浴室の掃除を完璧にするための5つのポイントとカビに関する知識

お風呂

浴室は湿気が高く、温度変化も激しい為、家の中で一番傷みやすい箇所です。毎日繰り返し、そこに住む家族が水や石鹸を大量に使うその場所は、皮肉なことにその家族の人数の分だけ汚れていってしまいます。

それを知ってか知らずか、毎日お風呂掃除をするという人は4人に1人と意外と多いですが、果たして掃除する箇所ややり方、タイミング等は合っているでしょうか。

入浴前に掃除するという人が多いですが、お風呂掃除が一番必要とされるのは入浴直後なのです。逆に言えば、次の入浴時まで掃除をしないと汚れは取り除きにくくなっていきます。

そこで本記事では、浴室掃除で特に気を付けた方が良い箇所やそのやり方、浴室に潜むカビの色々について、お教えしたいと思います。これを読んで、より清潔なお風呂に入り、気持ち良いバスタイムを過ごしましょう。

スポンサーリンク

知りたくないけど知っておきたい、カビの生態

風呂

そもそもカビとは、微生物の一種で、真菌と呼ばれています。カビが生えるには、温度が20~30度、湿度が70%以上で、皮脂やほこり等が存在していることが必要です。お気付きの通り、浴室はこれらの条件を満たした絶好の場所と言えるでしょう。

お風呂のそこかしこをよく見てみるとある、黒い点の数々。これ一つ一つが、カビの根なのです。紫やピンクの場合もあります。

カビを生えにくくするためには、カビの養分となってしまうその日の汚れを洗い流し、浴室内の温度と湿度を下げなければなりません。

そのために出来ることは実は簡単で、入浴後、まず熱いシャワーを壁から床まで全体に回しかけます。それから今度は冷たい水のシャワーを全体に回しかけ、後は最低2時間、換気扇を回しておくだけです。出来れば乾いた布で水滴を拭き取る余裕もあると完璧です。

こうすることで、熱いシャワーにより石鹸カスを落とし、カビ菌も死滅させ、冷たいシャワーによって浴室内の温度を下げ、最後に湿度を低下させるという一連の作業が整うのです。これだけなら、誰でも簡単に出来ますので、家族一人一人が毎日続けるのに最適な方法ではないでしょうか。

ですが、たまにうっかり忘れてしまったり、とても疲れていて一刻も早くお風呂を出て寝たいという日もあると思います。そんな日が続くとここぞとばかりカビは生えてきてしまうのですが、生えたばかりのカビであれば普通のお風呂用洗剤で軽くこすれば落ちるので、焦る必要はありません。どうしても落ちない場合には、カビ取り剤を使用しましょう。次の項目で、具体的な浴室掃除の仕方をご説明していきます。

汚れの種類や場所別のお掃除方法

まずは完璧な浴室掃除に必要な洗剤や道具を用意します。

  • 大きくて柔らかいスポンジ(ウレタンフォーム製がおすすめ)
  • 柄の付いたスポンジ(天井用)
  • 柔らかい布(雑巾や使い古したタオルやTシャツ、何でも可。吸水性の高い洗車用のタオルが一番おすすめ)
  • 使い古しの歯ブラシ
  • ゴム手袋
  • 浴室用中性洗剤
  • 浴室用クリームクレンザー
  • カビ取り剤
  • 風呂釜洗浄剤
  • ダイアモンドパッド(鏡の水垢取り専用のスポンジ)
  • 水切りワイパー(スクイジー)

では早速お掃除に取り掛かりましょう。まず天井を柄の付いたスポンジでこすって掃除していきます。

くもってしまって見えにくくなってしまった鏡は、専用のスポンジに、浴室用クリームクレンザーをつけて磨くと見違えるようにキレイになります。

次は汚れの種類別に掃除していきましょう。

1.もらいさび

濡れたところにヘアピンやかみそりなどの鉄製品を放置しておくと、鉄製品から出たさびが付着してしまうことがあります。

また、水道水にも微量に鉄粉が含まれていますし、古い住宅地では水道管が鉄製の場合があって、樹脂製の浴槽のようにさびない材質のものでもさびが発生することがあります。水栓金具などのめっき製品にも目に見えないごく微細な小穴があるので、さびが発生しやすいです。

