腰痛に伴う足の異変には要注意

足

体重とバランスを保つため、人体の要として日々休むことなく頑張っていてくれる腰ですが、この腰が痛むというのはとても辛いものですね。でも、そんな腰痛でもぎっくり腰のように放っておけないほどの激しい痛みの時もあれば、なんだかジワジワと重い痛みで今すぐどうこうじゃないんだけど、というような痛みまで様々です。

しかし、一つ注意しておかなければないのが腰痛に伴う足の異変です。では、一体どのような事なのでしょうか?ここでは、腰痛と併発している足の以上について紹介していきましょう。

スポンサーリンク

腰痛に伴う足の異常はなぜ起きる?

まずは腰痛に伴う足の異常は何が原因で起こるのかを探っていくことにしましょう。

腰痛の三大原因とは

腰痛の種類にも大きく分けて3つあります。一つ目は筋肉疲労やストレス、あるいは血液の循環が悪くなって起こる腰痛、二つ目は内臓疾患からくる関連痛。そして三つ目が脊椎や腰部分を形成する関節に何らかの重大な原因を抱えている場合の腰痛です。

どの腰痛が足に異常をきたすのか?

椅子

腰痛の三大原因の中で、脊椎や腰関節などを形成する組織に原因があって腰痛を発症する場合には、その神経系を圧迫した状態から足に異常が見られるようになります。もちろんほかの腰痛でも腰をかばうことで足に負担がかかり痛みが出る場合もないわけではありませんが、神経を圧迫することで足に異常が見られる場合の殆どは痺れを感じるような痛みです。

つまり、腰痛とともに足の痺れを感じるような場合はこういった原因を疑ったほうがいいでしょう。

足の痺れを放っておくとどうなるのか?

足に何らかの異常が出てきている場合、その原因となっている腰痛は一段と悪化している状態にあります。痺れ程度なら放っておいても治るかもなどと思って放っておくと、ますます悪化するばかりです。一早く診察を受け、一日も早く腰痛を解消するために適切な治療を開始しなければなりません。

足に異常が見られる腰痛の具体的な病名は?

このような足の異常を訴える腰痛の具体的な病名には次のものが考えられます。椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、腰部脊柱管狭窄症などです。これらはどれも放っておくと痛みが増すばかりか、容易に治療することができなくなっていってしまいます。特にヘルニアは椎間板が損傷していく病気ですから、少しでも早いうちに治療をしておけばそれだけ治療も軽いもので済ませられる可能性が高くなります。

腰痛と足の異常が見られた時の対処法

ここからは、先述のように、重大な要因が原因となって見られる足の異常と、そうでない場合の違いを一体どう見分け、どう対処すればよいのかを紹介していきましょう。

足をマッサージしてみる

特に足裏やふくらはぎのマッサージで足のしびれや痛みがすぐに解消してしまうようであれば、主に筋肉痛や血行不良などが原因で起きていると考えてよいでしょう。

足のマッサージをする際には決してつまんだり強く揉んだりせず、ゆっくり優しく揉み解すようにします。温めると血行が良くなり副交感神経が刺激されますので、筋肉痛や毛公布量が原因だとはっきりわかった場合には入浴時に浴槽で適度にマッサージすることをお勧めします。

寝て足を動かして確かめてみる

仰向けに寝た状態で片足を伸ばしたままゆっくりと持ち上げてみた時に、もし痛みが強うくなるようならば椎間板ヘルニアである可能性が出てきます。このような場合、軽い坐骨神経痛を頻発しやすい状態にあります。

現在は椎間板ヘルニアの治療方法も、症状の出方や重さに合わせて様々な段階治療が確立されてきています。初期に発見できた場合には軽度の治療で改善できてしまうケースもあります。そのためにも、ヘルニアなどの可能性が疑われる場合には、自分で何とかしようとせずにできるだけ早く診察してもらうのが一番です。

階段を上ってみる

階段を上ったときに、足に力が入りにくくつまずきそうになったり、お尻や太ももに痺れる痛みを感じたり、また普段でも残尿感や頻尿があるといった場合には脊柱管狭窄症の可能性が高いと言えます。この病状の主な特徴は少し前かがみの姿勢になると腰痛や足の痺れが楽になるというものです。放っておくと排泄障害が起きる場合もありますので、なるべく早く診察してもらうことが大切になってきます。

これらのことを試してみて楽なったとしても、確実な原因を特定して改善できたとはなかなか言い切ることができません。いずれのケースであれ、すぐには診察に行けなかったとしても、なるべく早く専門医に診てもらうようにしましょう。

KONAMI 腰椎保護ベルト パワフルギア ワイドタイプL
コナミスポーツ&ライフ
売り上げランキング: 2,399

まとめ:腰痛と足の異常は放っておかない

腰痛に伴う足のしびれや痛みなどの異常が出てきているときというのは、残念ながらあまり楽観視できないということがわかりました。しかし、放っておくのが良くないという事がわかったというのもまた大きな収穫の一つと受け止め、
①すぐに診察に行けないときは自分で対処してみる
②なるべく早く専門医に診察してもらう
この2点を心がけ、一日も早い腰痛と足の異常から解放されるようにしていきましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment