種類豊富な薬草入浴剤、入浴剤としての植物の効能

花

世界で一番お風呂が好きな人種は日本人といわれています、温泉をはじめ普段の入浴においても古くから様々なお風呂の入り方が考案され伝わってきました。

近年では製品としての薬草入浴剤の種類も豊富になり色々と選ぶのも楽しいところ、原料や成分によっても効能がそれぞれに違うので用途に合わせて上手に選べるようになりたいものです。

薬草入浴剤選びの参考になる入浴剤としての薬草たちの効能をご紹介します。

スポンサーリンク

入浴の効果

草

入浴には温熱効果により血行を良くし疲れをとる効果があります、また筋肉を緩める事によって肩こりを解消します。

加えて補温作用により冷え性等を予防するのにも入浴は効果があります。

薬草を使った薬湯は、これらの効果を更に高める為に昔から用いられてきた知恵であり、近年では市販の薬草入浴剤の種類も豊富になったおかげで効能のバリエーションも広がってきています。

季節や用途によって薬草入浴剤を使い分け、自分に合った入浴法を見つけましょう。

薬草入浴剤に用いられる様々な薬草

数ある薬草の中でも昔から薬湯に好んで用いられてきた薬草を一部ご紹介します。

アロエ

薬草入浴剤の原料としてもお馴染みのアロエですが、火傷などの外用としても多く利用されています。

皮膚老廃物の排出を促し肌荒れを整える効果があります、また美容効果の他にも体を芯から温める事によって新陳代謝を促し健康効果も期待できます。

色や香りがあまり強くないのが特徴です。

大根

大根の葉も薬草入浴としては様々な効能があります。入浴剤としてだけでなく、干した大根の葉は保存食としても利用されてきました。

効能効果として血行や新陳代謝の促進や冷え性の予防と改善、かぜの予防や神経痛、リウマチ、腰痛の改善などにも効果があります。

ゆず

薬湯として有名なゆずは薬草入浴剤としても多く市販されています。果実は食用に向かないゆずですが、入浴剤としては優秀です。

しもやけやひび、あかぎれや腰痛、神経痛など冬にぴったりの効能が沢山あります。

トウキ

セリ科の植物であるトウキも薬草入浴剤に多く用いられます。根の部分が婦人病一般に用いられるのと同様に薬草入浴剤としても生理不順や冷え性、しもやけに効くなど女性に嬉しい効能があります。

ヨモギ

ヨモギも古くから薬草入浴剤として用いられてきました。草餅の原料である若葉は腹痛やや健胃に用いられます。入浴剤にする事によって腰や膝の痛みを和らげると共に肌荒れを改善する効果もあります。

ショウブ

山地の湿地帯に自生する多年草のショウブはサトイモ科の植物です。乾燥した根や茎は古くから鎮痛・鎮静・健胃に用いられてきました。薬草入浴剤にする事によって腹痛や冷え性に効果があります。

葉の形が剣に似ていることから邪気を払うという意味で、端午の節句に葉を軒先にさしてショウブ湯に入る風習があります。

ウド

山地に自生するウドは草丈が2mにもなる多年草です。野生種も野菜として利用される他に室で軟化栽培したものも売られています。漢方で根や茎を解熱、鎮痛に用いる他薬草入浴剤として腰痛や痔疾、神経痛や関節痛、リウマチなどに効果があります。

ビワ

江戸時代にはビワの葉を主とした枇杷葉湯が夏の清涼飲料でした、夏の植物であるビワの葉は薬草入浴剤にすると汗疹や湿疹、皮膚炎に効果があります。

フジバカマ

観賞用として用いられる事も多いフジバカマはキク科の多年草です。生乾きの葉は芳香があり、利尿や黄疸などに用いられます。

薬草入浴剤としては肩こりや冷え性に効果があります。

イチジク

西アジア原産のイチジクは昔から果実は痔に良いとされ、乳液をつけるとイボが取れると言われています。果実には便通を整える作用があります。

薬草入浴剤にする事で神経痛や痔、美肌などの効果があります。

オナモミ

ユーラシア大陸が原産のキク科の植物です。中国では食用油としても用いられ、解熱、頭痛、などに効果があります。

薬草入浴剤にする事で汗疹や皮膚炎に効果があります。

カミツレ

カモミールの名前で広く知られるカミツレはハーブティーとしても様々な効能があり、ヨーロッパでは風邪の時の薬用として用いられます。

薬草入浴剤にする事によって神経痛やリウマチ、腰痛に効果があります。

ゲンノショウコ

ゲンノショウコは下痢止めの妙薬として代表的な民間薬です。『現に効く証拠がある』というのが名前の由来で古くから親しまれてきた薬草です。

薬草入浴剤にする事によって、しぶり腹や冷え症などに効果があります。

生薬浴用剤 薬草湯 10包
生薬浴用剤 薬草湯 10包
posted with amazlet at 14.02.06
ライオンケミカル
売り上げランキング: 1,170

種類豊富な薬草入浴剤のまとめ

  • 世界で一番お風呂が好きな民族と言われる日本人だけに、古くから薬湯として用いられてきた薬草も種類が豊富。
  • それぞれに違った効能や香りがあるので自分の症状や好みに合わせて薬草入浴剤を選ぶのが良い。
  • 薬草入浴剤に用いられる植物の中には食用や漢方としても広く親しまれている物が多い。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment