夜泣き?それとも夜驚症?赤ちゃんがストンと眠るコツとは

広告ロゴ
なく

赤ちゃんは泣くのが仕事、と言われるように、自分の欲求を泣く事で伝えています。お腹がすいた、お昼寝したい、気持ちが悪い、、。言葉が伝えられないのですから、親は赤ちゃんの仕草や表情から気持ちを組みとります。

赤ちゃんはだいたい生後4ヶ月から夜ぐっすり眠るようになり、1歳を過ぎると夜中に起きるのは1回程度になります。夜中に3回以上起きたり、激しく泣きわめいて10分足らずでまた眠るような場合は夜泣きではなく夜驚症かもしれません。いずれにしても、成長するに従って症状はでなくなりますから、あまり気にする必要はないでしょう。今回は夜驚症かもしれない赤ちゃんでもストンと眠れるコツをご紹介しましょう。

スポンサーリンク

夜泣き?それとも夜驚症?

なく

夜泣きとは、原因が思い当たらないのに赤ちゃんが長い時間泣く状態を言います。子どもをもっている親なら誰でも経験がありますよね。夜泣きは、赤ちゃんが夜間に泣き出すことではなく、たえず泣いている様子のことで、夜泣きの大変な点は、何をやっても泣き続けることです。個人差はありますが赤ちゃんの泣き方は、長い時間ぐずぐずと泣いたり、また大泣きしたりと、毎日寝る暇もなく手こずります。

眠りにつくまでは上機嫌で何事もなかったようにしているのに、一回泣き出すとまた眠るまでずいぶん手間がかかってしまいます。早い場合には夜泣きは生後2ヶ月位から始まると言われています。

夜驚症とは、夜寝て2~3時間以内に突然泣き叫んで起きる状態の事をいいます。手足をばたばた動かして呼吸も荒く、汗をかく場合もあります。しかし、大体10分程度でまた眠りはじめます。

赤ちゃんが泣く原因

お腹がいっぱいなのに、泣く、外で遊ばせたのに泣く、と原因が分からず泣く場合は夜驚症の可能性もあります。赤ちゃんは3歳あたりから夢を見ると言われていますが、まだまだ脳が未発達なため、少しの刺激でも思わぬストレスに感じたりします。規則正しい生活と安眠出来る環境を整えてあげる事が大切です。それ以外に気がつきにくい赤ちゃんが泣く原因としていくつかあげておきましょう。

衣類が不快

連日ではないないけど、定期的に夜泣きする日があるのなら、赤ちゃんの着用している服を確認してみましょう。夜泣きする日に決まって着用している服はありませんか?もしこれに該当するなら、その衣類が不快で泣いている可能性があります。他の衣類と見比べて不快の元を探しましょう。肌触り、タグ、折り目、寒い・暑いなど理由はいろいろ考えられます。赤ちゃんは熱さ寒さに敏感です。衣類は肌触りが良く吸水性に優れたコットンがおすすめです。

昼寝が長過ぎる

午後のお昼寝は何時間くらい寝かせていますか?夜何時に寝かせているのかにもよるのですが、午後4時(16時)を過ぎている人は要注意です。夜ぐっすり眠らせる為には、夜の睡眠とお昼寝の間隔は4時間ないし5時間以上あけたほうがよいでしょう。もちろん個人差があるので一概には言えないですが、夜寝付いてくれない、夜泣きをするという場合はお昼寝との間隔が十分にあるか、確認して下さい。昼寝と夜の睡眠の間隔をなるべく長く取るようにしましょう。

テレビやスマホを見せる

テレビやスマホを見ると脳が覚醒することが知られています。大人で大体エスプレッソ2杯分の覚醒効果があるそうです。また番組内容によっては気分を高揚させたり興奮させたりします。子供ってテレビを見て、動き出したり、大きな声を出したり、すごく怖がったりしますよね。このような気分な高ぶりは睡眠を阻害し、夜驚症の原因になります。

赤ちゃんをストンと眠らせるには

赤ちゃんは最初は夜と昼の区別がつきません。朝は朝日をしっかり浴びさせて起こし、夜は決まった時間に部屋をなるべく暗くして寝させる習慣をつけましょう。赤ちゃんをストンとねむらせる方法をいくつかご紹介しましょう。

ママの服をかける

一番赤ちゃんがリラックスできるのは、ママの腕の中です。赤ちゃんが寝る布団の上にママの洋服を1枚かける事で、ママがそばにいると思って安心して眠りにつく事ができます。柔らかい素材のTシャツで赤ちゃんを包んであげてもいいでしょう。いつもママのぬくもりを感じさせてあげましょう。

音楽を利用する

朝目覚める時の曲、夜寝る前にかける曲を決めて毎日決まった時間にかけてあげると、赤ちゃんは曲を覚えて寝起きするようになるという報告もあります。クラッシックや自然のせせらぎ等、赤ちゃんに良い曲を集めたCDも販売されています。赤ちゃんは生まれる前から外界の音を聞いて成長しています。換気扇の風の音や、買い物袋のガサガサいう音を聞くと寝付きが良くなるという場合もあります。赤ちゃんが好きそうな音をいろいろと試してみても良いでしょう。

両手を握る

赤ちゃんが寝付くまで、添い寝をしてあげる事はとても重要ですが、赤ちゃんの小さな手をギュッと握ってあげると赤ちゃんは安心して眠れるようです。月齢の低い赤ちゃんほど、寝入りばなにビクッと身体が痙攣したショックで起きてしまいがちです。よく眠ったと思っても、10分位はそのまま握っていてあげましょう。

マッサージする

アロマの香りを利用しても良いでしょう。安眠効果のあるマッサージオイル等で手足をマッサージしてあげると寝付きがよくなります。ごく少量でかまいません。手足以外に赤ちゃんの鼻筋をゆっくりマッサージしてあげると、寝付きが良くなるとの報告もあります。

赤ちゃんがすやすやネンネする魔法の習慣 (PHP文庫)
A・カスト・ツァーン H・モルゲンロート
PHP研究所
売り上げランキング: 2,545

まとめ

いかがですか。赤ちゃんは泣く事で自分の気持ちを伝えています。その泣き方で夜泣きか夜驚症かを判断できます。赤ちゃんが大きくなるに連れて泣く回数も夜驚症の症状も減って行きますから、あせらずに見守って上げて下さい。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。