痛に悩んでいる時間をもっと有効活用してみませんか。

スポンサーリンク

腰痛に対応したブロック注射の特徴

腰

なぜ、長引く辛い腰痛にはブロック注射が有効なのでしょうか。

人間は痛みを感じると神経を興奮させ、それによって痛みのある箇所の血管が収縮します。血管が収縮すると、血流を悪化させ筋肉が固くなります。凝り固まった筋肉によって痛みやコリ等の自覚症状が現れ、新たに生まれた痛みによって再度神経は興奮する、といった悪循環に陥ります。

ブロック注射は、そういった腰痛箇所の興奮した神経を局所麻酔薬で一時的に麻痺させ、血管を拡張、血流の改善を促します。血流の改善により、停留していた乳酸やインターロイキンが洗い流され、炎症した痛みの解消に効果的な酵素やたんぱく質が運び込まれます。

このように、実に効果的な仕組みでブロック注射は腰痛を解消してくれるのです。

腰痛に効果のあるブロック注射の安全性

腰痛に効果的なブロック注射は、成人であればだれでも受けられます。例えば、妊婦の方であっても薬を飲んで治療するより安全な場合があるともいわれています。

どういうことかというと、薬の成分は血流に乗って全身にくまなく影響を与えるのに対して、ブロック注射は痛みのある部位にのみ作用する量の薬液をピンポイントで注入するため、全身への影響が少ないからです。

様々な腰痛に効果的なブロック注射

ブロック注射は、頭から足の先まで作用したい部位によって様々な方法があります。主なものでいうと、頭痛や肩こりなどの上半身の痛みに対応した星状神経節ブロックや、腰痛などの下半身の痛みに対応した腰部硬膜外神経ブロックといったものがあります。

腰部硬膜外神経ブロック注射は様々な腰痛の改善に役立ちます。

  • 慢性腰痛
  • ぎっくり腰
  • 腰椎間板ヘルニア
  • 坐骨神経痛
  • 腰椎すべり症
  • 腰椎圧迫骨折

このような病状で長引く辛い腰痛をこらえている人は、腰痛解消のために、ぜひともブロック注射を検討してみませんか。

腰痛対策のブロック注射の気になる点

いざブロック注射を受けようと思っても、副作用など不安な面もありますよね。不安を解消するために、こちらでは副作用や効果があるのかどうかなど、気になる点を解説していきます。

ブロック注射の不安な点として

  • ブロック注射は痛い
  • ブロック注射は効果が無い
  • ブロック注射の副作用が心配だ
  • ブロック注射は高い

というものがあげられます。
それに関してひとつずつ、確認していきます。

ブロック注射の痛み
腰部硬膜外神経ブロックにおけるブロック注射は、最初に予防接種程度の大きさの痛み止めを注射し、その注射が効いたころに太さ0.9mmほどのブロック針を注射し局所麻酔薬を注入するため痛みはさほど感じません。

ブロック注射の後は、10分ほどで腰痛が和らいできます。30分程度はベッドの上で安静を要しますが、よほどの症状でない限り入院の必要もなく、そのまま帰ることができます。

ブロック注射の効果
ブロック注射はその場しのぎの対処療法ではありません。ブロック注射治療は血流の改善、神経の回復を促し、自然な自己治癒力を底上げしてくれるものです。定期的にブロック注射をすることで、徐々に痛みは和らいでいくでしょう。

ブロック注射の副作用
ブロック注射の副作用も、薬における肝臓への副作用が0.5~5%なのに比べ、ブロック注射における出血・神経障害等の副作用は0.001~0.02%とかなり低い割合です。ペインクリニック、麻酔科専門医の治療をうけることによってより安全に腰痛のブロック注射を行うことができるといえるでしょう。

ブロック注射の費用
腰痛が原因のブロック注射は、ペインクリニックや麻酔科専門医のいる病院で受けられる保健適応の医療行為です。保険の3割負担の場合、腰部硬膜外神経ブロック注射は症状によって異なりますが、1回1,000~5,000円程で治療が受けられます。(正式な価格は各病院へお問い合わせください)

腰痛でブロック注射を受ける際に気をつけたいこと

腰痛でブロック注射を受けるときには、治療を受ける前に常用している薬やアレルギーの有無を医師に伝えましょう。薬の作用によってはきちんとした効果が得られないことがあります。

当日は激しい運動や大量のアルコール摂取は控えましょう。傷の炎症を抑えようとしているブロック注射の効果を弱くしてしまいます。また、ブロック注射を受けた日は、外部からの感染を防ぐために入浴は控えましょう。

トリガーポイントブロックで腰痛は治る!
加茂整形外科医院院長 加茂 淳
風雲舎
売り上げランキング: 76,244

まとめ:長引く腰痛にはブロック注射が有効

ここまで、腰痛におけるブロック注射についてご紹介してきました。
最後に長引く腰痛に対処するためのブロック注射が有効とされる理由を確認していきましょう。

  • きちんとした医療の裏付けがあること
  • 自己治癒力を高める治療で、一時的な対処療法ではないこと
  • 注射前に痛み止めを使用するため、さほど大きな痛みは無いこと
  • 薬よりも副作用の可能性が低く、安全なこと
  • 保険適用で高額な費用がかからないこと

なかなか腰痛が治らないときは焦ってしまいがちですが、必ず治ると自分の自己治癒力を信じて治療を続けましょう。医師が必要と判断したのであれば、薬や運動治療などと併行して治療することもあります。最終的に痛みがなくなれば、その時は運動や日常生活にも支障がなくなり、心身がリフレッシュされ、気持ちの良い快適な日常生活を送ることができるようになります。

長引く辛い腰痛でイライラが続いてしまうと、せっかくのあなたの大事な時間がもったいないですね。是非、本記事を参考としてブロック注射を有効に活用し、腰痛の悩みが無い元気な日常をお過ごしください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。