つらい中途覚醒の症状に効き目がある睡眠薬のタイプとは?

夜明け

中途覚醒に対しては、医師の処方による睡眠薬の処方を受けることが効果的と言えます。中途覚醒に対しては比較的強い作用をもたらす睡眠薬が処方されるので、副作用なども考えて睡眠薬を選ぶことが重要です。本稿では中途覚醒に対して効果がある睡眠薬や服用の注意点などをまとめています。

スポンサーリンク

中途覚醒の特徴

三日月

中途覚醒は睡眠中に何度も目が覚めてしまうというタイプの睡眠障害です。睡眠障害は、眠りにつくことができない入眠障害、睡眠時間の長さが過剰なために社会生活上の問題を引き起こしてしまう過眠症などさまざまな種類がありますが、中途覚醒もこれらと並んで睡眠障害の一つの類型にあたります。中途覚醒は入眠時帯は問題がないため。周囲に感じ取られることがなく一人で悩んでしまわれるというケースもあります。

このような特徴を持つ中途覚醒に対しては、どのような睡眠薬が効果的なのでしょうか。

中途覚醒に効果がある睡眠薬のタイプ

中途覚醒に対しては以下のようなタイプの睡眠薬が効果的です。

フルニトラゼパム

中途覚醒に対してよく処方されるタイプの睡眠薬ですが、非常に効果が高いタイプの睡眠薬となります。タイプとして、夜半・朝方に目が覚めてしまわれる方に処方される傾向が強い睡眠薬です。

フルニトラゼパムは抗不安作用も強く、うつ症状にも良い影響を与えます。その反面として、翌朝も眠気が継続してしまうなど中途覚醒の治療としてかえって悪影響を及ぼしてしまう可能性もありえます。

また、筋弛緩作用があるので、ふらつきなどの副作用が生じることもあるので服用して違和感等がある場合には医師への相談が必要です。

エスタゾラム

エスタゾラムも中途覚醒に効果がある睡眠薬です。エスタゾラムは気分をリラックスさせる鎮静作用があることが特徴です。もちろん、睡眠薬ですので睡眠を促す作用があります。

筋弛緩作用という副作用があったり、ふらつきややめまいといった副作用が生じる可能性がありえます。

中途覚醒に対しては、この2つのタイプの睡眠薬の処方が効果的ですがいずれも効果が強いために、副作用への警戒は欠かすことができません。信頼することができる医師との相談のもと、適正に服用されることが必要不可欠と言えます。

バルビツール酸系睡眠薬

中途覚醒に対して非常に高い作用をもたらす睡眠薬がバルビツール酸系睡眠薬です。バルビツール系睡眠薬は、脳全体を休ませるので、中途覚醒の一時的な解消には非常に高い効能をもたらします。

しかし、その一方で、バルビツール酸系睡眠薬は依存性があったり、健康を害してしまうおそれがあるなど利用に十分な配慮が必要となる睡眠薬です。(ドラマなどで睡眠薬を多量に摂取して自殺を図るなどのシーンがありますが、これはバルビツール酸系睡眠薬が主流であった時代のものです)

バルビツール酸系睡眠薬は基本的には医師は処方せず、仮に処方する場合には医師に重い配慮義務が生じ得ると言えます。バルビツール酸系睡眠薬は可能な限り処方を求めたり、処方を受けないことがおすすめできます。

中途覚醒の睡眠薬の飲み方について

中途覚醒に対しては、このように様々なタイプの睡眠薬が医師の判断によって選ばれ、処方されることとなります。

医師の処方によって睡眠薬を飲む場合には、用量・用法をしっかり守って服用することはもちろん、服用や状況についてこまめに医師に報告して改善に向かっているかどうかをチェックすることが大切です。

また、一方で、中途覚醒のために、ご自身で睡眠薬を購入される場合(薬局などを通して購入される場合)には、その効果と副作用についてご自身でしっかりと管理することが必要となります。

例えば、中途覚醒の症状が好転しないからといっても、ご自身の判断で購入された睡眠薬を多量に摂取されるようなことは健康を害してしまうおそれがあります。

中途覚醒はたいへんつらい症状です。そして症状改善のためには睡眠薬の服用が中心となりますが、ご自身で購入された睡眠薬では改善効果をあまり感じられない場合などには、専門医へ相談し、これまで服用していた睡眠薬を伝えることなどが重要と言えます。

さらに中途覚醒が他の疾患(例えばうつ病)等の症状の一環であることもありえます。急に中途覚醒が生じたような場合には、やはり専門医の治療を受けることが大切ということができるでしょう。

自律神経にやさしい音楽
メンタル・フィジック
デラ (2007-07-25)
売り上げランキング: 286

まとめ:中途覚醒に対する睡眠薬の種類

以上、本文で述べました中途覚醒に対する睡眠薬についてのポイントをまとめますと以下のようになります。

  • 中途覚醒の症状に対しては、フルニトラゼパムやエスタゾラムといった睡眠薬が処方されることが多いと言えます。これらは睡眠効果が高い反面、副作用をもたらすこともありますので、利用の際には、服用後の状態などについて医師にしっかり報告をすることが大切です
  • 中途覚醒に対して、バルビツール酸系睡眠薬は非常に高い効果をもたらしますが、同時に健康を害してしまう可能性が高い睡眠薬です。基本的にバルビツール酸系睡眠薬は服用しないようにするべきと言えます
  • 中途覚醒に対してご自身で睡眠薬を購入して利用される際には、注意して服用するようにしましょう

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment