きれいなお風呂に入りたい!お風呂の浴槽掃除のコツとは?

掃除道具

お風呂の浴槽の汚れは、日々の掃除に加えて定期的な掃除によって綺麗に落とすことが期待できます。

日々の浴槽掃除では湯垢など浴槽に付着しない汚れを落とす上では効果的に掃除をすることができますが、もらいサビなどの強力に付着してしまった汚れを落とすことは難しくなります。そこで、強力に付着してしまった浴槽の汚れを落とすためには定期的なお風呂掃除も重要となります。

本稿では浴槽掃除についてまとめていますので、浴槽掃除にご興味がある方のご参照になれば幸いに存じます。

スポンサーリンク

お風呂の浴槽をきれいにしたい!

風呂

お風呂の浴槽(バスタブ)は、お風呂に入るたびに体を浸けて利用するものですので、きれいに掃除をして清潔に保ちたいものです。

浴槽はお風呂を使うたびにシミやサビなどが生じる可能性があります。ここでは浴槽をきれいに掃除するためのコツ・ポイントを日々のお掃除と定期的に行うお掃除とに分けてまとめていきたいと思います。

日々の浴槽掃除のポイント

綺麗な浴槽を維持するためには、何より日々の浴槽のお掃除が重要です。何でも継続することは重要なことですが、お風呂の浴槽掃除も日々の継続的なお掃除をすることが浴槽の清潔を維持するためには最も重要となります。

まず、浴槽の掃除の回数・頻度ですが、毎日行うことが最も望ましいですが、忙しい日々の中で毎日浴槽の掃除をすることはあまり現実的とは言えません。しかし、浴槽に入った時には1日以内に1度は掃除をすることが望ましいということができます。忙しい時はシャワーだけに止めて浴槽に浸からないのであれば、浴槽掃除は省略してしまっても構いません。

浴槽の汚れとしては、日常発生するものとして湯垢の可能性があります。湯垢は体の垢が浴槽についたものについて、循環式の浴槽の場合にお湯の循環の際に生じます。浴槽に浮かぶ小さなものがほとんどですが、日常の掃除の際に沸かし口にホースの水を強めに当てることなどで湯垢を流すことが可能となります。

また、排水口付近や浴槽タイルの周辺に白色の汚れが付着する場合があります。この白色の汚れは、水道水のカルシウムイオンや石鹸、皮脂の脂肪が付着してできたものです。このような汚れは、中性の浴槽洗剤を利用すれば比較的綺麗に汚れを落とすことができます。

定期的な浴槽掃除のポイント

次に、浴槽の汚れがひどくなってきた場合や年末などの定期的な浴槽掃除のポイントについてまとめていきます。

定期的に行う浴槽掃除の際には、浴槽のいわゆる「頑固な汚れ」を落とすことに注力することが重要と言えます。つまり、日々の掃除ではなかなか落ちない浴槽の汚れを落とすことに注力することが重要となります。

なかなか落ちない浴槽の「頑固な汚れ」としては、まず、もらいサビがあります。もらいサビは、貯水槽などから出てくる鉄分によって浴槽にサビがついてしまう状態です。もらいサビは赤く、細かい汚れです。しかし拡大してみるとわかるのですが、なかなか気になる嫌な汚れです。このもらいサビは洗剤などではいくらこすってもほとんど落ちることはありません。

もらいサビを落とすためには、シュウ酸を利用することが効果的です。具体的にはシュウ酸を入手して、ぬるま湯に混ぜた上で汚れの箇所(赤い斑点のような箇所)にかけて30分弱放置します。その後、水洗いをすることによってシュウ酸の汚れを落とすことができます。シュウ酸は、薬局で販売しており、購入にあたってははんこを持参することが必要です。

次に、浴槽の「ふち」(喫水線付近)が青くなってしまう場合があります。浴槽のふちの周り全体に青色の汚れが付着するような状態です。これは、給湯器の熱交換器の素材として銅が使用されている場合に発生する可能性がある汚れです。
このような浴槽の汚れは、アンモニア水を薄めたものに捨てることを前提とした布切れ(古着や使わないタオルなど)をひたし、その布で洗うことで落とすことができます。アンモニア水も薬局で購入することができます。

このように定期的に行う浴槽の掃除は、しっかりと準備をして半日程度の時間はかけるつもりで掃除をされることがおすすめできます。ただ、掃除方法や使う洗剤が特殊なものとなりますので、清掃を代行してくれる業者に掃除を依頼することもおすすめできます。浴槽だけでなく、お風呂全体の清掃を依頼して相場は1万円から2万円程度となります。

ユニットバスボンくん お風呂ラクラククリーナー N-AL
山崎産業
売り上げランキング: 56

まとめ:清潔な浴槽維持のためには日々の掃除と定期的な掃除を行うことがポイント

以上、本文で述べましたポイントをまとめると以下のようになります。

  • 浴槽の汚れのうち、日々の掃除で落とすことができる汚れとしては湯垢などがあります。いわゆる「頑固な汚れ」以外の汚れについては、日々の浴槽の掃除で落とすことができます。日々の浴槽の掃除は、浴槽に浸かった日は1日以内に行うことが清潔な浴槽維持のためにはおすすめです
  • 浴槽の汚れのうち、日々の掃除で落とすことが難しい、いわゆる「頑固な汚れ」については、もらいサビなど、それぞれの汚れに応じて特殊な洗剤を利用して掃除をすることが必要となります。この場合には掃除を代行してくれる業者に依頼することもおすすめできます

お風呂の浴槽の汚れは、素材の関係からどうしてもついてしまうものもあります。そのような汚れを落とすためには日々の掃除に加えて、半年に1度程度は「頑固な汚れ」を落とすための掃除を検討されることがおすすめできます。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment