羽毛枕を自宅で簡単に洗濯する場合の注意点とお手入れ方法

広告ロゴ
まくら

羽毛枕って洗濯できないと思っていませんか?あの柔らかく包み込む感触が洗濯する事でぺったりしてしまうのでは、、。という不安をお持ちの方も多いはず。しかし、羽毛布団に使われる羽毛はアヒルやグース等の水鳥の羽です。水中を泳ぐ環境にいる鳥の羽が水に弱いはずはありません。汚れが気になる場合は自宅で簡単に洗う事が出来ます。今回は羽毛枕の洗濯方法と、お手入れの注意点をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

羽毛枕を自宅で簡単に洗濯する方法

洗う

ステップ1. 枕カバーなどを外す
ステップ2. 熱いお湯を入れる。ぬるま湯や水はNG。お湯の熱にダニを殺す効果がある。
ステップ3. 中性洗剤を加える。
ステップ4. 枕を入れる
ステップ5. 洗う
ステップ6. 何度かすすぐ
ステップ7. タオルで水気を取る。羽毛の枕の場合は絞ったりしないこと。
ステップ8. 枕を乾かす。乾燥機で乾かすもよし、外につるして乾かすもよし。手で上手に膨らませるとフワフワ感が復活する。

まず、羽根枕の表面の汚れの酷い部分を石鹸などでこすり洗いします。その後ざっと石鹸を落とし、中性洗剤か洗濯用洗剤を入れたぬるま湯で10分間程優しく押し洗いします。あまり強く押してしまうと羽根が折れてしまったりしますので、気を付けるようにして下さい。また、血液染みがある場合は必ず水を使って下さい。

綺麗な水で3~4回のすすぎが終わったら、最後に洗濯機で短時間の脱水をします。脱水が終わったら日当たりのいい場所で吊り干しします。1~2時間経ってもまだ下の方に水が溜まる場合には、羽根枕をタオルで挟んで水気を取ります。1~2時間ごとに裏返して均等に日光を当てます。

羽根枕は完全に乾燥するまでに2日程度かかるので、晴れの日が続く時に洗濯するようにして下さい。

羽毛枕を洗濯する時の注意点

縫製の質を確認しましょう

縫製の質はピロー選ぶ際にとても重要です。中から羽毛が出てこないように 布の強さや生地がほころんでいないかどうかしっかり確認して下さい。良い羽毛布団や羽毛枕の縁にはおよそ2.5cmあたり12針という細かいステッチが複列に縫製され、耐久性に優れています。パイプ構造がないものや複列に縫製されていないものはダウンが簡単に飛び出す可能性があるため購入をよく考えて下さい。

フィルパワーを確認

フィルパワーとは、ダウンの質を示す単位のひとつです。一定の温度、湿度の条件下で、28グラムのダウンが何立法インチに膨らむかを測定し、数値で表したものです。数値が600以上が上質と言われ、700から800フィルパワーのものが最良といえます。数値が高いほど空気包含力があるため、空気の断熱効果により、保温性を保つことが出来るのです。

この数値が低いと洗濯してももとのふんわり感が戻りにくい場合があります。数値が分からない場合は、雪山などアウトドアのシーンで着用するダウンは、フィルパワー600から700です。感触を比較して羽毛枕を選ぶ際参考になさってください。

頻繁に洗濯しない

羽毛枕を頻繁に洗濯するとダウン特有のふわっと復元する性質が失われていきます。また、天然素材ですから、完璧に乾かさないで使用すると、カビやダニの原因になります。羽毛枕の洗濯は汚れが目に見えている場合を除き年1~2回で良いでしょう。
その分まめにピローケースを洗濯して下さい。定期的に乾燥した日に外で羽毛枕を陰干しすると気になる臭いも軽減されます。

羽毛枕の寿命

羽毛枕の使用寿命は、毎晩の湿気吸収発散量によって変わってきます。羽毛枕は朝起きたら枕を軽くはたいて外気にさらし、就寝中に吸収した湿気を蒸発させる為に乾燥した場所に干して下さい。このようなメンテナンスで寿命は少なくとも10〜15年使用できます。羽毛枕を2つ使用して、毎晩交互に使うのが1番羽毛枕の痛みも少なく寿命を伸ばすおすすめの方法です。

羽毛枕のメリット

吸水性が良い

人は、「深い眠り」に入るまでに、真夏でも真冬でも、どんなに暑くても寒くても約コップ1杯分(180cc)の「汗」をかきます。それは、体温を下げないと「深い眠り」に入ることができないためです。「汗」をかくことによって体温を下げているのです。羽毛枕は空気を取り込む力が強く吸水性に優れています。 肩こりなどの疾患や、汗疹、湿疹など皮膚炎の大敵なのが「蒸れ」ること。例えば、化学繊維の枕は、感触や肌触りがとても気持ちよいのが特徴ですが、長時間使用すると蒸れてしまいます。それは、吸湿・発散性に乏しいため。肩こりの方や肌の弱い方は、注意が必要です。

まとめ

いかがですか。羽毛枕って意外に洗濯も自宅でできるし、寿命も長い事がわかりましたね。やはり枕は吸水性が大切です。天然素材の羽毛枕は人工の枕に比べて柔らかさ、吸水性にとても優れています。もし枕選びに悩まれているのなら、ぜひこの記事を参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。