無印の羽毛布団のラインナップ

広告ロゴ
寝る赤

無印良品と言えばシンプルながらも確かな品質にこだわった商品展開で得知られるショップチェーンとして全国展開をしていることで多くの人が知っています。この無印で提供している商品にも羽毛布団がありますが、低価格とともに品質にこだわった商品にはどのような特徴があるのでしょうか?

今回は無印で提供している羽毛布団の商品の特徴について詳しく見ていくことにしましょう。

スポンサーリンク

無印の羽毛布団のラインナップ

無印では大きく分けて3つのラインナップがあります。その区分けの基準は価格帯にあります。3つの価格帯によって商品の特徴がそれぞれ違っていますので、まずはその特徴をラインナップごとにみていきましょう。

15,000円前後のもの

ベッド

ふっくら軽い羽毛掛け布団二層式として販売されているものがこのラインナップに当たります。この商品の特徴はそのネーミングにもある通り羽毛布団としては比較的珍しい二層式の構造になっている事です。

羽毛布団の特徴として羽毛が中で偏らないためにキルティングを施していることがあげられますが、この商品ではさらにキルト内で上下に層を分割することで偏りを防ぐほか温まった熱を逃がさないようにするために上部と下部のキルトをずらして縫製することでより保温効果を高めています。

また、キルトを完全にふさぐのではなくあえて二層構造にすることでキルト間を羽毛がある程度移動できる状態にすることでまんべんなく空気を含んで布団の隅や肩口から冷たい空気が侵入することを防ぐ構造になっています。

側生地の素材には綿60%・ポリエステル40%を使用したダウンプルーフ加工で羽毛が逃げないようにした工夫を施しています。また中の羽毛にはダウン90%・フェザー10%の詰物を1㎏使用しており、これらの羽毛は全て防菌加工を施しています。また品質にこだわる無印ならではの防菌に使用している薬品名の表示もあり、有機系の第4アンモニウム塩で防菌していることがわかります。

布団のかさ高は15㎝で洗濯はドライクリーニングが望ましいとしクリーニング店での手入れを推奨しています。

40,000円以下のもの

たっぷり羽毛ふっくら軽い掛けふとんとして販売されているのがこのラインナップに当たります。この商品にも二層式の構造を施しており、側生地やダウンプルーフ・防菌などの使用は15,000円前後のものと同じになっています。

大きく違う点としてはかさ高が16㎝であることと使用している羽毛にはダウン93%・フェザー7%を1.2㎏使用している事です。よりたくさんの羽毛をダウンの比率を上げて使用することで、さらに保温性と包容感を高めていることが先ほどの商品よりも優れている点だという事が言えます。

15,000円前後のものは夏用のうす崖としても最適ですが、こちらのラインナップは単体で使えば春や秋の涼しい季節に最適ですし、合わせ使いすることで寒い冬にもしっかりと温まって睡眠をとることが可能です。

100,000円以下のもの

無印の羽毛布団で最も品質の高いラインナップに代表される商品はポーランド産たっぷり羽毛ふんわりつつみこむ掛けふとんです。

この商品もほかのラインナップと同じく側生地の素材や防菌・加工などは同じ仕様になっています。このラインナップで使用されている羽毛は羽毛の中では最高品質に分類されるポーランド産の高級羽毛をダウン95%・フェザー5%の割合で1.7㎏も惜しげなく使用しており、かさ高は18㎝もありとても重厚感あふれる商品です。

寒い冬場でもこれ1枚あれば十分に暖かさが得られる商品となっていますが、この商品で使用されているポーランド産の羽毛は老舗の布団メーカでも最高のものでなければ使用しないほどの世界的に認められた良質の羽毛ですから、この羽毛をふんだんに使用してこの価格帯で提供しているところに無印の商品への強いこだわりを垣間見ることができます。

無印の羽毛布団の使用レビューとは

低価格で高品質を提供している無印ならではの商品は人気ランキングでも常に上位に位置していますが、その評価は15,000円クラスの物に集中しています。やはり品質にこだわりつつも低価格を実現しているところが最大の人気の理由と言えるでしょう。

ミドルクラスの商品ラインナップでの評価はさらにフカフカ感が堪らないという評価が多くありました。使用したときの軽い着心地を知ってしまったら下のグレードのものは物足りなく感じてしまうという意見もあり、このラインナップの人気もかなり高いことがわかります。

そして、ポーランド産の羽毛を使用している商品のレビューにはそれ以外のラインナップでは味わえない保温力と弾力性を高く評価する意見が多くありました。手で触った感触ではミドルクラスの商品ラインナップとさほど差を感じないものの、一晩使用してその差を実感したという意見があることからもやはり羽毛の品質がほかの物とは一味違うという事なのでしょう。

無印良品最強バイブル (100%ムックシリーズ)
晋遊舎 (2013-02-22)
売り上げランキング: 15,861

まとめ:無印の羽毛布団はコンセプトに合った商品ラインナップ

品質と低価格をコンセプトに商品展開をしている無印ならではの羽毛布団は、それぞれの価格帯に適した高い品質を誇るという事が今回の調べで分かる形となりました。

リーズナブルかつ高品質の羽毛布団が欲しいと考えるのは誰でも同じことですが、無印の商品はそのようなユーザーの意向をしっかりと受けとめて開発されている商品であるという事が言えます。

快適な睡眠を確保するために無印良品の羽毛布団が人気ランキングで常に上位に入っていることも当然の結果だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。