これには、浴室用クリームクレンザーを布につけて、優しくこすり落とします。強くこすると表面に傷がつき、そこから汚れやカビが入り込んでしまうので、注意してください。浴室用クリームクレンザーの代わりに歯磨き粉での代用も可能です。細かい部分には布ではなく歯ブラシを使った方が落としやすいです。

2.水垢・湯垢

水垢は水道水に含まれるケイ酸がたまって浴槽に付着します。湯垢は皮脂・石鹸カス・ほこり等が結びつくことによって浴槽に付着します。表面が白っぽく、ざらついた汚れがこれにあたります。

浴室用中性洗剤をスポンジにつけて付着部分をこすり、洗剤が残らないよう丁寧に洗い流します。これで落ちない場合には、先程の浴室用クリームクレンザーが再び登場です。強くこすらず、汚れ部分を4~5回磨いては水をかけるというのを繰り返して、少しずつ落としていくと良いでしょう。台所用油汚れ洗剤を使用するというのも効果的です。

3.ヌメリ

主に排水溝周辺に出来るヌルヌルとした汚れです。

水が溜まっている排水溝に細菌が住みつき、汚れを栄養にして増えるときに、ヌメリや臭いを発生させます。また、ピンク色の場合もあり、こちらは皮脂等を養分にして酵母が増えて出来た汚れで、放っておくと色素が沈着して取れなくなってしまいます。

浴室用中性洗剤を汚れに直接かけ、2~3分おいてからスポンジでこすり、洗剤を洗い流します。浴室用中性洗剤で落ちなかった汚れには、カビ取り剤を使って再度チャレンジしてみて下さい。

4.銅石鹸

浴槽の水面付近や追い焚き口の周りが青く筋状になる汚れです。

外部の給水給湯配管や給湯器内部に使用される銅配管からの銅イオンと、身体や石鹸の脂肪分が反応して出来るものです。空気中の酸素、炭酸ガスと反応して、水に溶けない汚れとなります。

浴室用中性洗剤をスポンジにつけて銅石鹸の付着部分をこすり、除去後、洗剤が残らないように丁寧に水で洗い流します。除去できない場合には浴室用クリームクレンザーか、アンモニア水を食酢で10パーセント程度に薄めて中和させたものが効果的です。アンモニア水は薬局等で手に入ります。また、台所用油汚れ洗剤でも代用可能です。

追い炊き口の周りの掃除が終わったら、中のフィルターを取り外すなどして洗い、さらにそのあと風呂釜洗浄剤を使って中までキレイにします。

5.カビ

カビ取りは、カビ以外の汚れを落とし、スクイジーで水滴を取って、なるべく浴室が乾いている状態のときに行うのがポイントです。

カビ取り剤は非常に強い成分を含んでいますので、ゴム手袋に加え、マスクや保護メガネを着用するとより安全です。

浴室のドアを閉めて、窓を開けるか、換気扇を回してから、カビが生えている所にカビ取り剤をスプレーしていき、30分程おいてから水で洗い流します。あまり長時間放置しすぎると変色したり、変質や劣化、さびなどを引き起こすことがありますので注意して下さい。

カビ取り後は防カビ燻煙剤を使用すると天井や換気扇の裏側に潜むカビの原因菌にまで殺菌成分が届くので、よりお掃除の完璧度が増します。

ルック おふろの防カビくん煙剤 5g 【HTRC4.1】
ライオン (2012-10-02)
売り上げランキング: 1,008

まとめ:浴室は一度キレイにすると習慣づく

ここまでで徹底的な浴室掃除の極意をお伝えしたつもりですが、余裕があれば、換気扇のフィルターまで、浴室用中性洗剤を少し薄めたものをつけてキレイにできると、もう言う事なしです。

逆にそこまでしなくても・・・と思った方は、一度、プロの方にお願いしてでも、徹底的にキレイにされた浴室を実感してみて下さい。するときっと、そのキレイさによって生み出される心地良さが病み付きになってしまうと思います。

多少面倒でも、掃除をやり終えた後の達成感は計り知れません。掃除は心の掃除でもあると誰かが言っていました。毎日お世話になるその場所に、感謝の気持ちを持って、一度真剣に向き合ってみませんか。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment