腰痛の治療として冷やすもしくは温める場合の注意点

温泉猿

腰痛治療に温めることは効果的なのでしょうか?

それは腰痛の種類によって変わります。基本的に急性腰痛の場合は筋肉が炎症を起こしていますのでその筋肉の炎症を抑えるためにまず冷やします。逆に慢性的な腰痛の場合は温めることによって治療が行われます。

また急性腰痛に関しても、腰痛の症状が回復に向かってきたなら、温めて治療する場合があります。ですから、腰痛になった場合、冷やすか温めるかはその症状によって異なります。どのような治療を行なうのか自分で判断するのではなく、病院へ行って相談しましょう。

この記事では、冷やすもしくは温める腰痛治療に関して参考になる点を幾つかご紹介してみたいと思います。腰痛になってしまった時に、お医者さんの意見とあわせて是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

腰痛になった!冷やす?それとも温める?

夕日

腰痛になった場合、治療として冷やすか温めるかという点に関してもう少し詳しくご紹介してみたいと思います。

腰痛になった患部を冷やす時期

腰痛になった患部を冷やす時期というものがあります。それは主に急性の腰痛です。ぎっくり腰などがそれに挙げられるでしょう。このような腰痛は筋肉に対する過負荷が原因で起こります。ですから、激しい炎症を起こして腰が痛むというわけです。このような筋肉の状態は、動いたままのエンジンに似ているかもしれません。エンジンは動き続けると熱を持つようになります。そのエンジンの熱を冷ますために空気や冷却剤が使われます。

このような機能はエンジンの中に組み込まれていますが、エンジンを冷やさずにそのまま回し続けるなら壊れてしまうでしょう。同じように炎症によって発熱した腰を冷やさず温めるなら、さらに腰痛は悪化してしまいます。ですから、急性の腰痛の際にはまず冷やすということが大切なのです。

腰痛になった患部を温める時期

腰痛になった患部を温める時期というものもあります。この治療方法は急性の腰痛が改善する方向に向かった場合や、慢性の腰痛の治療のために行われます。先程の冷やすという治療方法は、炎症を抑えて腰痛の痛みを和らげるという目的で行われます。しかし、急性期を過ぎた腰痛や慢性の腰痛は筋肉が炎症を起こしていないので、冷やしてもあまり効果はありません。この場合は温めるという治療法に切り替わります。

急性期を過ぎた腰痛や、慢性の腰痛を温めるなら、筋肉への血流が改善されて傷んだ筋肉が回復すると言われています。先程のエンジンの話を例にとって考えてみましょう。冬季に車に乗る場合暖気するようにと言われたことはありませんか?これは、エンジン内部を温めて故障することなく車を動かすために必要だからです。

最近の車は暖気など行なわなくても問題はほとんどないと言われていますが、それでも、水温計のマークが消えてから車を動かした方がエンジンにとっては良いでしょう。同じように腰痛も、患部が通常の状態に戻っているのであれば、冷やす必要はなく、動きを良くして腰痛を改善する為に温める必要があるのです。

腰痛を温める時はこのようなときだということを覚えておきましょう。

では、腰痛の患部を温めるという場合、どのような方法が効果的なのでしょうか?幾つかご紹介してみたいと思います。

腰痛の患部を温める方法その1:お風呂

お風呂にじっくり入ることは、腰痛の患部を温めるために効果的です。じっくり全身浴するのもいいですが、半身浴もおすすめです。ぬるめのお湯にじっくり入る半身浴は、心臓に負担をかけることなく効果的に腰痛の患部を温めてくれるでしょう。

腰痛の患部を温める方法その2:温湿布

腰痛の患部を温めるために温湿布も効果的です。温湿布は薬局へ行けば購入することができますし、ただ温めるだけでなく配合されている薬の効果もあるので、腰痛改善には効果的でしょう。

腰痛の患部を温める方法その3:貼るカイロ

貼るカイロなども使うことができるでしょう。衣服に貼りつけておけばいつでも腰を温めることができます。腰痛の患部を温める効果的な方法でしょう。

オカモト 貼るカイロ 快温くん レギュラー 30個入
オカモト (1998-12-15)
売り上げランキング: 1,091

まとめ:腰痛を冷やすか温めるかをしっかりと見極めましょう

この記事では、腰痛治療のためにどの時期に患部を冷やすのか、それとも温めるかという点についてご紹介させていただきました。参考にしていただけたでしょうか?

腰痛治療のために患部を冷やすもしくは温める場合、やみくもに行なってもその効果は得られません。しっかりとポイント抑えて冷やすもしくは温めるようにしましょう。是非この記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment